読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

霊的存在から学んだ事 その3

その1
その2
の体験から、霊的存在は自分の心の成長に伴って
見え方感じ方が変わる事が解るようになりました。

どんな現実も自分次第という事でしょう~


そうなると、見えるモノ、聞こえるモノの判断をどうすれば良いのか?
という悩みを抱えるようになります。w
霊感が無くなるわけではありませんしね~


当時の私が選択した行動は、『無視』です。w
とても安易な選択で、見えるモノ語り掛けるモノを
悉く無視すればそのうちなくなるだろう~
くらいに思ったわけです。

基本的に自分本位な考え方が染み付いているので
過去に霊感を無くそうと努力してきた事などすっかり忘れ
そこそこ学んだので、無くなるはずだ!と
決め付けた選択です。w


まぁ~結果的になくならなかったのですけどね。w


で、無くならないと言う
半ば諦めに近い判断をするのが嫌だったのでw
まだまだ、この感覚から学ぶべきものがあるのだ!と
そう受け止めるようにしました。


で、私が取った行動は、基準を作る事です。
所詮は思い込みの世界でも、一つの基準を作れば
私自身の世界の中では、何か見つかるのでは?
と、そう思ったわけです。


人が嘘をつくように、霊も嘘をつくわけで
まして実態のない霊体は、思い込みやすく
騙される事も多くあります。
キラキラを輝きながらいきなり神を名乗り
言われたと通りにしたら大金が入ってくれば
普通は、それを神だと思うでしょう~

人間でも美味しい話を持ち掛けて
そこそこ稼がせてから大金を奪う詐欺師がいるように
霊的存在も同じ事があるわけです。


霊自体を霊視して、霊に憑く霊→霊に憑く霊の霊視
なんて事もしてみました。
その行為を極める為に激しく修行までしましたね~w
(↑愚かな行為でした^^;)

で、結局、見える姿、聞こえる言葉は
まず、嘘であると疑うようにしました。w



次に、自分のエネルギーを含んた状態でしか
物事を感じられない世界にいるのに
自分が毎日同じではない状態で
物事を的確に判断できるはずがない
と、そう思ったわけです。

同じものを食べても
今日はいつもより甘く感じる・・って事や
別にイヤミっぽく言われてないのに
そう聞こえたり・・
なんて事があるように
霊的存在に対して見えるモノ
聞こえるモノも同じ事があるはずだと
そう思ったわけです。



それで、滝修行で自然と一体になる感覚を基準にしました。
まぁ~それすら自分の思い込みなんですが
何もしないよりいいだろう~という判断です。
見える姿、聞こえる言葉ではなく
霊体から感じるエネルギーをそれと比較する事を繰り返して
自分の中でデータベースを積み上げて行きました。


私の場合、修行は習慣でしたし
自分を見つめる為の修行だったので
週に1~2回滝に打たれながらそんな事を繰り返しました。

霊体だけではなく、人が放つエネルギーについても
情報収集を繰り返して行きました。

霊が見せる姿や言葉ではなく
霊体そのもののエネルギーを感じ取る方法です。


人が持つ経験値に伴うエネルギーを感じる事で
どんな経験をしてきたのか?もわかりますし
そのエネルギー自体が、この先どんな現実を引き起こすのか?
という縁が解るようになります。

それが解ったからと言って何になるの?
なんて、そんな事を思っていたりもしたのですが
ある程度、情報が集まると
ある、一つの法則に気づいたのです。


自分自身が成長する事に伴い
自分の目前に現れる存在も同時に移り変わるのです。


自分が生み出すエネルギーが変わる事で
当然、物事の見え方や感じ方も変わるのですが
それに伴い、目前に現れる存在自体も変わります。

目前に現れる存在だけが変わるのではなく
起きる出来事も変わります。

今まで出来なかった事が出来るようになったり
今まで結果が出なかった事で
同じ事をして結果が出たりもします。


解りやすく?言えば
自分自身の未来を創る『縁』が変わるのです。


昔からブログにくどくど
『自分が変われば現実が変わる』と記してきたのは
この法則を学んだからです。


至らぬ己を探していると
肉体的精神的痛みや苦痛などで
霊的存在が常々教えてくれている事がわかります。


誰しも、そんな世界に存在しているのですが
たまたま霊感が強いと見えてしまう・・
ただ、それだけの事なんでしょうね~

霊が見えたから・・
守護神、守護霊が見えたから
その言葉が聞こえたから・・と言って
それが、何か特別な事ではない事が解ります。

また、その世界に囚われていると
目前の現実がどんどん悪化している事に
気付けなくなる事も理解できます。









どんな人も強いエネルギーを放ちながら存在しています。
言葉を交わさなくても自分は周りに影響を与えているわけです。

何もしていないのに他人から責められらりするのは
他人から責められるようなエネルギーを放っているからであり
自分の過去からの言動に起因していいます。

他人に迷惑などかけた事がないのに・・
どうして、こんな嫌な事が起きるのか?
目に見えない何かが原因なのでは?
と、思ってしまう人も沢山いるでしょう。

確かに目に見えない存在が影響しているわけですが
悪霊や因縁のせいではなく
自分の過去の言動が創り上げたエネルギーが原因なわけです。


ただ居るだけで、拒絶されてしまう人は
そんなエネルギーを放っているわけです。
まぁ~自分の身体にウ〇コでもつけていると思って頂ければいいでしょう。

ウ〇コ臭い人には、近寄ってほしくないですからね~
いくらイジメは良くないと言われても
寄るな!触るな!近寄るな!と、言いたくなってしまうわけです。


なので、目前の現実を好転させる為には
自分自身が変わるしかない・・
自分の過去は変えられないので
過去の不徳を、徳で相殺しなければ
自らの生み出すエネルギーは変わらない
自分が放つエネルギーが変わらなければ
現実はかわらないわけです。



自分が常に正しいという位置づけにいる以上
成長などないわけで、常に至らぬ己を探し続ける
必要があるというように思いました。

自分が常に正しいと言う事は
嫌な出来事は、全て相手が悪いわけであり
様々な価値観が混ざり合っている現代社会で
そんな判断が、まかり通るわけもないですしね~

まぁ~そんな事も解らず
幼稚な思考のまま、自己主張し続けた自分を振り返り
愚かな自分に笑えて来ましたね~www
同時に、そんな自分勝手な人たちが
可愛く感じたりもしました。

そして、至らない自分に気づけると
ゆるす出来事が増える事を学びました。

その先の人生は、至らぬ己探しとなります。
気付けば、己がしでかした過ちの多さに
絶望を感じたりしました・・^^;)


で、このブログのタイトルのように
自らの人生は、懺悔で終えるしかない!
そうしなければ、自らの不徳が子々孫々と受け継がれてしまう・・
そうしなければ、私が存在しているだけで多くに迷惑をかけてしまう・・
そう思い、嫌だと思いながらも徳を積む方向に向かったのですが
結果として、徳を積む人生でしか
幸せになれない事も学びました。

なかなか、言葉や文章では伝わらない事ですが
常に求めていると、自分に都合の良い世界しか
理解しようとしなくなるので、なんだかんだと生きにくく感じたりする。

簡単に言えば、他人の為に、多くを学ぼうとすれば
多くを理解する事に繋がり、多くを知る事で
今過ごしている世界が、膨大な広さだと感じる事が出来る。
膨大に広い世界で過ごしている事を知ると
可能性が無限にある事を学ぶ事知る事につながるわけです。


また、自分の存在は常に周りに影響を与えている事に気づけないから
自分本位になってしまう。
誰にも迷惑をかけない人など存在していないのに
自分一人で何でもできると勘違いしてしまう・・
なので、自分自身が今あるのは、周りの存在のおかげだと言う事に
気付く必要があります。
『貴方には関係ない!』などと言いたくなる時もありますが
自分が生み出すエネルギーがどれだけ周りに影響を与えているかを知ると
関係のない人など存在していない事も理解できます。



霊的存在から学ばせて頂いた事はまだまだたくさんあります。

〇愛も慈悲も知らないのが人であり
それを学ぶのが人生である

〇感謝できるとそれだけで幸せになれる
深く感謝する為には、己の未熟さを知る必要がある

〇他人の幸せを心から祈り願えるだけで幸せになれる
その為には、多くを深く理解する必要がある

〇与えなければ、何一つ手に入らない

〇徳を積み続けるだけで
隠された自分の才能が芽生えてくる

〇言葉だけで価値観は変わらない
どうしても体験経験が必要である

などなど・・


書き出したらきりがないほど
色々と学ばせて頂きました。

ひとそれぞれ、いろんな現実があり
どんな現実からも色々と学べるはずです。
問題は、目前の現実をどう受け止めて
どう判断するか?なのでしょう~ね~


また、気が向いたらこの続きを記したいと思います。



ではでは・・

霊的存在から学んだ事、その2

霊体と会話ができるようになると
その言葉を疑う人より
信じる人の方が多いものです。

自分の感覚だから自分を信じるしかないわけですが
夢か幻かよくわからなくなり
確実に体調が悪いと何とかしたいとも思うでしょう。

なんとかしたいので
言われたとおりにしてドツボにはまったりもする。w


人の言葉を疑う事は出来ても
霊の言葉は信じてしまう・・
霊能力は特別な力という
思い込みがそうさせてしまうわけです。

霊能力は特別な力なので
そこで伝えられる言葉は当然
特別なメッセージだと思い込んでしまうわけです。

実に馬鹿げた話ですよね~w

でも、霊の言葉を告げる側も
それを聞く側も
そう思い込んでいる人が多いのも事実でしょう。








ただ、逆に
霊の言葉、先祖の言葉、神の言葉を疑えば疑うほど
自己を成長させる事ができます。




基本的に霊感の強い人は
自分主体の判断しかできない人が殆どなので
自分が先祖と思えば、それは先祖であり
神だと思えば、それは神とする判断を疑う事をしないものです。

普段から自分の価値観を押し付けているのでw
私が神と言えば神なのです!って感じの人が多いですね~

そもそも、誰にとっても神の定義は
自分が神だと思うか?否か?なので
仕方のない事なんですが・・w










誰しも、自分で見聞きしているモノを信じるものですが
霊視と目視では、具体性に大きな差があります。

自分自身を10人の霊能者に霊視してもらって
全員の霊能者が同じものが見える事などほとんどないはずです。
霊視する側は、必ず自分のエネルギーを含んでしか
霊視できない為に起きる現象だと
私はそう思っていますし
また、霊感のない人と霊感を共有できないので
適当な事を言っても通用するという
恐ろしい絶対的優位という事実があります。

ようするに霊感のない人は、何をどう告げられようが
霊感の強い人それぞれの言葉を受け止めるしかできないわけです。

仮に自分が盲目で、誰かに『赤信号ですよ!』と言われれば
とりあえず、信じるようなものなんですが
その関係を、考慮する事なく、見えるモノ、聞こえる言葉を
疑うことなくそのまま伝えて、相手を傷つけたり
逆に痛い目に合ったりする事があります。

言霊の言われた通りにして快楽が満たされれば
良かった・良かった・・となるのですが
実際には、依存され、本人は何かと頼るようになります。

結果として、自己責任で決断する事ができなくなり
自己の成長が止まり、最終的には大きな禍を招いたりもします。



とは言え、自分が全てという性格上
何をもって先祖の霊としているのか?
何をもって、神の言葉としているのか?
という事さえ、考えようとしないでしょう。

自分の過ちを受け入れる事が出来ない為
自分に都合の悪い事は見ないようにしますしね。


ただ、この霊的存在の言の葉は、どこから来ているのか?と疑う事で
色々と学ぶ事が出来ます。






まず、その判断をしているのは、所詮は自分の思い込みなのですが
そう思う事が出来れば、常日頃から
普段の生活の中でも、同じような事が起こっている事に気づけます。


見えるモノ、聞く言葉、感じるモノ・・
どんな人も、自分の体験に基づいて判断しており
体験が変われば、判断基準もかわり
五感の世界でさえ見え方、聞こえ方さえも変わってきます。

これはダメ!
あれはダメ!
こうするべきだ!
ああするべきだ!
と、いくら言った所で
価値観が違えば受け止め方も違うので
受け止める側を理解しなければ、前進する事はできない。

他人を理解しようと努力し続けると
何をどう体験するかによって、同じ現実でも
受け止め方は人それぞれ違うと言う事が理解できます。

同じものを食べても
美味しいと思う人もいれば
不味いと思う人もいる・・
どうして不味いの!と自分の価値観を押し付けた所で
不味いモンは不味いので、どうしようもないのです。

なのに、理解する努力を怠っている事を棚に上げ
『理解できませんね~・・』くらいの事をいいながら
相手を批判する人が多いのも事実。w



価値観の違う者同士が、一つの社会の中で過ごしている。
その為に、ルールが必要であり
決してそのルールが正しいわけではなく
価値観の違う者同士が、一緒に生活する為に必要なだけである。

従って、物事をスムーズに進める為には
自分の価値観を主張するより
他人の価値観を理解する事の方が大切だという事がわかります。

何事にも、まずは『理解』これをなくしては
物事が空回りするのは、当たり前な世界にいると言う事です。


霊感が強いと言う事は、何事にも理解しようとする心が欠如していた為に
人の心を察する力を与えられたのだと思うに至るわけです。

霊や先祖、神々の言葉を告げるための力ではなく
そんな事を繰り返していても、何の成長もなく
逮捕される新興宗教の教祖様のようになってしまうのがオチでしょうね~



私の場合、霊障がひどかったので
誰しもが、思い込みの中で過ごし
思い込みのおかげで、理解不足を学びました。


そうやって成長し続けているのが、我々であり
理解不足を学ぶ事で、理解する事を知れば
我々は、この世の中と言う素晴らしい仕組みの中に
存在している事にも気づけるかと思います。



ひょっとしたら、霊感が強いと言う事は
他人を理解する事を怠り過ぎたために
人として生きる為の最後の警告なのかも?しれませんね。w





その1
その3

霊的存在から学んだ事 その1

霊感が強い人は純粋で優しい人だなんて言われた事があります。
何を根拠に?なんてよく思ったものですが
霊を見て可哀そうだと思う心があるから見えるんだと・・
霊を見て可哀そうだと思うから霊に憑かれるんだと・・w


ありえんなぁ~漫画や映画の見過ぎちゃう?
と、よくそう思いました。w

私自身、純粋でもないし
優しくもないですしね~
霊感が強い人で、そんな人に会った事もないですしね~
私は、斜めからしか物事が見れないので
いくら優しくされても
上辺だけの優しさポーズにしか見えませんでしたね。w




霊感が強い人は、基本的に我が強く
他人を理解する心が欠如しているのだとそう思ってます。

まぁ~私がそうだからと言って
全ての人がそうだとは限らないのですが
霊的存在が我々に学ばせてくれている事を考えると
自然の法則上、そうなっているような気がします。

自分自身が現実を創り
その現実から自らを成長させるのが自然の法則であれば
霊感が強いという現実から学ぶべきものも
自己改善・・のような気がしています。


まぁ~極論を言えば
全ての現実は自己改善の為にあり
人として生まれてきた以上
死ぬまで自己改善し続けなければならいんですけどね。





私が子供の頃の話ですが
霊をゾロゾロ連れている先生の授業が受けられなかった事を記憶しています。
その先生の授業に限って具合が悪くなるので
当然、仮病扱いされるわけです。

親や先生から叱られまくり
嘘つき呼ばわりされるので
子供の私は、どんどん心が壊れて行きましたね~w


おそらく、霊が見えなくても感じなくても
全国で頻繁に起きている事でしょう。
特定の先生の授業に限り受ける事が出来ない生徒は
結構いるんじゃないでしょう~かね~??

そんなお子さんを持ったら
他を理解する心の欠如していると
自分自身を戒めてみるものいいかもしれません。












霊能者にあこがれている人が、突然霊が見えるようになって
霊の言葉が聞こえるようになったりすると
自分の特異性に歓喜し、やたら見えるモノ
聞こえる言葉を口走るようになる。


まぁ~自分は特別で選ばれたんだ!と思いたくなる
気持ちは分からないでもないんです。
霊感の強い人は基本的に自己主張型人間なので
強い霊感は、その欲求を満たしてくれるわけです。

いつも特別でありたい人なので
霊能力に憧れてしまうし
運よく手に入れば、それに溺れてしまう・・

たまに霊能者になりたい!と言いながら
私の所に来る人がいますが
その理由を聞けば
『人の役に立ちたい・・』
『困っている人を救いたい・・』
と、殆どの人がそんな事を言います。
で、普段から人の役に立つような事をしてるの?
困っている人の役に立つ事をしているの?
と、聞けば・・
『?・・・???』
って感じで何もしていないわけです。w
で、くそ意地悪い私は
『優越感に浸りたいの?』
『自分の下に人を見ていたいの?』
『特別扱いされたいの?』
『それがカッコイイと思うから?』
なんて・・質問したりします。w
まぁ~『そんな事ありません!』とみなさん言うんですけどね~w

本当に誰かの役に立ちあいのであれば
すぐに何でもできるものなんですけどね~





霊感が強い多くの人は
現に我々が過ごす社会が、全て五感のみの判断で創られているのに
そこに証明する事の出来ない霊的感覚を口走る・・・
霊感のない人に対して、霊がいるとか
先祖が〇〇と言っている・・とか言われてどう思うか?など
全く考えようとしないわけです。

逆に『貴方は霊感がないから解らないかもしれないけど・・』
と、勝ち誇ったように上から目線で話をする。w

いや~全く持って愚かな行為ですね~。w

だって見えるし感じるから仕方ないじゃん!・・と
あくまでも、自分の正当化を主張するだけで
自分以外の事など、全く無視!w


大好物を食事中に、同席している人から
『不味い!気持ち悪っ!』と言われるのと
同じ事をしていると理解できないわけです。


そんな事を平気で口にできる性格なので
霊に憑かれて苦痛を味わうわけですが
これも、自分は特別だから仕方ない・・くらいに思っているから
いつまで経っても、苦痛から解放されないわけです。



『霊感が強い人の特長』
1、他人を理解しようとしない
2、自己主張ばかり
3、他人の価値観を受け入れられない
4、自分の価値観のみでしか判断できない
5、物事を自分に都合よく解釈する
6、自己顕示欲がやたら強い
7、他人を見下して優越感に浸りたい族

だいたいこんな所でしょう。

いや~私の事なんですけど・・^^;)

大した努力もせず、優越感に浸れるわけもないんですけど
自分に大した才能がない事を受け入れる事が出来ないわけです。
努力とは、奴(誰か)を支える力なんですが
自己の快楽を満たす為に必死になって努力してきたと言い切ってしまう。w
そして、人より苦労してきたと自分を褒めたたえるわけですが
その苦労も、自分の不徳が原因だと気づけないので
霊感なんてものが、身に付いてしまうわけです。





とは言え、この世は慈悲に包まれた世界であり
生きている以上常に、我々を支援してくれているわけです。
素晴らしい~!^^)

霊感は、これらを改善する絶好のツールだと思うのです。
これらを改善する為の力と言っても過言ではないでしょう~!
まだまだですが、現に私はかなり改善されてきましたしね~w


まず、霊感が強いと霊的苦痛が伴います。
霊と同調して、体調不良を起こすわけですが
他人の体調とも同調します。
頭が痛い人が近くにいるだけで頭が痛くなるわけです。

霊感の強い人は、自己顕示欲が強すぎて
『私は特別な力を持ち選ばれた人なのだから!』と思い込む傾向にあり
この現象の原因を自分以外のせいにするわけです。w
『私の頭が痛いのは、頭が痛い人が近くにいるから・・』
『体がだるいのは、良くない霊がいるから・・』
で、終わらせてしまい、それ以上深く考える事をしない・・

私の場合、こんな考え方をしている間は
どんどんと現実が悪化して行きました。w
自分に憑く霊=悪霊と決めつけていたので
祓い清める力を求め、激しく修行してしまったわけです。
ようするに、悪を生み出し続けてしまったわけです。
そもそも、悪を生み出し続けた性格の為に
霊感が強くなってきているのに
更なる悪を生み出し続けるわけですから
最悪のブーメランを創り出す行為なわけです。w


そもそも今、頭が痛くて辛い思いをしている人の気持ちを無視して
他人の頭痛を察知した事を誇らしげに口にしたりする・・
自分の体調を悪くする霊=悪霊とか低級霊とか命名したりする。w
基本的に何でも他人のせいなのが霊感の強い人の特長ですし
何でも上から目線なんで、『低級』とか『低俗)と言う言葉を好んで使う・・
自分を上に置いていないと、なんだかんだと不安なんです。w
要するに、長けた才能のない自分を受け入れられない・・
しかも、嫌な事柄に対してちゃんと向き合う事ができないので
自分に都合よく決めつける訳です。




本来は、病は気から気は心からなので
体調不良を起こしている自分自身に着目すべきなのです。


霊的憑依で体調が悪くなる場合は
自分を成長させる為のシグナルなので
自分自身を見つめ
自己の至らない所を探す事で改善されます。
自分の何がいけないのか?を自問し続けるのです。

自己改善しないといけない所を見つける事が出来ると
す~と楽になります。

他人の体調と同調する時も同じです。

見つける事が出来ても実際に改善されないと
なんども同じ事が繰り返されます。

何度も繰り返される事で
そのうち本当に自分が変われるんですよね~

神道的に言えば『見直し、聞き直し』という訳です。
体調の悪い人や悪霊様には本当に感謝です。w

血肉に刻まれた経験値は、気付いただけでは
簡単に改善できないので
繰り返しながら、改善する必要があります。
何度も同じ過ちを繰り返す事も大切なわけです。

と、まぁ~霊的苦痛と向き合うと
大きく自己成長できるわけです。



霊的苦痛は自分に原因があると思えないと
『私は特別な存在だ!』という括りから出られないまま
社会的不適合者になってしまう事もあるでしょうね。w

本物霊能者だの偽物霊能者だのと
自己を本物とし、他の霊能者をニセモノ扱いする
ようになったりもします。w
霊感の強い人は、自分を省みる心が欠如しているので
私はニセモノではありません宣言!をしたくなるわけです。

私に言わせれば、所詮は自分が生み出した世界しか
感じる事が出来ないのがこの世の中なので
自分の感覚を自分都合で判断し
それを告げる事しかできないのが霊感というやつで
結局は、受け止める側次第なんですけどね~

とは言え、本物霊能者を探しています!的な人もいますしね~
私の所にも『あなたは本物ですか?』なんて相談が来たります。
本物の基準をよくよく考えると
自分に都合が良ければ本物なので
所詮は思い込みの世界と言う事になります。w



と、まぁ~こんな感じで
私の場合、他を理解する心の欠如ってのを
学ばせて頂く事ができました。


いや~煩悩まみれで、愚かすぎる奴だったわけです。^^;)





その2

その3