読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

スピリチュアル的行為は、ただの現実逃避だったりする

最近、スピリチュアル的な行為にハマっている人から
の相談をよく受けます。

相談内容の多くは
スピ系組織から抜けられない・・
抜けようとすると禍があると脅される。
ひどい場合は、呪いをかけてやるとか
会社を潰してやるとか
まぁ~言いたい放題言われて
恐怖に脅えての相談です。

私との会話も覗かれていると言い
怖くてちゃんと話ができない人もいました。

その他は、神に祈りを捧げて
大金をつぎ込んだのに何も改善されないとか
こんなに神々に尽くしているのに
霊的現象がなくならない・・とか
スピリチュアルマスターとして
多くの人に尽くしてきたのに
心身共にボロボロで、お金もなくなってしまった・・
とか・・そんな感じです。


なので、ここに少しばかり
持論を展開したいと思います。



まず、スピリチュアル的行為は
ともすれば現実逃避をしていると思った方がいいでしょう。
これを言うと、スピ系の人はみんな怒り出すんですよね~^^;)


スピリチュアル的行為にハマっている人の多くは
その世界に救われたと思っている人が多いのですが
私に言わせれば、辛く苦しい現実からの
逃げ場所を与えてもらっただけであり
何の解決にもなっていない場合が多いはずです。
と言うかほとんどが救われてなどいないでしょう~ね。

長年患っていた病が治った。
予期せぬお金が入り潤った。
子供を授かった。
などなど・・確かに現代科学では証明できないような
出来事が起きる事もあります。
そんな事が起きれば、救われたと思ってしまうのも
仕方のない事なのかもしれませんが
そもそも、辛く苦しい現実は
自らの成長の為に存在しているので
それを取り除いてしまえば
新たなる苦悩と向き合う事になるのが自然の法則です。

すなわち、一時的に逃げ場所を与えてもらっただけなわけです。

まぁ~それを理解した上での事なら
何も問題はないですけどね~

『先祖供養をすれば救われます』と言われ
ご先祖様を大切にするだけで体が軽くなる事もあるでしょう。
かといって、ご先祖様を大切にしないから
禍が起きるなんてありえないですよ。w

現に先祖供養を止めさせて商売がうまく行った人もいるし
健康になった人もいますしね。
何の為の先祖供養なのかが大切なのだと思います。

お墓や仏壇を移動して禍があるのは
自分たちの都合を押し付けている傲慢さに
気づかせてくれているのだと思った方がいいでしょうね。

ご先祖様を大切にしていないから禍が起きるなんて
考え方は、どう考えても普通じゃない。
神や先祖が恐怖の対象になってしまえば
それは、もはや悪魔と同義ですよね。


そもそもスピリチュアルマスターと呼ばれる多くは
現実逃避したままの状態を続けているので
『神様が○○とおっしゃっているので
○○しなければなりません!』とか
『貴方のご先祖様が○○とおっしゃっています。』とか
『良くない霊が憑いているので
浄化してあげます』とか・・
そんな事ばかり言ってくるはずです。

まぁ~自ら現実世界から逃避し続けているので
現実離れしてしまっても仕方ないのですが
現実社会で過ごしている人まで、巻き込んではいけませんよね~
まぁ~まともに生きられない人の
そんな言葉を真に受ける方にも問題がありますが・・

私自身も多くを感じるので
そんな世界を否定するつもりはありませんが
そんな言葉を気にしていたら
我々の人間社会でまともに生きられなくなります。
五感の世界で生きている人は
その感覚がないので、言われた言葉を信じるしかないわけです。

霊能者に向かって『貴方から魔物が見える!』と言い放てば
だいたいが『そんな事はない!』と怒り出すんです。w
『貴方が悪霊に取り憑かれて、そう見せられているんだ!』
と、あくまでも自分が正しいという立ち位置でしか
物事を見る事ができない・・
自分がそうかもしれないんですけど自分を疑う事はしないんです。w

何も感じない人の立場を考慮して言葉を選ぶ事もできない・・
現代社会では相手の立場をしっかりと考えて人付き合いするのは
当たり前の事なんですが、それが出来ないが為に
現実社会で普通に過ごせなくなり
現実から逃避した精神世界が唯一の居場所になるわけです。


冷静になって『神』とは、なんぞや?と考えれば
『神』=『本人の思い込み』として、存在しているのにw
何も感じない人は、特別な存在として認識してしまうのです。


私自身、その世界に囚われて
気が狂った事があるんですよね~
まぁ~上に書いた通り
他を理解する心が欠如していた為です。^^;)

なので、そんな世界はお遊び程度にしておくのが一番だと
そう思っています。


神々の言霊を聞くのは、神に選ばれた証拠とか
人々に尽くすお役目がを背負っているとか
そんな言葉を耳にしたら、関わりを持たない方が賢明でしょう。


なぜならば、神々の言霊=本人の思い込みだからです。
神と思っていた相手が、ただの霊体かもしれませんし
自分が神だと思えば、ペットのワンちゃんでさえ神ですからね~
飼い猫が神の使いだなんて言い出したら
もう現実が見えていない人の証でしょう。
私に言わせれば、そもそも全ての生き物が神の使いですしね。
(まぁ~これも私の思い込みなんですけどw)

あと、『お役目』ですが
多くの人に尽くすのは、全ての人のお役目のはずです。
この世で生きている以上、自分以外に尽くすのは当然の事であり
そうやって生きて行かなければ、苦しい現実と向き合う事になるのが
大自然の法則でしょう。


そんな奉仕の精神がないために辛く苦しい現実と向き合う事になり
スピリチュアル的世界を逃げ場所にしてしまう為
スピ系で集まっている人は、他人に尽くすお役目があるという言葉に
誰も違和感を感じないわけです。
そもそも初めから、自分本位な考え方しかできないので
見えている世界が狭すぎて、自分の滑稽さに気づけないまま
『ああ~!私は、神様に世のため人の為に尽く事を特別に命じられたんだ!』
と、そう思ってしまうわけです。

私に言わせれば、世のため人の為に尽くす行為が足らな過ぎて
神様に罰として強制されているに過ぎないんですけどね~w


スピリチュアルな世界にいる人は、とても広い世界で生きていると
思われがちですが、実際は現実世界から逃げている人が多いので
現実世界に目を閉ざし、とてもちっぽけな世界で生きている人が
多いと思った方がいいでしょうね。

現実逃避を続けると、ろくな事が起きないのは
普通に生きていれば誰でも理解できるのですが
本人たちは、現実世界+αでもっと広い世界で過ごしていると
そう思い込んでいる為
オーム真理教しかり新興宗教の教祖が逮捕されるような
出来事が起きてしまうわけです。



どうでしょう?
冷静になって考えると、極めて幼稚で滑稽な事だとは思いませんか?
そんな世界に恐怖を感じる必要は全くないと思います!


大切なのは、今を一生懸命生きる事でしょう~
誰かの為に何かを成し遂げようと努力しながら過ごしているだけで
毎日が楽しく、充実した日々を送る事が出来、不安など無くなるものです。
同時に、欲が消え、見栄もなくなり、謙虚になれます。

恐怖や不安を感じるのは、ただひたすら求め続けて過ごしているからであり
失う事に恐れを抱いているだけなんです。

その恐怖から逃れるには、与える喜びを知ればいい...
たったそれだけの事で、どんな人も幸せを掴むことができると
私はそう思っています。^^)