読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

この世には善も悪もないとは?

昔、私が激しく修行に励んでいた頃
『この世には善も悪もない!』
そう言われても、なんのこっちゃ?
と、思うくらいで
全くその意味が解りませんでした。

ですが、善悪の判断に囚われてしまうだけで
人は、辛く苦しい人生を歩む事になるのだと
そう思うようになり
なかなかどおして、この世の仕組みは
奥が深いモノだとそう感じております。

実際、辛く苦しい現実に悩んでいる方々の
殆どが、自分自身で『悪』を生み出していますね~


ここに何度も記しているように
往々にして、良い事とは
ただ単に自分にとって都合の良い事なんだと
つくづくそう思ったりもします。






良い事、悪い事
正しい事、間違った事・・
と言った判断は
我々の社会で秩序を保つためには
必要不可欠な判断基準だと思います。

ただ、大自然の仕組みの中では
そんな判断とは無関係に
様々な出来事が起きていると言う事です。

この世の中に善悪など存在していない中で
我々の過ごす、社会のルールとして存在しているに過ぎない。
と、言う事です。

いくら社会のルール上で正しい事、良い事をし続けたとしても
幸せになれるわけでもないのが、この世なんでしょう。








物事を深く深く理解しようとすると
この『善も悪もない』という事が良く理解できるのですが
上辺だけの出来事のみで、判断して過ごしていると
善悪の判断に囚われて、辛く苦しい出来事ばかり起きるはずです。

なぜならば、我々は慈愛の心を育む仕組みの中で
生活しているからです。

自らの正しさをただ主張して他人に向ける事は
自分以外を理解し、尽くす事に反しているので
慈愛の心を育む行為を怠っていると
大自然に判断されてしまうわけです。

大自然にNGを出されてしまうと
辛く苦しい出来事が起きる・・

人の思考は、苦悩から逃れようとするように創られており
苦しめば、苦しむほど、その原因を追究しようとします。
その行為の繰り返しの中で、どんな人も成長できるのでしょうね。


また、出来事は人が生み出すエネルギーの影響を
強く受けながら起きているので
自分自身の思いや言動の動機によって
未来は大きく変わります。

常日頃から、何をどう思い生活しているか?
朝起きてから寝るまでの生活態度が
自分自身の未来を創り上げているわけです。


すなわち善悪に囚われ過ぎて
正しい事に気を取られると
『悪』とされる出来事をただただ排除しようとする
だけで、終わってしまいます。

『悪』=排除という思考が
自分に都合の悪い事が『悪』という事実に蓋をしてしまうわけです。
そして、自分で生み出した『悪』に対するエネルギーは
自らをどんどんと苦しめて行きます。


なかなか、自分や他人の言動の動機など
考えない人が多いですが
ここに着目するだけで普段の生活が大きく楽になるんですよね~









例えば、困っている人に手を差し伸べる行為は
一般的には、『良い事』とされています。
それは、『愛だ!』なんて言う人もいるのですが
私からすれば、その行為に対しての動機がどこにあるのか?
が、最も重要なわけです。

困っている人に対して
何も考えずに手を差し伸べる事は
私は、ただの驕りだとそう考えます。
『自分は良い事をした!』と、そう思いたい場合が殆どでしょう。

本当に、相手の事を思いやる心があるのであれば
なぜ困っているのか?が気になるはずですし
そのなかで、何を手助けをする事が
本人にとって本当に重要なのか?を考える必要があります。

逆に突き放す事で、本人が自分の過ちに気づく事が出来れば
その人にとっては、素晴らしい未来を迎える事が出来るでしょう。

困っている人をつき放つ事が『幸せに近づく』となる出来事に対して
手を差し伸べてしまえば、その行為は
『不幸を繰り返す』事になってしまうわけです。

自分自身が出来事をどう解釈するか?で
善悪など、いくらでもひっくり返るわけで
それが、この世の仕組みであり
善悪など存在していないと言う事です。


なので、悪をただ排除するだけで
その意味を深く理解しようとしない行為は
自らの成長の妨げとなり
自らの精神を常に成長させようとする
大自然の法則からすれば
NG的行為となるわけです。



『悪霊』『因縁』『障り』『祟り』
と言うような、如何わしい出来事も同じです。
『神』と『悪魔』という存在も同じです。

私自身、悪霊こそ神の使いであり
神こそが、悪魔そのものだ!と
まずは、そう思うようにしています。w

自らを苦しめる存在こそが
自らを鍛え上げてくれる師であり
最も大切にするべき存在だと思う事で
実際に自分が成長できた経験をしてますし
その方が、楽しく生きられるんで・・w

実際にそう考えながら日々を過ごすだけで
私自身の至らない所をたくさん見つける事ができましたし
自らの至らなさを見つける事で
目前の現実は大きく改善されて行きました。


この経験から
『この世には善も悪もないのだ!』と
気付く事ができたのですが
一般的な『悪』から学ぶ姿勢がなければ
そうは、思えないでしょうね。


従って・・
『善も悪もないなどと思えない』=『出来事から学ぶ姿勢がない』
と言う事になり
目前の現実は、嫌な出来事ばかりとなるはずです。


逆を言えば
『悪』とされる事から学ぶ事さえ出来れば
辛く苦しい出来事から解放される事になるわけです。



結局は、どこまで深く理解しようとする姿勢があるか?
だけの事なんですけど
多くを求めながら過ごしている以上
そう思える事などないでしょう~ね~

求めながら過ごしていると
自分にメリットのあるモノだけしか
理解しようとしないので
与えようとしない限りは
ほんの少ししか理解できないはずです。


正しさが『悪』を生み
『悪』が、正しさを生む・・
突き詰めれば、この世の中は
善も悪もないという所に
行きつくようになっているのでしょう。

自分の中で『悪』さえ生み出さなければ
日々の生活が穏やかになるのも
『ゆるす事』は、人生の中で学ぶべき大きなものなんだと
そう感じたりします。


至らない己を知れば知るほど
ゆるす心は広がり続け
たった、それだけの事だけで
深い幸せを感じるものです。


私は、善悪の判断に囚われている以上
快楽を満たす事は出来ても
幸せになる事など出来ないのだとそう思っています。


目前に起きる出来事は
全て自己の成長の為にある!
そう思う事が出来れば
善も悪も自分の目の前から消えてなくなるんですよね~

(^^)