修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

先祖からの因縁を自分で消滅させる方法

『今の苦悩は、先祖からの因縁のせい・・』
と、霊能者やスピリチュアルカウンセラーから
そう言われて不安になる方も多いのではないでしょうか?
相変わらず、そんな相談がとても多いです。


私は、先祖から受け継ぐ因縁は確かにあるとそう思っています。

私たちは、血族の経験値を受け継いでこの世に産まれてきている為
自分で経験していない事に恐怖を憶えたり
食べ物の好き嫌い、才能や長所、短所など
生まれながらにして多くを先祖から受け継いでくるのだと
数々の体験からそう思うようになりました。

先祖の誰かが、強く怨まれるような行為をしていれば
その怨念は、子孫のだれから強く受け継ぐ事になるはずです。
また、先祖の誰かが多くの人に感謝されるような事をしていれば
その感謝の念も、子孫に受け継がれる事になる。

先祖からの経験値は、血族と強く繋がっており
血族の誰かが亡くなれば、その人が背負っている経験値は
子孫の誰かが自動的に背負う事になります。

身内が亡くなった、その日から統合失調症になってしまったり
癌になってしまったりする事も、まれにあると思います。

先日も父親の姉妹が亡くなった、その日から歩けなくなった方の
処方をしてきました。
亡くなった身内の方も、まともに歩けなかったそうです。


先祖がしてきた言動が子孫に影響を与えるのであれば
自分自身の言動も自分の子孫に影響を与える事になります。
子孫だけではなく、子供や血族にも強い影響を与え
血族だけではなく、他人にも強い影響を与えているのが
この世の仕組みだと、私はそう思っています。

多くの人が、自分一人で生きているとそう思っているでしょうが
私たちは、常に他人と繋がっている事を忘れてはならないのでしょうね。






先祖からの因縁があると言われても
自分ではどうする事もできないと思っている方も
多いと思います。

私自身も因縁消滅の加持祈祷や
先祖供養で因縁が消滅するとよく言われ
そんな事を繰り返してきた経験がありますが
今では、ほんとうに馬鹿げた事をしてきたとそう思っています。

因縁消滅の加持祈祷をする事で
身体や心が軽くなって、良い事が立て続けに起こったり
する事は確かにあります。
これは、身にまとう穢れが一時的になくなるからであって
永遠にその穢れがなくなるわけではありません。
穢れを常に生み出すのが人間という生き物だからです。

そもそも、先祖からの因縁を何故自分が背負うのか?と
考えれば、自分自身の人生にその因縁が必要不可欠であって
それを、簡単に加持祈祷で取り除けるわけもないのです。
自己の魂が、その因縁求めていると考えた方がいいでしょう。

因縁消滅の加持祈祷は往々にして、穢れが消滅するだけなのですが
仮に自分から因縁が消えても、血族の誰かが背負う事になるはずです。
ようするに自分の因縁を家族や血族に押し付ける行為にも
なりかねないと言う事になります。
そして、自分が他の血族に押し付けた分、以上になって
自分自身にかえってくる・・のが、大自然の法則でしょう。


大金を払って因縁消滅の加持祈祷をしようか
悩んでいるのであれば、今すぐ改める事をおすすめします。
誰しも自分で未来を切り開く力を持っているからです。
そして、幸せは常に自分の中にあるので
いくら、外に求めても見つからないのが道理でしょう。



私は、自分が背負っている先祖からの因縁のおかげで
人生においてかけがえのない幸せを手に入れる事ができました。

昔の自分は、なぜ自分だけがこんな思いをするのかと
悩み苦しみ、世の中を否定して過ごして来ましたが
今では、自らが背負った因縁に心から感謝しています。
普通の人が体験しないような、数々の苦悩のおかげで
とても多くを学ばせて頂いたからです。

仮に私の先祖が徳が高く、不徳を積んだ因縁も皆無だったならば
今の私は無かったとも思います。
多くの快楽が満たされたでしょうが、幸せになれたと思う事は
どうしてもできません。

今の私は、先祖からの因縁が全て消滅したとは思っていませんが
ただ、それのせいでの苦悩は全てなくなったと言えます。
先祖からの因縁のせいで苦しんだと
そう思い込んでいただけだったのが解っただけですけど・・
要するに苦しみは、自らが生み出すものでしかないと言う事です。




先祖からの因縁を消滅させる為には
先祖から受け継ぐ因縁の存在意義を深く考える必要があります。
目前のどんな現実も自己を成長させるためにあるので
先祖から受け継ぐ因縁も、そのうちの一つだと言う事を
忘れてはなならいのだと、私はそう思っています。





先祖からの因縁=先祖の経験値
と、概ねそんな所でしょうか?
自己の経験値が血肉に刻まれ、子々孫々と受け継がれ
私たちは進化し続けているので
我々は先祖からの経験値を受け継いで生まれてきているのでしょう。

経験値から生まれる価値観も受け継いでいるので
今の自分の価値観を変える事で、確実に因縁は消えて行きます。

とは言え、今の価値観を変えるのは簡単な事ではありません。
自らの血肉に刻まれた経験値を
今の自分の価値観と違う価値観での経験値で上書きする必要があるのです。


私の場合は、まずは自分の中で正しい事、間違った事
善悪の判断を逆にとらえるようにしました。
今自分が正しいと思っている事は、実は間違っているのでは?
今自分が、悪としている事は、実は正義なのでは?
と、そんな事を繰り返し考えるよう過ごしていたら
善悪など存在しないのだ!とそう思うようになったのです。

その時点で、私の価値観が変わっているので
心身が軽くなったのを記憶しています。
そしてなにより、自分と価値観の違う相手を
受け入れる事が出来るようになりました。

ただ、これだけでは自らの因縁を打ち消す事は出来ません。
いくら頭で考えても、血肉に刻まれた経験値が
自らの思考を無視した、言動をするからです。
わかっちゃいても止められない・・
ダメだと思っていてもやってしまう・・
そんな事の繰り返しになるでしょう。

ただ、そこで諦めてしまえば元の木阿弥なので
反省を繰り返し、改善する努力を続ける必要があります。

先祖からの経験値を血肉に刻まれた私たちは
新なる言動の中で、新たなる発見をし、新たなる価値観のもと
新たなる経験値を血肉に刻む必要があるのです。
それが、自分自身が生を受けた証となり
子孫へ付け継いでいくという自分自身の使命なのかもしれません。


自らの思考に逆らった行動を繰り返しして行くものありだと思います。
嫌いなものを食べ続ける、嫌だと思う事をやり続ける
嫌いな人に近づいてみる・・などなど・・です。





誰しも、自分は正しいと思い込んでいるので
自分では気付けない事が沢山あるモノです。

例えば、先祖が誰かに憎まれるような事をしていて
怨念を受け継いでしまったとします。
往々にして、それを受け継いでいる人も
自己中心的な考え方で日々過ごしており
自己の言動で他人が傷ついている事さえ気づけないものなのです。
なので、どうして自分ばかりがこんな思いをしなければならないんだ!と
無意識に先祖の因縁を『悪』として位置付けてしまうのです。

そんな人は、他人を理解し他人に尽くす事を繰り返し続けるだけで
先祖からの因縁は消えて行きます。
ただ、そんな価値観に至らないのが因縁のなせる業なので
自己を奮い立たせて、そこに向かって行く必要があります。


先祖からの因縁を浄化する為には
どうしても、今自分が知らない世界を知る必要があり
同時に自己改善が必要になると私はそう思っています。

自己を苦しめる因縁の多くは
先祖の不徳が原因なので、徳を積み続ける事でも
因縁は消滅して行きます。
自らの徳は、子孫に影響を与えるだけでなく
家族や血族へも強い影響を及ぼします。
(不徳も同じ仕組みの中にあります。)


私が、重度の精神病や認知症の家族を持つ方に
本人を変えるのではなく、自らを変える事よう
お話ししているのも、この仕組みがある事を確信しているからです。
自分が変われは、現実は変わる・・
即ち、家族や血族も変わるのです。








だらだらと書いてしまいましたが
早い話、徳を積み続ける事で因縁は消滅します。
どうやって、徳を積めばいいのか解らないと思っているウチは
まだまだ、求める心が優先している証なので
目前の現実は悪化し続けるのが自然の法則です。

徳を積むと言う事は、与える行為になるので
求めているうちは、徳など積めないモノだとも思います。
また、徳を積めない性格も先祖からの因縁が原因でしょう。
なので、それに逆らわなければならないわけです。


誰かの為、何かの為にする行動が
その誰か・何かの為になっていれば徳を積んだ事になります。
いくら快楽を満たしてあげても、徳を積んだ事にはならないので
そこが、難しい所なのですが・・
こればかりは経験しなければ理解できない事なのかもしれません。

また、少しくらい徳を積んだからと言って
因縁が消滅するわけではありません。
自分の一生より長い経験値の蓄積を簡単に書き換える事などできないのです。

私自身ももう20年以上ボランティアをしていますが
完全に因縁が消滅したとは思っていません。
ただ、一つひとつの苦難を乗り越える過程は面白く素晴らしいものだと
そう感じているのも事実であり、先祖の不徳があったおかげだとも思っています。

そう考えると、子孫の為に因縁や不徳を残して行くのも
悪くないのでしょうね。w

要するに、今苦しくて現実を変えたいのなら徳を積み続け
今楽しいのなら、不徳を積めばいいのでしょう~w


これだけは、再度お伝えしておきますが
因縁消滅の為の加持祈祷や呪法、先祖供養は
本当に幼稚でバカげた行為だと私はそう思っています。
まぁ~体験するのも自由なんですけどね。

仮に現実が好転しても、年月を経てもっと重い苦難が
降りかかってくるのが大自然の法則だと思います。
何年か経ってから気づいた所で
そこに費やしたお金と時間は取り戻せないのです。

目前の現実は、自らの努力で切り開くものである事くらい
誰だって、心のどこかで理解しているはずです。
その心を奮い立たせ、神の仮面をかぶった
悪魔の囁きに負けないでください。w

神は自分の外にいくら探しても見つからないものです。
日本神道では、ご神体を鏡とするように
常に己の中にいると教えています。

先祖の因縁うんぬんで不安になったら
今一度、自分自身を見つめる事をお勧めします。
その中にしか、答えは見つかりませんからね~^^)