読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

人生も経営も呼吸のようなもの

経営に行き詰ってしまった・・
霊的になにかあるのだろうか?
という相談をちょくちょく頂くので
私なりの考え方を記しておきます。



経営難の原因を
先祖からの因縁がどうとか?
土地因縁がどうとか?
霊能者と呼ばれる方々に色々と言われて
不安になる方も多いと思います。

ですが経営難と霊的現象は直接的な関係は全くないでしょう。
それが人類共通の仕組みだと思っています。

確かに霊的な厄は色々とありますが
自分自身の日々の生活態度が
そこに縁を作るだけであって
経営とは、直接関係はないのです。

先祖から受け継ぐ経験値による
人格、性格が影響して、不徳を積み続け
霊的な禍に苛まれるだけなので
除霊をしたり、先祖供養をした所で
会社が上向きになるわけもないのです。

なので、改善すべきは
自分自身となります。





人生も経営も呼吸のようなもので
大自然の循環に沿っていなければ
誰でも、どんな会社でも行き詰ってしまうはずです。
呼吸できなくなり窒息するわけです。

経営難とは、会社が窒息している状態なので
呼吸させれば、復活するはずです。
すでに手遅れという場合もありますけどね。


近江商人の【3良し】
売り手良し、買い手よし、世の中良し
という言葉がありますが
この状態が、経営において呼吸が出来ている状態だと
私は、そう思っています。

顧客目線、顧客視点とも、よく言われていますが
これも、当てはまります。
顧客を知れば知るほど
社会の仕組みを知らなければならなくなり
結果として、社会貢献しなければならなくなるわけです。
会社経営=顧客目線=社会貢献となるわけです。


従って、社会貢献できていない会社は
呼吸できていない会社となり
経営が行き詰る・・・
理に適っていますね~

目の前にあるどんな現実も
大自然の法則の中にあるので
人間社会のルールのみで判断しない方がいいと
私はそう思っています。

全てが大自然のルールに従ってしか
起きないわけですからね~




私は、とても多くの方々の相談を受けてきたのですが
悩み苦しみ、迷っている人は
必ず『求める』というベクトルのみで過ごしています。

『どうやったらうまく行くだろう?』
『何がいけないんだろう?』
と、考えるばかりなのでいつまで経っても
答えが見つからないわけです。
答えが見つからないので
『霊的に何かあるのではないか?』
と、そう思ってしまうわけですが
求め続けるだけでは窒息してしまうのが大自然の法則です。

呼吸は、吐いて吸ってを繰り返す行為なので
吸い続ける事ができないわけです。

人生や経営も同じで、ただ求め続ける事は
どうしてもできないのです。

普段からこのブログに記しているように
どうしても与える行為が必要になる。
人は、無意識に求めてしまうので
意識して与えようとすれば、呼吸が繋がるわけです。


悩み苦しみや迷いから解放された人は
社会や世の中に対して
『今の自分に何が出来るだろう?』
『どうすれば社会に貢献できるだろう?』
というベクトルで物事を捉えるようになっています。

まぁ~そもそも社会に貢献できなければ
どんな人だって苦しいわけですから
そうやって生きるしかないんですけどね~

会社も同じで
社会に貢献できなければ行き詰ってしまいます。


よく会社を大きくすれば雇用が増えるので
それでいいではないか!と
経営者の方々に言われるのですが
麻薬販売や強盗集団でも雇用は増やせるわけです。
問題は、その事業自体がどう社会に貢献するか?
なんですよね~


経営難に陥る仕組みは
会社の利益追求のみを考えて
経営してしまった結果なのです。


こんな話をすると皆さん
『稼がなければ生きて行けないじゃないか!』
と、おっしゃるのですが
会社つぶして、破産してコンビニで働けば
生きては行けるんです。

従って『稼がないと生きて行けない』
という理由で仕事を継続しているわけではないのですが
そこに気づけない以上、経営難は続くでしょう~ね~

大自然は経営難に陥る事で
大切なモノを与えようとしているのですが
なかなかどおして、そこに気付くのは大変のようです。


1円もなくたって
車いすの生活をしていたって
社会貢献はいくらでも出来るんでが
自分は不幸だと思い込んでしまい
行動に移せない・・
それが人ってやつなんでしょう~ね~



まぁ~そんなこんながあって
色々な悩みや苦しみを味わいながら
どんな人も成長するものなんでしょう~^^)



目の前にある現実をどう感じ
どう受け止めるかは自分次第であり
その受け止め方で未来は大きく変わるのものなので
よくよく考えると、結局答えは自分の中にしか
ないんでしょう~ね~




ではでは・・・^^)/~