読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

否定批判や怒りの感情を抱き続けると悪を生み出さずにはいられなくなる・・

誰しも怒りや否定批判の感情を産み出すように創られている・・
逆にその感情がない人などいないでしょう。

我々が慈愛の精神を育む為に必要不可欠な感情なのでしょうね。

ゆるす事を学ぶ為には、どうしてもゆるせない出来事が必要であり
慈愛と相対的な、感情を持ちながら私たちは生まれてくるわけです。

ただし、その相対的な感情に溺れると
自らは朽ち果てて行く・・・
それが大自然の法則だとも思います。



私たちは、生まれた時から
過ちを犯し続けながら生きる事になります。
それが人生というモノでしょう。

自分の幼少時代を思い出せば
誰しも、自分勝手な考え方で
怒ったり、泣いたり、わめいたりしてきたと思います。

何事にも経験が浅いので仕方のない事なのです。
経験や体験があって初めて理解できる事ばかりですからね~

従って、過ちを犯し続ける事で学び
過ちの中で成長するのが人生だと言っても過言ではないでしょう。
学ぶ機会がなければ、誰でも自分勝手になるモノなので
学ぶ姿勢が人生で最も重要な事なんでしょう~

ありがたい事に、自分勝手に生き続ければ、大自然が教えてくれます。
苦悩と言う体験の中で、学ぶ事になりますが・・^^;)
苦悩と共に朽ち果ててしまう事もありますが
それは、自分自身の成長を放棄した時になる現象です。
自分自身を常に正しいと位置づけした時にしかなりません。

慈愛の精神を学ぶ為に我々は生まれてきているので
常に学び続けるという、その過程を放棄すれば
残念ながら生きている必要はないわけです。
ただ、そうなる前に大自然は、何度も何度も毎日繰り返し
私たちにメッセージを送っている事を知る必要があるでしょう~



怒りや否定批判の感情は、出来事に対しての
理解不足から生まれるものだと思っています。
自分以外を理解しようと努力しないが為に
そんな感情に蝕まれるのが、人間という生き物なのでしょう。

経験がない為に、ルールを破る
経験がない為に、自分本位になる
経験がない為に、他人の過ちを責める

過ちを犯し続けるのが人生なので
本来、誰一人、責めていい人など存在せず
誰一人、怒りを向けていい人など存在しない。
これが我々が暮らす世界の理なのですが
人間社会のルールがそれを見えなくしています。


ようするに、人間ルールに囚われた狭い世界しか見ようとせず
狭い世界で物事を見聞きしているが為に
経験が不足し、怒りや否定批判の感情を産み出していると言う事です。
どれだけ年齢を重ねても、経験から学ばなければ
同じ事を繰り返してしまいます。

同じような嫌な出来事が何度も繰り返すのは
学ぶ経験を与えられているからです。
しかしながら、その出来事で学ばなければ
心身が蝕まれてゆく・・
繰り返すその嫌な出来事も、どんどん大きくなる・・


怒りや否定批判、憎しみの感情抱き続ける事は
ただ単に、心が幼いだけなのでしょう。
我々の社会では、一流大学を出て一流企業に就職できれば
立派な大人と言う事になりますが
それは、あくまでも人間が創ったルールの中での事であり
大自然のルールからすれば、全く関係のない事なのです。
自らがどれだけ慈愛の精神を育む事ができるか?が人生の課題であり
そこから遠い精神状態であれば、未熟で幼い心のままだと言う事になります。


他人の過ちに怒りを向ける・・
これは、ただただ慈愛の精神が生まれていない状態なのでしょう。
誰しもが過ちを犯しながら生きている事を
見ようとしないだけなのです。
そんな考え方をしていれば、自分の快楽は満たされませんから
煩悩に囚われている性からすれば仕方のないことなのかもしれません。

自分の過ちに対して、自分を責める必要もないでしょう。
だって、だれしも過ちを犯し続けて生きるしかないのですから・・^^)











前置きが長くなりすぎました・・・^^;)





否定批判の感情や怒りの感情は
抱く度に邪気を産み出します。
その邪気は血肉に刻まれ続けて行きますが
慈愛の感情が生み出すエネルギーにより相殺されます。

ただ、人は過ちを繰り返す仕組みの中にいるので
そうそうこの邪気を相殺できないわけです。


年齢を重ねる度に増え続けますし
自然環境が減ってきた現代社会では
尚更、増幅し続けています。



怒りや否定批判の感情が生み出す
エネルギーは、同調するエネルギーを探し続けますし
それを産み出すような仕組みがあるので
増幅し続けて行きます。
(その逆もしかり・・)

イライラしている人が近くにいるだけで
自分自身もムカムカしてくるのは
他人の邪気に同調しているからです。
(HAPPYな人の近くにいるなんだか楽しくなります。)




このエネルギーを溜め込んでしまうと
否定批判する矛先がないと正常でいられなくなります。
どこかに『悪』がないか?と・・そればかり探してしまいます。

要するに自分に都合の悪い存在を見つけ出し
自分を正当化した上で、その相手を攻撃しないといられなくなるんです。

悪を正す事が人生そのものだ!なんて言い出す人は
すでに、その状態に陥っているでしょう。
悪がないと生きられないわけですからね~

『ゆるせない!』という感情が常にくすぶっているので
ゆせない出来事に対して常にアンテナを張り巡らせて過ごす事になります。
報道での政治批判やネットでのマスコミ批判などは
とても美味しい食事になります。
悪を見つけ出す事で、自分を正しい位置づけにし
やっと自分を保てるわけです。

あくまでも、悪を探して攻撃する事が目的なので
相手が謝罪した所で、その感情は治まりません。
ただただ、次の悪を探し求める事になります。

自分は正しく良い事をしていると・・
善人になったような気持ちになるわけです。
他人から認められたいという
強い欲望がその言動の根底にあります。

誰からも認められない虐げられた現実がそうさせているのですが
そんな現実を受け入れる事が出来ないが為に
悪を生み出し続けているわけです。

そもそも正義や悪など一方的な自分都合の解釈なんですが
自分自身の煩悩がそんな事さえ見えなくなってしまうのです。


周りを理解する事をせず、ただただ求めた結果が引き起こす
自らを崩壊へ導く呪縛・・・のようなものですかね?
怒りの感情は、強く求めなければ生まれませんが
自分が何かを求めているなんて思う事も出来ないはずです。


一度、この状態に陥ってしまうと
極度の苦悩を味合わないと気づけなくなります。
悪を生み出し攻撃した相手の痛みと同等以上の苦悩が襲ってきます。
理解不足に対しての代償を支払う事になるわけです。


ただ、その予備軍の状態であれば、なんとか軌道修正できます。

①他人の悪い所ばかり目につき、良い所を探せない。
②他人の過ちを正したくなる。

まだ、これくらいならまだ軌道修正できるので
怒りの感情を抱いた時、目先の現実に囚われず、なぜ?こうなったか?
どうすれば良いのか?自分に何か出来る事はないか?
と、考える癖をつけると回避できるはずです。
怒りの感情を抱く事は、正常な人間の証なので
それ自体は、気にしなくて大丈夫です。



③自分を否定批判する相手を攻撃したくなる。
④他人や自分の過ちをゆるせない。
⑤怒りの感情を抱くと眠れなくなる。
⑥間違いを正さないと苦しくなる。

この状態まで行くと、すでに悪を探している状態でしょう。
長い間、朝の爽快な寝覚めに縁がないはずです。
残念ながら、すでに極度の苦悩が待ち受けているはずです。

しかし、それを回避する方法があります!^^)

徳を積み続ける事で回避できます。
自らの時間とお金を犠牲にして、ボランティアでもし続ける事で
自分自身の不徳が相殺されてゆきます。

まずは、価値観を変える事が先なので、それが出来ない間は何も変わりませんが
価値観が変る事で、自らの未来が大きく変わり初めて徳を積む事が出来ます。
簡単に出来る事ではないですけどね~・・^^;)


まぁ~極度の苦悩を味わった方が早く前進できるかもしれません。




とりあえず、流行り病のように
悪を生み出す循環が増えてきているのでご注意を!