修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

霊能者の言葉に惑わされるな!その2

相も変わらず、霊能者、スピリチュアルマスターからの言葉に
恐怖を感じてしまってる相談が多いです。

新年の神事に参加しなければ禍が起きる・・・
参加費用は10万円!・・・とか^^;)

ここまで多いと、スピリチュアル行為は
社会悪だな~なんて思ったりもします。


パチンコにハマって、実生活がままならなくなる状態・・・
これを『ギャンブル依存症』という精神疾患とするのであれば
スピリチュアルにハマって実生活がままならない状態を
『スピリチュアル依存症』としてもいいのではないでしょうか?

スピリチュアル依存は、自覚がないまま現実離れしてしまうので
ギャンブル依存症より質が悪いかも?しれません。







『スピリチュアル依存症』

パチンコもほどほどに遊んでいるうちは結構楽しいのですが
スピリチュアルな摩訶不思議現象もほどほどに楽しんでいるうちは
ワクワクしたりします。

しかし、厄介なのが摩訶不思議な非現実的な事象にどっぷりハマると
実生活でも、非現実的な過ごし方をしてしまう所でしょう~

たまたま、先祖供養を始めたり加持祈祷をした後に
良い事が起きたりして、それが続くと自分の思考はどうなるか?

嫌な事が起きたりすると
先祖供養をしていないからだ!
祈りを捧げに神社やお寺に行かないからだ!と思ってしまうんです。

バカバカしい!と普通ならそう思いますが
そんな風に思えなくなってしまうんです。


良い出来事、嫌な出来事を現実世界から切り離して考えてしまうわけです。
良い事は神様がしてくれている事・・
悪い事は悪霊や因縁がしている事・・と。

常に快楽を求める我々にとって
良い事=快楽を満たす事・・としてしまえば
自然の法則的には、後々の苦悩を求めている事になるんですけどね~
まぁ~実際に後々そうなるんですけど・・

こんな生活を続けていると普通は、そのうち気づくものですが
どっぷりハマってしまう人の殆どが強迫観念に苛まれて
現実世界から日に日に遠ざかってしまうのです。

嫌な出来事が起きる度に、信仰心が足らないからだ・・
と、そう思い続ける事で信仰を止めてしまうと、怖い事が起きるのでは?と
思ってしまうわけです。

要するに・・・
先祖供養をすれば救われる=先祖供養をしなければ嫌な出来事が起きる
と、霊能者の方々が相談者の心にそう植え付けているわけです。

もうこうなると、霊能者は神の使いではなく悪魔の化身ですよね。w
(私も魔物とか言われてますが・・^^;)

嫌な出来事が起きる度に
先祖からの因縁や悪霊、土地因縁のせいにしていれば
嫌な出来事に対して、自分を省みる機会を失ってしまいます。

せっかく大自然から与えられた
自分自身を成長させる為のきっかけを
台無しにしてしまうわけです。


そもそも、悪霊や土地因縁などに縁があること事態
自分自身の不徳のせいなのですが
自分の不徳を差し置いて
完全に目に見えない存在のせいにしているので
自分自身を省みて自己改善しなくなり
自分の成長を完全にSTOPさせてしまうわけです。


もともとスピリチュアルな世界にどっぷりハマる人は
普段から嫌な出来事を
誰かのせい、何かのせいにしている傾向が多いので
霊的な事を言われてガッツリ納得してしまうわけです。w

普段から自分を省みる事ができる人は
霊的な事を言われても気にならないモノなんです。
何でも霊のせいにしてはいけない事を理解しているし
また、普段からそんな縁がないんですよね~

冷静になって考えれば
こんな状態で、良い出来事が起きるわけがないと
普通は気付けるのですが・・・
摩訶不思議現象を体験するとなかなかそう思えないので
どっぷりハマってしまうのです。

気付けば、現実に起きている出来事は
全て目に見えないものたちのせいにして
社会に適合できなくなってしまいます。

だって、見えるし聞こえるし臭うし・・ね~・・・^^;)
私も経験しているので、その気持ちはよくわかるのですが
そうなってしまっている原因は、自分の中にあるので
それに気づけるまで、永遠に続き最悪の人生となってしまうわけです。



極度のスピリチュアル依存は現実世界が全くわからなくなります。
思考と現実が切り離されてしまい
『思考が全て』となってしまうわけです。
自分の実際の言動が認識できなくなるので
やっているつもり、出来ているつもり、になってしまうのです。

メールが届かないのは霊の仕業だ!なんて人もいます。
実際にはアドレスが違っていたり
迷惑メール扱いになってたりするんですけどね。w

目の前にある現実を理解する努力が欠如し
理解できない=摩訶不思議現象と位置づけ
摩訶不思議現象=目に見えない存在がしている事と
瞬時にそう判断してしまうわけです。

で、自分に都合の良い事は神々がしている事で
自分に都合の悪い事は悪霊がしている事・・・
いや~・・・マジで馬鹿げていますよね。w


スピリチュアル依存症の酷い人は
実際には毎日10時に起床しているのに
毎朝6時に起床していると思っていたり
人間嫌いで他人と話す事すら億劫なのに
他人を思いやり常に親切に接していると思っていたり
相手が嫌がっているのに、喜んでいる・・
食べているのに、食べていない・・
寝ているのに、眠れない・・
月に1回運動しているだけなのに
毎日運動している・・・
極端な人では
ニート生活を続けているのに
毎日仕事に行ってしっかり働いていると思い込んでいる人もいます。


一番厄介なのは『つもり現象』です。
自分を犠牲にして他人に尽くしているつもり
多くの人の幸せを願っているつもり
多くに感謝しているつもり
な、人です。
自己改善する為に一番重要な言動を
常にしていると思い込んでいるので何ともならんわけです。

私は、こんなにも沢山の人に自らを犠牲にして尽くしているのに
どうして、こんなに辛いんだ!!と・・

心から他人に尽くす事ができれば、それだけで幸せです。
多くの人の幸せを心から願う事ができれば、それだけで幸せです。
多くに心深く感謝できればそれだけで幸せなのですが
辛く苦しいと、言うわけです。w

ようするに、実際には
他人に尽くせていないし、他人の幸せを願ってもいない
多くに感謝もしていない事が、理解できないのです。

なぜ?理解できないのか?は
現実が見えなくなっているからです。
自分自身の妄想の世界に浸ってしまって
現実がわからなくなってしまうわけです。

事象は現実世界で起きていて
自分の思考は妄想の中にあるので
目の前で起きる出来事の辻褄が合わなくなるわけです。


思考が現実から切り離されると
毎日ダラダラ生活している事に対して
家族が『いい加減にしろ!』と怒ったとしても
本人は、毎日仕事に行っているつもりなので
『どうして、こんな酷い事をいわれなければならないんだ!』
と、そう思ってしまうわけです。

私の所へは、周りから酷い事を言われ続けて辛い・・という
相談内容になるわけです。


もともと私は、言葉や態度は信用しない
ひねくれ者なので、問題ありませんが
普通に生活していれば、周りの人は呆れかえるだろうし
関わりたくない人になってしまいます。
そして当の本人は、周りから見捨てられたと自覚し
毎日が辛く苦しいものになり
誰も私を理解してくれない・・・と、なるわけです。

まぁ~自己を省みず、周りを理解しようとしていないので
当然の結果なんですけどね~

もう、ここまでくるとスピリチュアル依存症っていう
精神障害でいいと思いません?

こんな人がたくさんいるんです・・・



嫌な出来事を誰か何かのせいにしたり、言い訳ばかりしていると
誰しも現実が見えなくなるものなんです。
赤信号を青信号だと思ってしまって事故を引き起こし
相手を責める状態と同じなわけです。
どうして青信号で進んだ私が罰せられるんだ!となります。

真実という現実が見えなければ
何をしていても、うまく行かないのは当然なので
しっかりと、五感で感じる現実を見つめて欲しいものです。


また・・
霊に憑かれる⇒除霊する
これを繰り返すと、どんどんと強い霊に憑かれる事になります。
それでも、続けていると自分の霊感がどんどん強くなります。
で、人に憑いている霊が良く見えるようになり
そのうち、霊と話が出来るようになります。w

そこまで行ってしまうと除霊している霊能者に
『私は神に選ばれたんだ!』くらいに言われて
本人もそう思い込み
霊能者としてデビューしたりするわけです。w

実際にこんな人、結構いるんじゃないでしょうかね?w

私は、これが霊能者の正体だと思っています。w
霊能者の方に過去に辛く苦しい事はなかったか?
聞いてみるとほとんどがYES!でしょう~!
毎日毎日HAPPYな人は、強い霊感など必要ないですし
そもそも普段から多くの人に尽くしているので
神々から『世の為人の為に尽くしなさい!』なんて言われないんです。

極度の現実逃避を続けると
誰でも霊能者になれるんですよね~!(☆_-)

まぁ~私がそうだからって同じにするな!って言われそうですが^^;)


とりあえずは、霊的な苦痛が起きた場合は
まずは、自分を省みる事をおすすめします。
その為の出来事ですからね~

そして、本物の霊能者を探して、はしごしていたら要注意です!
本物の霊能者なんて何処にもいませんから!w












『貴方は悪霊に憑かれている!』
辛く苦しい現実に直面し、心身が疲弊してしまっていると
何とかこの苦境から脱したい!とそう思い
誰か何かに頼りたくなるものです。

ついつい占いなどスピ系な所に足を運んでしまうのは
現実問題何をどうしたら良いのか?分からなかったり
背中を押してもらいたかったりするからなのでしょう。

しかし、スピ系な所に答えを探した所で
現実離れした事しか言われないのがオチなんです。w
ただ、そこにヒントがあったりもするわけで
全てがNGなわけでは、ないでしょう。

で、しっかり落ち込んでいる時に
『強力な悪霊に取り憑かれている!』
なんて言われると、不安が絶頂に高まります。w
どうしたら良いのか?わからず
ガッツリのめり込んでしまうのも仕方のない事なのかも?しれません。

『そうか!今まで嫌な事が続いたのは悪霊のせいなんだ!』
と、そう思い込み
気付けば、目前にある全ての辛く苦しい現実が
悪霊や因縁のせいになってしまうケースもまれです。w

誰しも自分は正しい!と思いたいですからね~


とは言え、悪霊なんて事気にするな!と、いくら言われたところで
やっぱ気になりますよね~
気にならない人の方がおかしいと思います。
私も、気になって気になって仕方ありませんでした!w


で、そんな体験を沢山した私に言わせると
自分を苦しめる霊もいるし、因縁もあるでしょう!

が、しかし!!

そんな霊に憑かれるもの
そんな因縁に苦しめられるのも
全て自分自身の生活態度に原因があるわけです!
自らの不徳がそんな縁をつくっているわけです。

自己の生活態度に原因があるのであれば
自己の生活態度をあたらめる事で霊は離れて行き
心身は軽くなりします。
そう言った場所への縁もなくなりますし
嫌な出来事も自然となくなります。

従って、いくら除霊した所で一時的な改善しかならず
根本的には意味のない事だったりします。

除霊を繰り返した結果、自らが生み出した想念が
霊となって、自身を蝕んでいる方もたくさんいらっしゃいます。
(これは、除霊する側、される側、両方に当てはまります。)

毎日毎日、自分で悪霊を製造していれば
そりゃ~しんどいですよね。
そんなモノだれも除霊できないので
強力な悪霊とか怨念とか言われてしまうわけです。w

自分を省みる事を怠った結果なので
当然、目前の現実も空回りするわけで
辛く苦しい毎日を過ごす事になる・・・
自業自得とは、よく言ったものです。


引っ越した場所に悪霊がいる!
重い病気で亡くなった人の怨念がある!
土地因縁があると言われた!
などなど・・そんな相談が後を絶ちません。

これらの縁も自分自身の不徳が原因なわけです。


もう、心霊相談を犯罪として
扱ってしまえばいいんじゃないか?思うほどです。w
宗教も犯罪にしてしまい
日本では『道徳』を主に心のケアをすればいいのでは?

過去の歴史に、宗教への弾圧が幾度となくあったのは
こういった理由があったからなのでは???
現代の宗教を怪しい集団とする風潮は、そんな警告では?
・・・・なんて、思ってしまいます。











『霊能者に見放された』

霊能者に見放されて霊的な所に頼る所がなくなった・・・
という相談もけっこうあります。

霊的な事で頼りにしていた相手に見放されると
もうどうしたらいいのか?解らなくなりますよね~

私もガキの頃、悉く断られました。w
『貴方に憑いている霊は、強すぎて何ともなりません!』
『貴方に憑いている霊を除霊するのは命がけなんです!』
『貴方の霊を除霊できますが、私の命が亡くなるでしょう。』
さすがに、連続してこんな事を言われ続けると
高いお金を払って断られる事が馬鹿らしくなるのですがw
実際に霊的苦痛がなくなるわけではないので
途方に暮れる気持ちは良く理解できます。




私の所に相談に来た方で、護摩法要の前に帰された人もいましたね~
理由は、『貴方が参加すると他の参加者の具合が悪くなる』からだそうです。w

実際に除霊をして、除霊した側が寝込んでしまったという相談も多々あります。
私自身も経験があるのですが、当時は
そこまで強烈に悪いものを背負っているのか~・・と落胆し
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいだった事を記憶しています。

でも・・
霊に憑かれる原因を無視して、人に憑く霊=悪霊とし
除霊を繰り返していれば、誰だって具合悪くなるものなので
今思えば、たまたま自分の番で具合が悪くなっただけなのか?
または、自分の現実と連動した霊が憑くものなので
自分を省みない私の性格と除霊者の霊=悪と決めつける所が
たまたま同調しただけなのだと、そう思う事ができます。

要するに、除霊する側も霊的な事に囚われ過ぎ
すでに自己崩壊している人が多いと言う事です。


私自身、過去に霊に憑かれる仕組みが知りたくて
心霊スポットで瞑想なんかをし続けた経験があるのですが
霊に憑かれるのは自分自身に問題がある事を知りました。
(結構ヤバイ体験でした。^^;)
除霊行為など全く必要なく、至らない自分に気づき改善できれば
自然に憑いている霊は、勝手に離れて行きますからね~


なので、悪霊をゾロゾロ連れて周りに悪影響を与えている!
なんて言われても気にする事はないと断言します!
だって、霊に憑かれる側に問題があるんですからね~

どんな悪霊だろうと心を磨けば霊の影響など皆無なんです!
心霊スポットでお店を初めて、繁盛店にする事も可能です!


私の場合は、存在自体を否定された事があります。
『こんなに強い悪霊を背負っていると、居るだけで周りに悪影響を与えます!』
なんて、断言されたんです。w

当時の私は、かなりショックだったのを記憶していますが
今思えば、当然の事のように思えるのです。

だって、当時の私は社会的不適合者でしたからね~
そんな人間は、社会にとっては存在するだけで周りに悪影響でしょ?w
なんでもかんでも霊や因縁のせいにして
人として、やるべきことをしないんですからね~

いや~よく改心できたと自分を褒めてやりたいです。w

ようするに全ての霊的現象は
日々の生活態度と連動しているわけで
切り離して考えるからおかしくなるんです。

霊に苦しめられる=それ同等の事をしている。




現実は鏡と言いますが、私はその通りだと思っています。
自分が今、辛く苦しいのであれば
それだけの事を自分がしてきた事になります。

そんな事はない!と殆どの人がいいますが
ルールを守っていればいいという勘違いに過ぎないと
私はそう思うわけです。

多くの人が社会の為に尽くしながら生活している中で
自分はただ、ルールを守っているだけで
社会の恩恵を受けている・・・
社会の恩恵を受けているのに感謝すらしない・・
水道の蛇口をひねれば水が出るのは
当たり前だと思っているわけです。

チームとして働いていないのに
チームとしての恩恵を受けているわけですから
そりゃ~嫌な出来事が起きてもしかたないでしょ?
ただ、居るだけで良い事があるわけないんですよね~
人生そんなに甘くないんです。w

目前の現実を改善したいのであれば
やっぱ、社会に貢献しないといけないんじゃないですかね?
多くに感謝し、多くに尽くす事が
どんな人の人生にも必要不可欠な事のように感じます。
それをしなければ、どんな人も辛く苦しい現実を突きつけられる・・・


私自身、そんな生き方に変えただけで
全ての現実が好転したので、皆さんにもお勧めしている次第です。^^)
貢献度は自分じゃ決められないので
具体的に何をどう貢献したのか?という結果が周りから必要です。

自分の貢献度は、目前の現実が教えてくれるので
自分の思い込みの貢献では、逆にありがた迷惑だったりする事もあります。w

『一週間つづけて何も好転しないけどどうなってるんだ!』と言う人もいましたがw
自分の現実を好転させたいがために他に尽くしているうちは
どう足掻いても現実は好転しないので、ここが難しい所ですかね~
でも、自分の本心を見つめる訓練になります!

また、自分でちゃんと貢献できているのか?を模索する行為自体も楽しいものなので
やり続けて無駄になる事はないでしょう。






霊能者の言葉に惑わされるな!その1 - 修行バカの懺悔道
















※相談メールでアドレスの記載が間違っている方がちょくちょくいらっしゃいます。
(半角大文字小文字などもご確認ください。)
また、携帯電話のメアドでPCからのメールを拒否設定している方も多いです。
アドレスが違っていたり拒否されると、コチラから返信できないのでご了承ください。
だいたい遅くても2週間以内には返信しておりますが(相談メールに限り)
それ以降も返信がない場合はアドレスの記載をご確認ください。
GmailやYahooメールの場合、迷惑メールBOXに入っている場合もあります。

霊能者の言葉に惑わされるな!その1

霊能者に〇〇と言われた・・
〇〇が神のお告げだと言われた・・
など、自分では何とも確認のしようがない言葉を告げられ
不安になってしまう人の相談が相変わらず多いです・・

結構な金額を請求されて困っている人も多いですね~
そもそも霊感商法って言う犯罪なんですけど
被害届が出ない以上、犯罪にならないので
こんな事態が社会現象化するんでしょう~ね。

自分が犯罪を犯しているという自覚がないまま
請求している人を信用する事態、愚かな事なのですが
そんな自分だから
スピリチュアルな世界にどっぷりつかってしまうわけです。

かく言う私自身も霊的苦痛に悩まされて来たので
その言葉を信じ切った愚か者の一人です。w

なので気持ちはとても良くわかります。
未知の世界の探究は結構楽しいですし
五感で感じない世界は確かにありますしね。

私は『信じる者は救われる』
この言葉の意味を履き違えて
その世界に愚進してしまいました。w

宗教に依存し、他力本願に邁進する事で
最終的に自力で人生を歩む必要性を学んだわけなので
別に後悔はしていませんが
冷静になって考えれば、誰でも解る事に気づけない自分に
落胆したのは、否めません。w
自分を省みる事ができなかったので
その世界から脱する事が、なかなかできませんでした。

なぜ?自力で生きる事を選択できなくなるのか?
と、考えると、楽をして快楽が満たされるからでしょう。
神々に祈りを捧げれば、願いが叶ったりするわけですから~
現実的な努力を怠り、願いが叶うなら
誰しもそうするでしょう~!

実際に私もそんな体験を沢山してきましたしね。
『奇跡だ!』『救われた!』とか思っちゃうわけです。w

が、しかし!
世の中は、そんなに甘くないわけです。
冷静になって考えれば解るん事なんですけど
そもそも、煩悩に思考を操られた状態なので全く気づけないわけです。w

楽をして得たものは、やはり最終的には
何倍にもなって支払わされるので
ほどほどにいた方がいいでしょう~ね。






で、霊能者に言われた事が気になっている方々の為に
私が実際に体験してきた事なんかを記してみたいと思います。







『先祖供養をすれば救われる』

本当に救われるのか?
そもそも、救われるとはどういった状態なのか?

一般的には、苦悩から解放される事なのでしょう。

しかし、この言葉を初めて告げた人は
恐らく先祖を敬う心が芽生えた時に
自らは救われると伝えたかったのだと思うわけです。

ご先祖様のおかげで今の自分がある事に
心深く感謝できれば、自分自身はそれだけで幸せですからね~

ご先祖様に感謝できれば、先祖供養したくなるものです。
また、その感謝の思いが自らを守護してくれる・・・
ご先祖様が守ってくれるわけではなく
ご先祖様を想うエネルギーが自らを守ってくれているのだと
私はそう感じています。


でも煩悩まみれの我々は
ここでも自分に都合よく解釈をしてしまうわけです。w
先祖供養をすれば、良い事が起きる!
先祖供養をすれば、苦悩から解放される!
先祖供養をすれば、悩みが解決する!
と、解釈して先祖供養に励むわけです。w

ご先祖様に守ってもらいましょう!・・と・・

冷静になって我を振り返ると、ウケますね~w

私自身も霊的苦悩をなくす為に
ご先祖様に守ってもらおうと必死に先祖供養をしましたよ。w
先祖を敬う気持ちなど、皆無でです!w

で、実際に先祖供養をしていると良い事が起きたりします。
マジか!こんな奇跡が起きるのか?
などと思った事のある方もいらっしゃるのでは?


私は、先祖供養をする時に唱える経典には
邪気を浄化する力があると思ってます。
なんとなく清々しい気持ちになり心が落ち着くのは
自らの心身の穢れが多少なりとも浄化するからだと思います。

負のオーラいっぱいの私が
先祖供養をする事で、若干穢れ軽減されれば少しは縁が変わるでしょう。
少しは、良い事があるのも当然かと思いますが
負のオーラを創り出す本質は何も変わっていないので
そのうち、先祖供養が止められなくなってしまいます。w

先祖供養をする→良い事が起きる→
良い事が起きなくなる、もしくは悪い事が起きる→もっと先祖供養をする→
良い事が起きる→・・・
という、自己の成長を完全停止させる最悪の循環人生が始まるわけです。w


長時間先祖供養に費やす時間と労力を
誰かの為に使えば、簡単に人生は好転するんですが
自分の不徳に気づけない愚かな私は
せっせせっせと、先祖供養に励むわけです。

そして思うのです!
先祖供養に救われた!・・と。w

厳密に言えば、先祖を敬う為にしていないでの
先祖供養でもなんでもないんですけどね~w


いや~自分のしてきた事を思い出すと笑えて来ます。wwww
アホの極みなのですが
当時の私は、真剣に取り組んでいましたね~w

まぁ~おかけさまで
今では、ちゃんと先祖供養を出来るようになったので
そんな体験も必要なのかもしれません。

自らを省みる事を怠ってきたので
心が幼稚園児のまま停止していたわけですから
仕方のない事でしょう。w









『魔が差す。邪魔が入る。弾かれる。』

除霊や加持祈祷、宗教的な行為を断ると
『魔がさした』とか『邪魔が入った』とか『弾かれた』とか
言われた事のある人もいるのではないでしょうか?

自分に憑いている魔物がそうさせいるんだ!
などと言われれば、チョ~不安になりますよね~

私も何度も言われました。w

私の場合、憑依現象に悩まされていたので
私に憑く霊=悪霊=魔物だと思い込んでいたので
簡単に信用してしまいました。^^;)

なので、そんな事を言われるとマジで不安になったし意地になるわけです。
これ以上しんどいのは嫌なので
無理してでも、時間を作って大金を払った記憶があります。w

で、因縁消滅祈願や除霊浄霊、加持祈祷などをすると
またしても奇跡が起きるわけです!w

もう~間違いなく神様は存在する!
そして、神事を続けていれば私の人生は安泰だ!
くらいに思ってしまうわけです。w

自分の未来は自分が創るものだと言う事を
完全に自らの思考から削除してしまい
信仰にどっぷり浸かってしまうので
もう私が私自身ではなくなっている事に全く気づけない・・・

もう、ここまで来るとバカとかアホのレベルではなく
自分自身が何かに取り憑かれている感じですね。w
地に足がついていない状態です。
自分の人生を自分で歩めないのです。
いやはや、恐るべし煩悩!!


そもそも、どんな人も常に守られているわけで
辛く苦しい現実が目の前にあるのは
ただ単に自分が至らないだけなわけです。

神道的に言えば
苦悩は至らない己の為にあり
神々からのありがたいメッセージと言う事になります。



今まで社会に尽くしたことがどれくらいあるか?
今まで他人様に尽くしたことがどれくらいあるか?
今までどれだけの事に感謝し、それを行動に表してきたか?
と、我を振り返れば、苦悩に直面している人は
徳のない自分に気づけるはずですが
霊能者も商売なので、現実的な話ではなく
しっかりと霊的な話をするわけです。
相談する私もそんな話を求めているので
ビジネスが成立するわけです。w


徳がないから嫌な出来事が起きているのに
徳を積まずして、祈祷などで改善させようとする愚かな行為を
しようとすれば、守護神守護霊様たちが、止めてくれるのも頷けます。
しかし『魔がさしている!』と言い切られると
そんな事など思いもつかなくなるわけです。

そもそも、初めから自らの苦悩を
先祖の因縁や悪霊のせいにしている自分がいるわけなので
冷静に考えれば、どちらが魔物なのでしょうか?w


まぁ~こんな事ばかり言っているので
霊能者と言われる人達から
私は、魔物扱いされるんですけど
自分が神であれば、私は魔物ですよね~w


なので、悪とは自分が生み出すものに過ぎない事を
知っていた方がいいかも?しれません。

全てを善と思えば、素晴らしい毎日になると思うんですけどね~











『先祖の因縁を消滅しないと不幸になる』


先祖からの因縁については、以前から色々記してきているのですが
相変わらず、このテーマの相談が多いので再度記させて頂きます。


まず、先祖からの因縁のせいで辛い出来事が起きる
・・・と言うのは確かにあると思います。

先祖からの経験値は子々孫々と受け継がれており
先祖の経験が子孫に影響を与える事はごく稀にあると思います。
自分自身の性格も、先祖の経験に基づいいて創られているわけです。

また、遺伝が隔世すると言われていますが
確かに両親より祖父母の性格を強く受け継いでいるようにも感じるので
家系図をつくり、自分に影響を強く与えている先祖を
スポットで供養する手法も理に適っているようにも思います。


ただ、先祖からの経験値が自らの性格を創っているに過ぎないので
その性格が日々の生活態度を生み出し
その繰り返してきた生活態度による経験値が
自らのエネルギーを創造する。

そして自らが創り出したエネルギーが目前の現実を引き起こすので
目の前にある辛い出来事は、自分自身の日々の生活態度によるものだと言う事になります。

先祖から受け継いだ経験による自己の性格=
自分自身の生活態度=目前の出来事=先祖からの因縁と言う事でしょう。

従って、常に自分自身を省みる事で
目前の現実は、どうにでもなると言う事になります。

今、辛く苦しいと思っている出来事も
勉強になる!ありがたい!成長できる!と思う事ができれば
何一つ辛い出来事ではないわけですしね。

免疫学の医学博士の先生がおっしゃっていましたが病気は遺伝しないそうです。
性格が遺伝する為に、同じような生活習慣になってしまい
同じ病気になるとおっしゃっていました。

目前に起きる辛い出来事も同じ事が言えるのではないでしょうか?





先祖からの因縁とは何でしょうか?

先祖が人に恨まれるような事をして
その恨みが子孫に影響を与えている・・とか
先祖が何か罪を犯し
その償いを子孫がする羽目になっている・・とか
一般的には、そんな事を言われています。


要するに、先祖から受け継いだ恨みの念を浄化する事が
先祖からの因縁を供養する事、因縁消滅などと言われているのですが
本当にそんな事をする意味があるのだろうか?
と、私はそう思うわけです。

ご先祖様が他人様から恨まれるようなことをしてしまう性格を
自分自身も受け継いでいるわけで、その自分の性格が先祖の因縁と
波長があっているだけに過ぎないと私はそう思っています。
従って自己改善が出来なければ、高確率で新たな因縁を自分が創り出す事になります。

私自身も先祖からの因縁が強烈すぎるとよく言われてきました。
子々孫々と不幸街道まっしくらだ!くらいの事を言われましたね~w
先祖からの因縁消滅についてどれだけお金を使ってきたか?わかりません。
因縁消滅の祈願、供養、加持など・・あらゆる事をしてきました。
その度に、心が浄化したような気持ちになり
一時的に改善したように思うのですが、時と共に元に戻ってきます。

供養や祈祷した本人に相談すれば
『他にも因縁があったようだ・・再度供養が必要だ!』とか
『道を切り開くきっかけを作ったのに、貴方が先祖供養を続けないからだ!』とか
『因縁消滅の祈祷後も、マメにここに通わないからだ!』
『そんなすぐに改善するわけがないでしょ?しっかりと先祖供養を続けなさい!』
などなど・・
今思えば、明らかにいう事が変わっているのに全く気づけませんでしたね~
因縁消滅の加持祈祷をすれば救われると言っていたのに
適当な言葉で誤魔化されてしまうわけです。
でも、当時は、真剣に聞いていましたね~w

結果が得られないと、また違う霊能者に相談に行ってお金を使いました。w
全くもって煩悩まみれで狭い視野でしか判断できなかったわけです。w


結構色々な因縁消滅プランを実行しましたがw
結果として、一時的な改善しか得られなかったですね~
よくよく考えると、自分自身を省みる行為を怠り
嫌な出来事は全て、先祖からの因縁のせいにしてるんで当然の結果なんですけどね~w


『俺が辛いのは、先祖のせいだ!』
『先祖が悪い!』
『お前のせいだ!』
『なんとかしろ!』
という本心を隠して
先祖を敬うフリの自称先祖供養を繰り返していました。w

第三者の目かでみれば
『頭おかしいんじゃないの?』
『悪いモノに取り憑かれているんじゃない?』と
思われても仕方ない行為を繰り返している事に
全く気づけませんでしたね~

『霊が見えない奴には解らないんだ!』
と、そう思っていました。w


いや~自分で書きながら笑えて来ます。w
自己中に生きると、ホント何も見えなくなるんですよね~・・・





本当に先祖からの因縁を断ち切りたいのであれば
まずは、生活態度を改める事であり
自分自身の性格を改善する事なんですが
なかなか簡単にはできないでしょう~ね。
血の記憶は、自分の意思で簡単にコントロールできませんからね~

ただ、自分の力で先祖からの因縁を消滅する方法はあります。
私自身が体験した事をしるしてありますのでご覧ください。
http://tenna-jp.hatenablog.com/entry/2016/09/21/174748





去年、急に高熱が出て歩けなくなったという相談を受けた事があります。
その方の両足は、血の滲んだ鱗ような模様が出ており
普通に歩く事もままならない状態で、ジンジンと痛むとおっしゃっていました。
病院に行っても原因不明だと言われ2週間が過ぎ、相談を頂きました。

霊視すると神社の障りのようなのですが
突然それが表れるのもおかしいと思い
誰か血族が亡くなっていないか?と伺った所
母の姉妹が亡くなった翌日から痛み出した事がわかりました。
その亡くなった方も、歩く事ができなかったようです。

まさしく先祖からの因縁が受け継がれた事態です。

神社の障りのようなので、神々を粗末にしているとか?
心当たりがないか?と伺ったら
神様のお世話はしっかりとやっているし
怖くて粗末にできないとも言っていました。

仕方ないので、映像で見える場所に車を走らせ
目的の神社に着くと、そこはその方の本家のある地域の氏神様を祀っている神社でした。
お参りしていると、言の葉が色々入ってきましたが全無視しておきました。w
そんなモノに依存してしまうとろくな事がないですからね~

神々の障りは感謝を忘れた時に起きる事が殆どなので
普段の生活の中で感謝すべき事をひとつひとつ思い出して頂き
この先の人生で感謝を忘れないようにする事を誓いました。
この神社に定期的に感謝の意を捧げに足を運ぶのもいいでしょう・・
自分を省みるきっかけになりますしね・・と、そんな話をしました。

帰りには、足が軽くなり、三日後には完治したそうです。
私は何もしていません。
ただ、感謝するように話をしただけなのです。
たったこれだけの事で、先祖からの因縁が一つ消滅したわけです。

私は、このような出来事を何度も経験しているので
因縁消滅の祈願や供養、加持祈祷は必要ないと思ってしまうわけです。


先祖からの因縁の影響で辛く苦しい現実があるのなら
自己を省みて、自己改善する必要があるという事なんでしょう。

そのありがたいシグナルを供養や祈祷で消滅させてしまえば
自己改善する事ができなくなるので
今度は、自分自身の手で新たなる因縁を創り出し
自分の子孫から『お前のせいだ!』という罵声供養の仕打ちを受ける事になるでしょう。
死んでから子孫に恨まれるなんて、最低ですよね。w

また先祖がどんな行いをしようが
敬う気持ちを持てる人になりたいものです。
それこそが、慈愛の心なのではないでしょうか?

そもそも私たちは、どんな人も、誰しもが、生まれた時からすでに幸せであり
その事にただ気づいていないまま人生を過ごし
そして、自分の人生の中で真の幸せに気づくように出来事が起きている。

従って、先祖からの因縁を消滅させた所で
幸せになれる訳がないのです。


先祖からの因縁の法則は色々あるので機会があればまた記しますが
自分の人生は、自分の力で切り開くものだと言う事を忘れないようにしましょう。


ちなみに私は、因縁の深い血を背負った事に感謝しています。
理不尽な現実に鍛えられ、今の自分がありますしね。
逆に徳の高い先祖ばかりでは、甘っちょろい自分が想像できてしまい
そんな人生は嫌だなぁ~なんて思います。

いずれにせよ、辛く苦しい出来事は、己を省みろ!という
シグナルだとそう受け止めた方がいいでしょう~














まだまだ、つづきます~♪


霊能者の言葉に惑わされるな!その2 - 修行バカの懺悔道

日本人で良かったと思う理由

私の携帯の着メロは君が代なんですが
国歌が流れる事で、たまに嫌な顔をされたりします。
右翼?とか?聞かれたりもします。w

祭日とか国旗を掲げようとすると
やめて~!とか言われたりもします。

なんでやねん!とか思ったりするのですが
愛国心を前面に出すと怪しい奴・・とか
思われたりするのも否めない事実でしょう。

でも、本心では、日本人で良かったと思っている人は
とても沢山いる事を私は知っています!(☆_-)



時に私が日本人で良かったと思う所なんぞを記してみます!



その1
天皇陛下 万歳!』

私は昔、天皇陛下なんて必要ないでしょ?くらいに思っていた事があります。
(今では、なんと不敬な事を考えていたのだと深く反省しております。m(_ _)m )

理由は簡単です。
天皇陛下の存在が、私自身の快楽を満たしてはくれないと思っていたからです。
ようするに私に贅沢をさせてくれる存在ではないと思っていたんです。
天皇陛下がいなくても、今の生活は何も変わらないだろう~
ならば必要ないのでは?と、思っていましたね~

天皇陛下の事を知ろうともせず
ただの思い込みで全否定するという愚者の極みだったわけです。
最低~な人間ですよね。^^;)

象徴とはなんぞや?と言う事を誰も教えてくれなかったですしね~


密教神道の修行を経て『祈る』行為の重要性を学んでからは
我が国日本は、天皇陛下の存在があって初めて成り立っている事を知りました。


他人の幸せを心深く願い祈りを捧げる事ができれば
その時点で誰しもが幸せなんです。

自分の事がちゃんとできていないのに
他人様のことなんて・・・
と、思うのが普通ですが
実際には、他人様の事をちゃんと想いやる事ができないから
自分の事がちゃんと出来ないわけなんです。
無意識に真逆の発想をして
物事が空回りしているのが人の性なのかも?しれません。

自分が幸せでなければ、他人を幸せにさせる事はできない・・くらいに
思っているうちは、理解できない事だと思いますが
偽善だろが、常に多くに感謝を捧げ、多くの人を願う祈りは
自分自身を大きく成長させてくれます。

いくら多くの人々の幸せを願っても自分自身の快楽は満たされないので
自分自身が快楽を求めている以上
なかなか、出来る事ではでないのですが
私たちの代わりに陛下が、毎日、世界中の人の幸せを願い
祈りを捧げて下さっているわけです。

世界中の人々の安寧を願い尽力する事が日本の心であり
世界中の人々の幸せを心深く願う行為が自らをも幸せにし
その行為自体が、日本の象徴そのものなんだと
私はそう思っています。

要するに天皇陛下は我々日本人のあるべき姿の
お手本と言う事になんでしょう。



実際にやってみないと解らない事だとは思いますが
毎日毎日、多くの人の幸せを心深く願い祈りを捧げていると
視野が広くなり、目の前にある現実の意味が良く理解できるようになってきます。

我々のご先祖様は、その事を良く知っていたのでしょう。
大和魂という日本を代表する言葉があるように
多くの人の幸せを願うのが日本人と言う事なのです。

国のトップが、毎日世界中の人の幸せを願い祈りを捧げている国が
世界にどれだけあるでしょうか?

天皇陛下が日本の象徴であるという意味を
我々国民はもっと深く知る必要があるように感じています。






その2
『日本神道

日本には八百万の神を祀り
全国に数万社の神社があります。

新しい年を迎え、初詣に行く人も多いと思いますが
この初詣にいく神社の共通教義は
我々日本人のあるべき姿だとそう思っております。

大和魂を持つ我々日本人は他の宗教をも受け入れます。
この世に存在するすべてが神々の思し召しなので
何ひとつ否定するものなど存在していないのです。

経験値が違えば、価値観が異なるのは当然の事で
価値観が違えば、様々な考え方があるのは当たり前なので
それらを否定せず、受入れる事で
自らを進化成長させるという教えです。


神道では、自然を神とします。
仏教などでは、観音様、お不動様など偶像崇拝しますが
日本神道には、崇拝する偶像がありません。
自然そものもが神ですからね~

全ての自然現象は神々がしている事となり
目前の現実は、全て神々がしている事とします。
従って何一つ否定批判する事は許されない・・
目前の現実を真摯に全て受け止め
自らを改善する行為を人生の中で繰り返すわけです。

この行為を続けていると
自分自身はどんどんと成長して行きます。

これが日本人の心でしょう。
日本の剣術、武術、柔術などにもしっかり表れていますし
サムライスピリッツも、本質は同じですよね~

自分の魂を磨き上げるには
全ての現実を受け入れて、その意味を知る事だという教えです。


神社共通の『敬神生活の綱領』という教義があります。

『敬神生活の綱領』
一 神の恵みと祖先の恩とに感謝し、明き清きまことを以て祭祀(さいし)にいそしむこと
一 世のため人のために奉仕し、神のみこともちとして世をつくり固め成すこと
一 大御心(おおみこころ)をいただきてむつび和(やわ)らぎ、
国の隆昌(りゅうしょう)と世界の共存共栄とを祈ること

ここに記してある事は、簡単に言うと
1、全てに感謝する事
2、自分以外に与え尽くす事
3、世界中の人々の幸せを願う事

これが出来れば、その時点で誰しもが幸せになれる事を私は学びました。

なかなかできる事ではありませんよね。^^;)
誰しもが
心から感謝する事なんて出来ないし
周りに与える事より、自分が得る事を優先する・・
また、他人の不幸は、見て見ぬふり・・
だと思います。
だって、いくらそんな事をしていても
自分の快楽は満たされませんからね~

快楽を満たす事が幸せだと思っている以上
仕方のない事だと思います。

なので、なかなか幸せを掴む事ができないのですが
自分自身が幸せになる為に必要不可欠な
大自然の法則が明記されているわけです。

いくら快楽を求めても
何人たりとも幸せにはなれませんよ!と言う事が教義なわけです。


凄い!と思うのは私くらいですかね??^^;)






その3
『日本という国名の由来』

日本という国名について色々な解釈があるようですが
私自身は神道的解釈によるものではないか?
と、そう思っております。
(あくまでも私がそう思っているだけなのですが・・^^;)

私たちは、太陽がなければ生きる事ができない世界で生活してます。
地球上のあらゆる存在が太陽の影響を強く受けているわけです。
言い換えれば、太陽の恵みあって我々は生きる事ができる。

神道の中枢は伊勢神宮なのですが
ここには太陽神の天照大神が祀られています。
地球上のあらゆる自然現象の象徴と言えるわけです。

我々が生活するこの世界は
太陽に基づいた自然現象の中にある為
全ての自然現象を神とする神道では太陽神がその中心となります。



日本の事を『日の本』(ひのもと)と、よく言いますが
我々は、太陽を中心としたすべての自然現象を
神とする国に属する民族という事になり
言い換えれば、大自然の中で暮らす意味を
国名にしている民族なのです!


大自然の法則を知り、その上で暮らせば
誰しも幸せになれる!と思っている私としてはこんな国名を掲げる国に
生まれ育った私は幸せ者だ!とそう思うわけです。^^)



Wikipwdiaに国家である『君が代』は
天皇の治世を奉祝する歌」と記してありますが
日本神道をしっかり学べば、そんな解釈など出来るはずがないんですけどね~
まぁ~我が君を人物と称するのが一般的なので
仕方ない事なのかもしれませんけど・・

とても残念な事なのですが、これも神々がしている事と受け止め
この事態が何を意味するのか?しっかりと考える必要があるんでしょう~ね。





書きだしたら、まだまだ
色々あるんですが、今回は、この辺にしておきます。




皆さまにとって良き年でありますよう祈っています~^^)