読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

人が苦しむのは、自然の法則を知らないから・・・なのかもしれない。

私は、日本神道の教義である
自然=神という教えの中で修行させて頂いた事で
生きる上でとても大切なモノを
学ばせて頂いたような気がしています。

目前にある現実は全て神々がしている事として
なにが起ころうと、自己を成長させる為のものとするので
自らを振り返り省みる事しかできませんでした。

現実を変えるのではなく
自分自身を変えるという教えは
私自身を成長させてくれたわけです。


どんな出来事も否定する事はゆるされず
どんな出来事も認め、受入れることしかできないので
修行を始めた頃は、いつも葛藤していましたね~w

ただ、人間都合で物事を判断しなくなったおかげで
怒りや憎しみや恐怖の感情が薄れていったように思います。

怒りを覚える相手が目の前にいれば
その相手を神が憑依しているとし
また、その相手の幸せを願えない自分を戒めました。
面倒くさいと思う感情が込み上げれば
他人に尽くす心が欠如していると自分を戒め
つい油断して感謝できなくなる自分を戒める為に
日々修行を重ねるわけです。

お陰様で、神道を学ぶ以前と以降では
全く違う世界で過ごせるようになったように思います。


ありがたい事です。


我々は、人間に都合の良い社会を創り上げ
その中で、それぞれ自分に都合の良い解釈をしています。
誰しも自分に都合の悪い解釈などしたくないものですが
そこを直視しなければ、苦悩の渦に飲み込まれるのが
この世の仕組み・・

私たちは幼いころから、人間ルールの教育を受け続け
人間都合の善悪を叩き込まれて過ごしているわけですが
実際に、この世の中で起きる全ての現象は
自然の法則に基づいて起きており
我々人間都合でのルールではないのです。

何度も同じような嫌な出来事が繰り返されるのも
その為で、我々人間都合での解釈をやめて
出来事に含まれる大自然からのメッセージを受け取らない限り
何度も繰り返されるはずです。

与えなければ手に入らない
奪えば奪われる
自分をごまかして過ごせば他人に騙される
自分が変われば現実が変わる
感謝できなければ、幸せになれない
怒りや憎しみの感情は自らを蝕んでゆく
自分と他人は繋がっている
ゆるす事を学ぶためにゆるせない出来事が起きる
徳がなければ嫌な出来事ばかりの人生となる

・・・・
・・
書き出したらきりがないほどの
我々が逃れられない大自然の法則があるわけです。


今の時代、怒りや憎しみに囚われ、苦しむ人が
増えてきたように感じています。
これらも、他を理解する努力を怠り
ゆるす心を失いつつあるが故に起きている
自然現象のように感じます。


ISのテロ事件が増えていますが
この出来事は大自然からすれば
農作物を荒らす野生動物の駆除行為と
何も変わらないわけです。

ISの立場では、自分たちを迫害する国は悪であり
農家の立場では、自分たちの生活を脅かす野生動物は悪であり
どちらも駆除対象と言う事になります。
人間都合で言えば、野生動物の殺害は善であり
同属の人間殺害は悪としているだけに過ぎない。


こんな事を書けば
テロの犠牲者に対して失礼だろう!
なんて思う人もいるはずです。

私たちは、そうやって批判される事を恐れたり
都合の悪い事は見てみないふりをする事がたくさんあり
それらを一つ一つ掘り起こすと
恐ろしく身勝手な生き物だと言う事が解るはずです。


しかし、それですら自然現象であり
人類が自分勝手に生きるのは、悪ではない。
我々は、命を奪いながら自らの命を繋ぎ
環境を破壊しながら命を保つ生き物だからです。


また私は、こんな体質なので
TVやニュースで凶悪犯罪の報道を見て
被害者より加害者の方がかわいそうだと
感じる事がよくあります。

人間ルールを破ったのは加害者でも
ルールを破らず多くの人を傷つけたのが
被害者というケースです。

ルールがなければ
我々の社会の秩序は保たれないので
それはそれで、仕方のない事ですが
自然の法則を理解すれば
ゆるす心が芽生えてくるのも事実です。


大自然のルールにも目を向けて過ごすだけで
毎日が、とても穏やかになるとそう思っています。



私たちは、自分たちの都合の良いルールの中で過ごし
自分に都合の良い判断をしている事を知るだけで
とても多くをゆるせるようになり
心穏やかな毎日を過ごせるようになると感じています。


昔の人は『損をして徳を取れ!』と言いましたが
全く持って、その通りの大自然の法則が
存在しているように思います。


神道では、世のため人のために尽くさない限り
どんな人も幸せになれないという教えがあります。

ひょっとしたら、どれだけ財や名誉を手に入れても
幸せになれないのが、人間という生き物で
日々感謝しながら過ごして行き
多くに尽くす事でしか
幸せを掴む事はできないのかもしれません。