読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

勇気は、人を信じれば信じるほど大きくなる

気が弱い・・
なぜか怖い・・
こんな気持ちが多い人の特徴は
『他人を信用しできない』
人だとそう感じています。

過去に人に裏切られたり
酷い目に合されたりする経験がそうさせるのでしょう。

自分を信じない相手を信じる事はなかなか出来る事ではないので
信じる他人がいなければ、孤独な人生となり
委縮し続ける日々を送る事になってしまう・・

人に裏切られるのは
自分が他人に嘘をついていきた証であり
ひどい目に合わされるのは
自分が他人を傷づけてきた証だとそう思っているのですが

人間が作ったルール上で判断してしまえば
そんな事が納得できるわけもない事をも理解しています。



しかし、無意識に人を傷つけていれば
そんな事に気づけるわけもなく
『私は、人に優しくしてきた』
『誰にも迷惑などかけていない』
自分は被害者だ・・と、そう思ってしまうはずです。


また他人を理解する努力を怠り
目先の現実のみで判断しながら過ごしていると
他人に迷惑をかけている事さえ気づけないものです。
ほとんどの人が自分がされて嫌な事を他人にしていなければ
それでいいと思い込んでるからです。

ようするに自分がされて嬉しい事でも
他人にとって嫌な事が無限にある事
を理解しようとしないまま過ごしているので
目先の現実に囚われてしまい
自分の言動が、他人を気づ付けていたり
他人に迷惑をかけている事に気づけないわけです。


仮に通り魔に後ろから刺されれば
自分は、被害者となり
悪いのは、通り魔となるのが現代社会です。

しかし、大自然の法則には善も悪もなく
刺される側と、刺す側の通り魔には必ず因果関係があり
『縁』があるのですが、そこを見ようとしないのが一般的でしょう。
そんな所を見ていれば、社会の秩序は保てませんからね~

通り魔は、犯罪者であり『悪』
刺された側は、被害者であり『悪ではない』
そうしなければ、ならないのが
我々の過ごす、人間社会です。

しかし、加害者と被害者は、同質のエネルギーを持っているので
お互いに引き合うのですが、そう考える人はなかなかいないでしょうね。
あくまでも私の感覚での話なので、ただの思い込みと
言われても、仕方ない事ですけど・・^^;)



私は善悪の判断基準が原因で、人の心は壊れて行くのだとそう思っています。
しかしながら、その判断基準がある事で
我々の過ごす社会の秩序が保たれているのも事実なので
やはり、善悪の判断はあくまでも自分に都合が良いか悪いかの判断であり
全ての存在が共有できる価値観ではない事を理解し
そして『ゆるす心』を育む事が大切なのでしょうね。


我々日本人には、この因果関係をよく理解した文化があったのですが
いつしか、なくなってしまいましたね~
『全ての現実は神々がしている事』とするなど
欧米からすれば、クレイジーな考え方なですし
現代の日本社会からしても、おかしな考え方となります。


しかし、私個人としては
人の心が生み出すエネルギーは膨大な量があり
そのエネルギーが様々な『縁』を創り出しているとそう思っていますし
常々それを強く感じています。
否定批判を止め、深く理解する事で
物事がスムーズに進むのもだと感じており
実際に実践すれば、その通りになるはずです。

人の心は経験によって創られている。
すなわち、体験や経験によりどう思い、どう感じるか?
が、その先の未来を生み出しているわけです。

まるで、自分の過去の言動を
神々が見透かしているかのように
目前に現実を突きつけられるのが、大自然の法則なのでしょう。


また、どんな人も常に他人と呼吸するかの如く
エネルギー交換していると感じています。
言葉など交わさなくても、他人の存在がある事で
我々は正常に過ごす事が出来る訳です。

他人を強く思いやる気持ちはエネルギー化して
接した他人から、活力の源となるエネルギーをもらえる
そこに会話など必要ないのです。


どんな恐怖も理解する行為で解消され
多くを理解する事で、多くを思いやる心が生まれる
そして、その思いは自らの大きな力の源となり
どんな苦難をも乗り越える勇気になるのではないだろうか?

と、そんな事を思うわけであります。


ん~・・・なんか、とりとめもない・・バラバラな・・~~
文になってしまいたしたが・・^^;)


ようするに
他人を強く信じれば信じるほど、勇気をもらえ
強靭な精神を身に付ける事ができる仕組みが存在していると言う事です。

ではでは・・・