修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

自分自身の現実をより良く変える方法

自分自身の現実を改善する方法は
このブログに書き続けてきたつもりなんですが
自分の目の前にある現実を変えたい・・
という相談が、相変わらず後を絶たないので
文章でまとめてみる事にしました。


あくまでも私自身の価値観での
考え方に過ぎないのでご容赦下さい。








目前の現実を変える為には
自分自身が変わるしかありません。

この一言に尽きます。


なぜならば、目前の現実は自分が創り出しているからです。

そして、目前の現実を好転させる為には
利他的な心が必要不可欠です。

利己的な思いで求め続ければ、多くを失い
利他的な思いで与え続ければ、多くを手に入れる事が出来ます。

即ち、利他的な心を育み、それに基づいた言動を繰り返す事が
目前の現実を好転させるために必要なのです。

これが私たちが生活している社会のルールとは
無関係な大自然の法則なのです。

自己を振り返り
今まで、どれだけ多くの人に尽くし与えてきたか?
振り返ってみてください。

その経験が少なければ少ないほど
苦悩の量が多いでしょう。

朝が来て夜が来るように
私たちはこのルールに逆らう術を知りません。


多くの人に尽くし与えてきたのに
苦悩の現実を突きつけられているのであれば
善意の押し付けをし続けてきたのでしょう。
与えている、尽くしていると思っているのは
自分だけだという事になります。


そう言えば昔、性風俗嬢に
「私は、毎日たくさんの男性に感謝されています!」
と、言い切られた事がありますね~w

言葉は難しいですね~

「お金を貰って尽くすのは当たり前なので
お金を貰わずにやり続けて下さい。
それが与え尽くすという事なので・・
他の事でも良いですよ?」
と、言ったら、そんな事できるわけがない!と
怒ってましたね~w






まぁ~こんな言葉だけだと、「キレイ事じゃね?!」
「そんな事、関係ないし・・」で
終わってしまう人も多いのでしょうね。
なので、目前の現実を変えたい相談が後を絶たない・・
私にいくら相談しても、この答しか持ってないんですけどね~

なので、もう少し、具体的に説明してみます。





まず、自分の現実を創り出しているのは
自分自身が持つエネルギーだという事をご理解ください。

え?どういう事?と思ってしまうでしょうが
人それぞれ、自分自身の経験値に基づいたエネルギーが
蓄積され続け、肉体から放出し続けています。
目前の出来事は、常時そのエネルギーの影響をうけて
起きているという事です。


なぜ?私がそう思うのか?と言いますと
私が、そのエネルギーを読み取れるからです。
ハッキリ言って、私がそう感じているだけなのですが
長年検証し続けているので、あながち間違いではないでしょう。

過去の経験値によって
人それぞれのエネルギーは異なり
不幸な出来事が多い人は
不幸を確実に招いてしまうエネルギーを
自らの肉体から放っています。

そして、そのエネルギーは
自身の心のありかた次第で変えられます。


私は、常々そう感じています。


と、そんな話をすると
「え!マジ!怖いんですが!私は大丈夫?!」
なんて、言われるのですが
安心してください!
不幸を招くエネルギーを持っていない人は
まず、いません!
皆が皆、少なからず持ってますから~

まぁ~殆どの人が不幸を招きいれる
隙があるという事です。
その量が多ければ多いほど
辛く苦しい出来事が増え続けるという事です。

なので、日々精進ですね。





どんな人も、食事をし、それをエネルギー化して
自分自身の肉体を動かしています。
思考や感情にも、このエネルギーを使っています。
毎日毎日、自分が生まれてからず~っと
その行動を繰り返しています。

そして、そのエネルギーは
自己の思いに従って消費されます。
エネルギーの消費の仕方は
自分の心が決めているという事です。


自分がエネルギー化したモノは
全て綺麗に消費されてしまうわけでありません。

コーヒーを飲みほしたカップ
綺麗に洗わなければ、コーヒーを飲んだカップだと解るように
自分が言動で消費したエネルギーの一部は
心身に蓄積し続けているのです。
経験値は記憶しておかないと生きるのに支障がでますし
人間の体内をキレイに洗い流す事はできませんしね。


人それぞれ言動が違うので
その蓄積されたエネルギーも違います。
そして、そのエネルギーは自身の肉体から全方向に
常時、強烈に放出されています。

これが、私たちが生きている時の状態です。

(毎日食べた量)-(ウ〇コやシ〇コで出た量)
のエネルギー量は、結構な量ですよね?


この自分が生み出したエネルギーの一部が蓄積され続け
自身から常時放出され、そのエネルギーに基づいて
様々な「縁」がつくられ様々な出来事を引き起こしています。
従って、目前の現実を変えたいのであれば
自分自身が創りだすエネルギー自体を変えれば良いのです。



人間の言動には、必ず動機があります。
自分自身が創り出すエネルギーは
自分自身が使い方を決めており
どう使われるか?によってエネルギーの質が変わるので
言動の動機に基づいて創り出されている事になります。



どれだけ、人当たりが良い人でも
腹の中が真っ黒であれば、真っ黒な動機に基づいて
エネルギーは創り出されており
そのエネルギーは確実に蓄積されます。
そして、その蓄積されたエネルギーが
創り出した「縁」により
目前の現実を引き起こしているのです。

真っ黒な動機で生み出したエネルギーは
真っ黒な出来事との「縁」を作るわけです。




自分自身が不満を抱く出来事は
全て人間関係の中で生まれます。

即ち、嫌な出来事は
自分が持つエネルギーによる人の「縁」がつくる
人間関係から生まれるという事です。

初対面で言葉を交わさなくても
嫌だなぁ~と感じてしまう人いますよね?
それは、その人のエネルギーを感じ取っているんです。

「エネルギー」を「匂い」で表現すると
見ただけで嫌だと感じる人は
ドブ臭い人、ウンコ臭い人って感じでしょうか?
実際に臭わなくても、そう感じてしまうのです。

虐めに合う人は、そんな人が多いですね~
居るだけで、嫌悪してしまうので
排除対象になってしまうんです。

本人が自己改善する努力すれば良いのですが
自分以外を「悪」とする事を繰り返してしまった結果
そうなってる人が多いので
簡単にエネルギー改善ができないのです。
自分自身を省みる思考がない人が多いですからね~

私にとって
「虐めは無くすべきだ!」は
「ウンコ臭いのは、我慢しろ!」
と、同じなんですよね~
理不尽だと思いません?
実際にウ〇コの臭いがしていれば
ちゃんとウ〇コ拭けよ!って思いますよね。

これは、私が持つエネルギーが
そう感じさせてしまうだけの事ですし
一般の方は、そこまで酷くは感じないでしょう。

社会では、自己の経験値から
虐めは虐めをする側が「悪」と思っている人が多いので
そのエネルギーが同調する人たちが
集まり、虐めを撲滅する組織がつくられます。

残念ながら「悪」を生み出し
自分を省みる事ができない集団に
身を置けば、組織で生み出した「悪」が我が身に
降りかかるのが大自然の法則です。

組織とは、全く関係のない所で
禍が起きたりするので
なかなか気づけないんですよね~

他人の感じ方は、自分自身が持つエネルギーに
よって変わるので、他人の印象も人それぞれです。
食べ物の好き嫌いと同じです。

こんな感じで「縁」ができ
自分自身の人間関係は創り出されているのです。



こんな書き方すると
私が頭のおかしい奴に思えてくるでしょうが
大自然には、こんな法則が存在しています。


残念ながら、目前の現実を変えたい!と
そう思って、自分以外を変えようとしている以上
結果として、不満が増える続ける現実となるでしょうね。












自分を変えると言っても難しい~
と、よく言われますが
なぜ?難しいのか?を考えると
自分自身の価値観を変えられないからでしょう。

常日頃から自分の価値観だけで
物事を判断している人は
同じ価値観でグルグルまわっている状態なのです。


「徳を積み続けるだけで人生は好転する」
と、私は言い続けているのですが
徳を積まずして、人生を好転させたいという
相談が後を絶ちません。
私の価値観など微塵も考えようとしないわけです。

ようするに自分の価値観だけで物事を捉え
自分が求める回答だけが欲しいだけで
私が、何を言っていようが関係ない状態なのです。
そうなってしまうのは、そんな価値観しか
知らないからでしょうし
自分の価値観のみで考えるのがその人の価値観なのでしょう。

自分と違った価値観を知ろうとしないので
いつまで経っても、自分を変えられないわけです。


では、どうすれば良いのか?

自分の価値観は、自己の経験から創られるので
まずは、新たなる経験をする事です。

生活習慣を変える
引っ越して環境を変える
仕事を変える
友達を変える
離婚する
結婚する
趣味を持つ
海外旅行に行く
などなど、色々あるのですが
ハッキリ言っておきますが
これらは、多少の効果はあるでしょうが
多少だと思ってください。
たったこれだけで大きく変われる人は
そうそれなりに徳のある人だけです。

なぜならば、今現時点で
自分のエネルギーは変わっていないので
苦悩が多い状態の「縁」がつくった現実になるからです。

「自分の現実を変えたい」という
利己的な動機が根っこにありますしね。


私が、ボランティアを進めるのは
この仕組みがあるからです。

利己的な動機で行動しても
ボランティアの現場には
利他的な思いが強い人が集まっているので
少なからず、その影響を受けるでしょう。
その場所に行かなくても、イメージするだけで
そう感じてしまうはずです。
それくらい人の心が創り出すエネルギーは強烈です。


多くの人がボランティアに進んで参加できないのは
そこに集まるエネルギーを無意識に拒絶してしまうからです。
どうしても参加したいと思う事が出来ず
思えたとしても、行かなくていい理由を探してしまう。
自分の思考とは別に、自己の心が嫌がるのです。
利己的な思いが創るエネルギーは
利他的な思いが創るエネルギーの正反対ですからね~
反発してしまうのも仕方のない事です。

なので、その反発を乗り越えるだけの強い意思がないと
出来ない事だとも思います。

また、その反発を乗り越える意思がなければ
どの道、何をやってもダメでしょう。
重く暗い道に、流され続けてしまいます。




想像してみて下さい。
被災地の復興ボランティアに参加したら
自分の意志のみで参加している
少年少女が沢山いたら?
小学生、中学生、高校生が
休みの日に社会の役に立ちたい!
そう思って行動しているのです。

日頃からボランティア活動をしている人からすれば
そんな状況は当たり前な事であり
普通にそんな光景を目にしていると思いますが
普段から利己的な思考のみで
過ごしている人からすれば衝撃的な光景に見えるようです。
少年少女が明るく「社会の役に立ちんです!」
と言っている姿を見れば
自分は今まで何をやってきたのだろう~
と、そう思ってしまうようですね。

今まで、そんな純粋な心をもった人に
出会う機会がなかったので
気づけないまま年を重ねてしまうのです。



この事象は、自分が持つエネルギーが創る「縁」の
影響だと、私はそう感じています。

普段から利己的な思いのみで過ごしていると
無意識に利他的なエネルギーを拒絶し遠ざけてしまうので
利他的な思いの強い人と接点がなくなってしまうのです。
利己的な思いが強すぎると
利他的な思いを持つ人を批判対象にしてしまう事もあります。
利己的な思いは自分と同じ価値観以外は
簡単に「悪」認定してしまいますしね。

ネット上やTVでは、そんな人たくさん目にしますよね。
まぁ~利他的な思いが全く理解できないので
仕方ない事なんでしょう。
自分に微塵もない心が理解できるはずがないのです。

また、自分の価値観のみでしか判断できないので
そんな人たちが沢山いる事すらも気づけない為
恥ずかしくもなく自己主張し続けてしまうのです。





とは言え、目前の現実を好転させる為には
自己のエネルギーを変える事が必要不可欠です。
自己のエネルギーは言動の動機によって創られるので
その動機を変えるような経験が絶対的に必要となります。

なので、手っ取り早く自分の価値観を変えるには
自己の欲望に反した言動を繰り返した方が良いと
私は、そう思っています。

実際に私は、それを経験して、効果があったので
確信しています。

1回や2回ではなく
やりまくってください!








それから、自分自身の動機をしっかりと
自分でキャッチできるように
思考を鍛えてください。

我々は、沢山の思い込みの中で過ごしています。
常々、自分に思い込みはないのか?
省みる必要があると思います。

私が、密教の修行をしている頃
毎日毎日、懺悔、懺悔でした。
当時は、全く意味が解りませんでしたね~

なんで懺悔させられるの?
と、そう思って懺悔していました。
(懺悔できていない事になりますが・・w)

懺悔の修行を学んで10年くらい経って
「あぁ~懺悔する必要がないという思い込みをしていたんだ!」
と、懺悔だらけの生き方をしていた事に気づかされました。

まぁ~それが人生と言うものなんでしょうが
無知とは、恐ろしい~と同時にそう思った事を記憶しています。


その事に、気づけたのは
何時間にも渡る朝夕の懺悔の勤行です。
ただひたすら経典を唱える行為は
毎日、自分自身を振り返る機会になったのです。


今考えると、別に経典を唱えなくても
自分を振り返る習慣を付ければ良いだけだと
そう思っています。
私は、激しく修行してきましたが
そんな行為は、全く必要なかったと
後々気づきしたね~w

やる事は、自分自身の日々の言動を毎日振り返るだけです。

朝起きてから寝るまでの言動を振り返ってください。
心の奥にある、その言動の動機はどんなものだったでしょうか?

その積み重ねが今の現実を創り出しているだけなのです。

と、こんな事を言うと
「自分は間違っていない!」
「一生懸命やってきた!」
「人様に迷惑をかけた事はない!」
「自分は正しく生きてきた!」
「私は頑張ってきたんだ!」
などなど、そんな事をよく言われるのですが
それらの動機がどこにあるのか?という事なのです。

一生懸命やってきたのなら
何のために一生懸命やってきたのか?

世の中の為、他人の為に一生懸命やってきた人と
自己の快楽を満たす為に一生懸命やってきた人では
目前現実は、全く違うものになります。

同じ一生懸命でも動機が違うので
生み出されるエネルギーが全く違うからです。


家族も振り返らず、自分のその行動が周りに
どんな影響をあたえるのか?も考えず
ただ、ただ一生懸命やってきた人は
家族や周りの人たちから疎まれるのは当然です。
そして、家族に迫害されてしまったあと口にするのは
「家族の為に必死になってきたのに!」
くらいの事を口にするんです。
本当に家族の為にと思う心があれば
家族の事を理解しようとするはずですが
自分主体でしか物事を捉えられないので
ここでも、自己主張してしまう。

逆に、社会の為、家族の為、他人の為に
一生懸命にやってきた人は
多くの人から感謝され信頼されるでしょう。
良い縁ができるので
自分の足を引っ張る人などいなく
自分に協力してくれる人達が
常に自分の周りにいます。


自分では、利他的な思いで一生懸命やっているつもりでも
結果が、伴わない場合は
自分の本心を無意識に隠しているのだと思います。


目前の現実は、自分の心の状態を
証明している結果なのです。

即ち、自分の目の前には
自分自身を成長させる為の
ヒントだらけなんです!


とは言え・・
これが、なかなか難しいんですよね~~


例えば、「感謝」という思いですが
殆どの人が、「感謝している」と
軽口を言います。w
「ありがとう」を言葉にしてればOK
くらいに思っている人も多いでしょうね。

まぁ~自己の経験値に基づいて
「感謝」の定義が違いますし
それはそれで、悪い事だとは思っていません。
自分が苦労するだけなので、問題ありませんし
苦労して揉まれるのが人生ですからね。
苦労は人にとって必要不可欠な事ですし。


「感謝」ひとつとっても
その思いの深さによって
目前の現実は、全く違うものになります。

誰かに助けてもらって、感謝すれば
その人の為に何かしたいと思いますよね。

妻がしてくれる日々の家事に感謝していれば
妻を労いたいと思うでしょう。

毎日、不自由なく生活できることに感謝していれば
社会に貢献したいと思うでしょう。


そして思っているだけで、何もしない人と
実際に行動に移す人では
感謝の思いの深さが違い
自ら創り出すエネルギーも違い
もくぜんの現実も全く違うものになり
その未来は大きく異なります。


当たり前の事なんですが
利己的な思いが強いとそう思えないのです。
利己的な思いが強いと感謝できないのです。
しかも、本人はしっかり
感謝しているつもりでいます。


社会に貢献したい!と心からそう思って
行動している人の中には、大きく分けて
名誉欲に溺れている人と
心から感謝している人の二通りの人います。

動機が、「名誉欲」と「感謝」では
正反対なので、結果も全く違ったものになります。

しかし、利己的な生き方をしている人は
自分自身を省みる事ができないので
物事がうまく進まなくなると
「社会の為にこんなに一生懸命やってきたのに!」
と、そう思ってしまうでしょう。
初めから自分が認められる事が目的なので
自分を認めない社会に不満を抱いてしまうのです。


逆に、社会に感謝しての行動であれば
物事がうまく進まなかった時
社会に不満など抱く事などありません。
貢献する対象に不満を抱けるわけがないのです。
なので
「どうすれば、社会に貢献できるのか?」
と、更に深くそう考えるでしょう。
行動の動機が社会に貢献する事ならば
社会に貢献したいだけなので
そう思うのは当然の事です。

前者と後者では、動機が違うので
目前の現実の捉え方が全く違うものになります。



何が、言いたいかと申しますと
自分が抱く「不平不満の感情」が
自分自身を知るヒントになっているという事です。


なので、怒り、嫌悪、否定批判、不平不満など
負の感情を抱く度に
自分自身を振り返ると
自分自身の言動の動機が明確になって行きます。

そして、冷静になって
目前の現実と自身の過去からの言動との繋がりを考えると
完璧に辻褄が合っている事に気づけるはずです。

そもそも、利他的な思いが強い人は
ほとんど負の感情を抱く事がないのです。
なぜならば、負の感情は利己的な心が生み出すものだからです。


すなわち、人間にとって負の感情は
自身の心を成長させるために必要不可欠なものなのです。





で、恒例になってきましたが
最後にまとめてみます。


大前提として
目前の現実を好転させる為には
利他的な思いが必要不可欠です。

その事を前提として・・



自分自身の現実を変える為には
①自分自身を変える事です。
自分を変える事無く目前の現実を変える事はできません。
環境を変えようが、嫌な出来事を排除しようが
また同じような現実が繰り返されます。

自分自身を変える為には
②価値観を変える必要があります。
自分自身の言動は、自己の価値観に基づいているので
価値観を変えなければ、自己の言動は変わりません。

自己の価値観を変える為には
③新たなる経験・新たなる体験が必要です。
自分自身の価値観は、自分自身の過去からの
経験に基づいて創られています。
従って、今までした事のない経験がなければ
自分の価値観は変わらないでしょう。
人間とは、利他的な行動による喜びを体験しない以上
どうしても利己的に生きてしまうのが人なんでしょうね。


新たなる経験・体験をする為には
④自己の欲望に逆らった強い意志が必要です。
自分自身が変わっていない状態で
新たなる経験・体験をしようとしても
現時点での自己の生み出した
エネルギーが創る「縁」が変わっていないので
無意識に自分の今の価値観に準じた行動をしてしまいます。
なので、なかなか価値観が変わるほどの出来事が起きません。


自己の欲望に逆らった意志で行動する為には
⑤自分自身を省みる必要があります。
どんな人も、過ちだらけで日々を送っているのですが
その過ちに気づく事で、強い意志を抱く事が出来ます。
早い話「こんな事してちゃいられない!」と思う事ができなければ
なかなか、煩悩に逆らった行動をする事ができないものです。


自分自身を省みる為には
⑥自分自身の日々の言動の動機を直視する必要があります。
どんな人も、多くの思い込みで物事を判断していますが
目の前に生きる出来事が、その思い込みを正してくれます。
特に、自分自身が負の感情を抱く出来事は
自分の本心と直結しているので、自己を省みる絶好の機会です。
自分自身が負の感情を抱く度に省みる事を続けていると
過去からの自己の言動の繰り返しと、目前の現実との繋がりが解るようになり
自分自身が目前の現実を創り出している事を実感できると思います。






これだけ書くと、自分が変われば簡単に現実が好転すると
そう思ってしまうのでしょうが
自己改善により「快楽の量」が増える人と、そうでない人がいます。
その違いの原因は、自分が過去から積み上げた「不徳の量」です。
不徳が多ければ多いほど、快楽は満たされにくいでしょう。

「幸せの量」で言えば、不徳の量は関係ありません。
今すぐ「幸せだ!」と思う事が出来れば
どんな環境にいようと幸せになれますからね。




まぁ~自分自身を変えなければならない!と
強くそう思う事ができなければ
自分自身を変える事など出来ないと思います。

自分を変えようとせず
目前の現実のみを変えようとするから
どんどんと嫌な出来事が増えて行くのですが
それでも、自分を変えようとしないのは
自分自身が原因で嫌な出来事が起きていると
そう思う事ができないからだと思います。


そして、自分自身に徳がない事で
嫌な出来事が起きているのですが
徳がない事が原因とも思えない・・


従って、やるべき事をしないまま
どうしたら良いのか?を考えてしまう。
絶対的に必要不可欠な部分を除外して
答えを探しまくっているので
いつまで経っても、答えが見つからない・・


その間も当然、徳を積む事などしないので
どんどん嫌な出来事が増え続けて行く・・



これも、利己的に生きている人の特徴です。
利己的に過ごしてしまうと
とても狭い価値観の中で生きる事となり
この価値観から抜け出せなくなってしまうのです。



とは言え、大自然は私たちを見放すことなく
どんどんと苦悩を与えてくれます。
仮に、自殺をして今世を捨てても
しっかり、来世で同じ苦しみを経験させてくれます!
自分の言動と向き合える事ができるまで
何度も何度もチャレンジさせてくれるんです!
素晴らしい!
そして優しい!

結果として、何度も嫌な出来事が繰り返され
日に日にそれが増え続けると
苦しくて、辛くてしかたなくなるので
とりあえず何でもやってみよう!と
そう思えるようになるです。


そして、努力は必ず報われるのが大自然の法則です。



いや~我々は、利他的な思いで必死になって
一生懸命、毎日を過ごせば
誰だって幸せになれる世界で過ごしているのに
色々と面倒くさい奴が大過ぎですよね!

まぁ~私も同類でなんですけどね~w

満たされない心を満たす方法

私が長年相談ボランティアをしている理由は
自分自身の不徳を解消する為です。
自分の為にしている事なので
ボランティアとは言えないのかもしれません。

とは言え、相談者の方々の現実が
少しでも、改善でするよう助力できれば
とも、思っています。

その為に今の自分は何ができるのだろうか?
そんな事も深く考えてみると
自分には、大した事はできないと
気づかされたりもしています。w

そんな中、長年の積み重ねで
とても多くの方の相談を受けてきた事は
否めない事実です。
私の中には苦悩の中にいる方々のデータベースが
それなりの量、存在しているのです。

そのデータベースに照らし合わせてみると
様々な苦悩の中にいる方は
自己の心が満たされない状況に陥っている・・
まぁ~当たり前の事なんですが
「苦悩から解放する」のではなく
「心を満たす」という所に
フォーカスしてみると
ようは心が満たされればいいのか?
とか、思ったりするのです。



どうすれば、心が満たされるのか?
誰しもが心を満たす方法が見つかれば
皆が皆、苦悩から解放されるのではないだろうか?

まぁ~私の場合、普段からそんな事ばかり
考えてるんですけどね~w


こんな事を言うと立派な人だ!なんて
思われるのですが
実は、そうじゃないんです。w

勘違いしないで欲しいのは
私は、皆が皆、幸せいっぱいで
平和で豊かな世の中を望んでいるわけでは
ありません~

なんの苦悩もなく
笑顔満載の世の中なんて
気持ち悪いくらいに思ってます。

マジでやめて欲しいですね。w
と言うか、そもそもそんな社会など
出来ないのが、この世の仕組みだと思ってます。

即ち、自分自身を改善し続ける為にあるのが
この世の中だと思っているんです。


やっぱ様々な苦難を乗り越えてこそ
人生であり、その繰り返しを経て
充実した一生を終える事ができるのでしょうしね。

なので、私の場合は
苦難を乗り越える方法を提案し
沢山苦しんで、沢山乗り越えて
どんどん心を磨きましょう!
というのが、スタンスなんです。

悪霊万歳!
祟り万歳!
因縁万歳!
です。w




話がそれましたが
心が満たされていれば
苦悩は苦悩でなくなってしまうはず
と、思っているのです。

で、心が満たされている人は
どんな人達だろう?と周りを見回すと
快楽を満たしている人と
幸せを掴んでいる人の二通りの人がいました。

私が見てきた中では
快楽が満たされている人は、一時的なものに過ぎず
後々、その代償を支払うようになる人も
かなりの数いたので
幸せを掴んでいる人は、どんな人なのか?
そこに向かって心を満たした方がいいのでは?
と、そう思うようになりました。


幸せを掴んでいる人に共通して言える事は
それなりに苦労を乗り越え
何かを成し遂げた人が多いです。


まぁ~何かに向かって必死になっている人を見ていると
目的が達成されなくてもその過程を楽しんで
幸せそうですもんね。



という訳で、心を満たす為には
何かを成し遂げようとする
目的が必要だとそう思うわけです。

以前からこのブログに書き続けてきましたが
生きる目的がなければ、煩悩に流されてしまうので
当たり前のように苦悩がつきまといます。
ようするに心が満たされない状態になる。


こんな事を言うと決まって
生きる目的を見つけるのは難しい~
なんてよく言われます。


じゃぁ苦悩の中で頑張ってね!
って感じなんですが
それはそれで、皆さん嫌なんですw

私には怠惰な生活を送りながら
心を満たしたいという贅沢な願いのように
聞こえるのですが
人間、都合の悪い捉え方を
しないようにするんですよね~
もっと楽な解決方法があるはずだ!と・・w

徳を積めば、全ての苦悩から解放されると
このブログに書きつつけていますが
それでも、徳を積まずに解決したい方が
後を絶えません。w


「私は、何も悪い事をしていないし
毎日毎日頑張って、しっかり働いている!」
なんて思う人も多いと思います。

では、なぜ?働いているんでしょう?
食べる為ですか?
食べる為に働いているのなら
働かずして食べる事が出来れば
働かないという事ですよね?

という事は、煩悩を満たすために
流されて生きているって事になりません?
快楽を求めて、過ごしているだけじゃないですか?


そもそも「働く」という事は
社会に貢献する事なんですよね~
私たちの生活に必要不可欠なものを
皆が皆担っているわけで
山に籠って自給自足していれば
今と同じ生活はできないでしょう。
自分一人では、どうしても
生活水準を下げるしかない・・
なので皆が皆、社会の一部となって
働いているわけです。

決して、食べる為だけに働いている
のではないと思うわけです。


この社会に貢献するという
働く意識がある人は
毎日楽しそうに過ごしていますが
食べる為に働いている人は
不平不満が多いのも事実でしょう。



ちゃんとした会社であれば
企業理念なるものがあります。

そもそも、ビジネス=社会貢献なので
ちゃんとした会社は、働く=社会貢献とし
何のために会社で働いているのか?を
明確にしているのです。
そして、その理念に向かって経営をする。
当然、社員もその理念に向かって働くわけです。


吉野家ならば
「はやい」「うまい」「やすい」
もっと早く、お客様に提供し
もっと、おいしく牛丼をつくる
もっと、安くお客様に提供する
これを、イメージしながら働いている人と
ただ稼ぐために働いている人では
心の満たされ方が違うわけです。


私は、経営的な相談を受ける事も多いのですが
自分で商売をしている人も同じです。

経営がうまく行かない会社は100%
稼ぐ為だけに会社を経営しています。
なんとなく企業理念があったとしても
なんとなくであり、稼ぐのが最優先の会社から傾いています。

理由は、簡単で煩悩を優先して経営しているので
社会の構造上、「貢献していない会社は不要」とされる
だけなんです。

当然の事だと思うのですが
豊かで自由な社会があるので
なかなか気づけないのでしょうね。
即ち、自分自身の意識の問題なのです。



例えば、農家の人で
美味しい野菜を家庭に届けたい!と思って働いている人と
どれだけの量を作れば、いくら稼げるか?と
そんな事ばかり考えて働いている人では
やはり、前者の方の方が心が満たされているはずです。
稼ぐ事ばかり考えていれば
こんなに沢山野菜をつくったのに稼ぎはこれだけ?
と、思ってしまい不満が生まれるでしょうし
美味しい野菜を作る事を目的としていれば
稼ぎがイマイチでも、美味しい野菜が作れれば
そうそう不満を抱かないでしょう。

同じ仕事をしていても
心持ち一つで、心の満たされ方は大きく違い
その先の自分の未来も大きく変わって行きます。




世の中で、成功者と呼ばれている人たちは
目的が達成しているイメージを持って行動しています。
社会に貢献できているイメージを持っているので
目標が達成した時に、社会から認められるわけです。


この「イメージ」がとても重要だと
私は、そう思っています。

会社勤めならば
会社の企業理念が達成されている状態を
イメージして働くのです。

例えば、トヨタ自動車なら
国際社会から信頼される状態を明確にイメージ
クリーンで安全な商品を明確にイメージ
豊かな社会になっている様を明確にイメージ
これがイメージできなければ
当然、そこに向かう事ができません。

企業理念のない会社や
掲げているだけの会社なら
なかな自分の心は満たされないでしょう。
働きながら不平不満ばかりになるはずです。

自営業なら理念達成のイメージが必要です。
例えば、サービス業であれば
来店する全てのお客様が喜んでいる姿をイメージする。
喜んで帰ったお客様が、その喜びを
家族や友人に話している姿をイメージする。
笑顔いっぱいで二度目の来店されるイメージをする。
サービス提供時にお客様が感動している姿をイメージする。

それらのイメージを実現化する為に
出来る事をやるだけです。
やらなければならない事が沢山見えてくるでしょうし
今自分に足らないモノも見えてくるでしょう。

ただ、ひたすらそこに向かえば良いだけなのです。



これが出来る人と
出来ない人は、不平不満の量が全く違います。
不平不満が多い状態は
心が満たされていない状態です。

お客様に喜んでもらいたいと思っていれば
クレームを付けるお客様に
なぜ?クレームになったのか?
どうすれば良かったのか?と考えるでしょうが
初めから喜んでもらいたいと思っていない人ならば
クレーマーに対してただムカつくだけでしょう。
なんてウザイ客だ!くらいに思うはずです。

そして、愚かにも皆が皆自分と同じ感情を抱くと
そう思って疑わないのです。
なので、自分は何も悪くないと常々そう思っており
辛く苦しい現実に苛まれる理由が全く解らない・・
物事がうまく進まないので
いつもイライラし、周りに当たり散らし
常に「悪」を探していないといられなくなる・・
挙句の果てに、霊や因縁のせいにする・・w

前者と後者では、人生の未来を想像すれば、
どれだけ違うか、簡単に理解できるはずです。
全く違う人生になるのは、明確ですよね。




進むべき先の「イメージ」は
進んでいる道の「ゴール」です。


自分がイメージが出来ないものは
絶対に達成できないのが、大自然の法則だと思っています。
誰しも、そのルールの中で生活しているのです。


多くの人が、モヤモヤっと過ごし
モヤモヤっと考えて、行動し
「あれが出来ない」「これが出来ない」
「あれがうまく行かない」「これもダメ」
「それもダメ」・・と、嘆くばかり・・

どう考えても
ゴールが見えていないのに
ゴールにたどり着くわけがないのです。
当たり前だと思いません?

快楽を優先して求めているので
そもそも、ゴールに向かっていない事にさえ
全く気づいていないんです。

ただただ、自分が「楽」を選択しているだけなのに
自分に「自分には才能がない」とか
「面倒なのが嫌」「辛いのが嫌」「楽したい」
を、「一生懸命頑張ったけど出来ない!」に
置き換えたり、あれこれ言い訳満載に思い浮かべる。

ゴールが見えていない状態で達成できたなら
それは偶然によるラッキーに過ぎないのに
その偶然によるラッキーを自分が求めている事にも気づけない。
いや~全く持って愚かですよね。

挙句の果てに、生きるのが辛いとかほざく始末。
まぁ~昔の私の事ですが・・w



で、自分の心を満たす為には
①自分一人では生きられないという事を自覚する。
誰の助けもいらない!一人で生きて行く!
なんて、いくら言っても無理なんですよね~
たった一人で自給自足する生活を想像してみれば
簡単にわかると思います。
自分一人で生きてゆくなら
インドの僧侶のよに、スッポンポンの全裸から
人生を再スタートしなければいけまえん。
そもそも人と人とは必ず支え合うように創られているので
どう考えても無理なんですよね~


②「働く」意味を自覚して社会貢献に努める。
社会は、電気を作る人、電話を作る人、車を作る人
野菜を作る人、などそれぞれ社会の役割を担いながら
働いているので、自分もその中の一人という事を
自覚する必要があります。
勤めている会社がそこに向かっていれば、
それを意識を理念に近づければよいでしょう。
働く目的を食べる為から社会貢献する為に変えるだけです。


③社会に貢献できているイメージを明確にする。
イメージできなければ何をどうすれば良いかも
全く解らないと思います。
ゴールをイメージする事で、初めて
何をすれば良いのか?も明確になり
そして、今の自分に足らないモノも見えてくるはずです。



④あとは、ゴールに向かって進むだけです。
ゴールに向かって進んで行くと
様々な難関に直面するはずです。
簡単に成し遂げられるものなど何の価値もありませんしね。
挫折を味わい、それでも諦めず進む事が大切でしょう。





呪術や祈願を行うときは
どれだけリアルにイメージできるか?が
とても重要です。

神社で祈祷すると氏名、住所を読み上げますが
個人の情報が多ければ多いほど
より確実に願いが届きます。
実際に祈願する神職の方が
心深く祈祷すると、参拝者が増えますしね。

呪術も名前や住所だけではなく
関わる人たちの髪の毛や持ち物など
情報が多いほど効果が大きいです。


人の心のエネルギーとは
それだけ強力なのです。


なので、目標達成に向けて深く
そして強くイメージする事を続ける事が出来れば
自分に必要な「縁」が自然に出来てきます。
特に利他的な思いは、強い効果があります。


どんな願いも因果応報なので
利己的な願いは、手に入れた分失います。
利他的な願いは、与えた分手に入ります。

これが、大自然の法則なので
社会に貢献できれば出来るほど
多くを手に入れる事ができ
そして、自分の心は確実に満たされるでしょう。




人生でもビジネスでも
向かう先のゴールがないと
どんな人も流されて過ごしてしまいます。

「流される=快楽を求める」
これが人の性です。
「快楽を求める→苦悩に直面する」
これが、大自然の法則です。


苦悩の中から脱する事ができない人は
皆さん、この法則にハマっているんですよね~



また、因果応報の仕組みから
利己的な思いで求めるから、何も育たず
何一つ手に入れる事が出来ない。
→心が満たされない。

利他的な思いで与え続けるから多くが育ち
多くを手に入れる事が出来る
→心が満たされる。
という事になります。

即ち心が満たされない人は
自然の法則上、初めから満たされないように過ごしており
何も手に入らない生き方をしているわけです。

利他的な思いで過ごしていれば
誰でも心が満たされるのが大自然の法則でしょう。

鰯の頭も信心から

神社や寺には、神様、仏様は本当にいるのだろうか?

と、昔の私はよくそんな事を考えたものですが
そう考えると、「神様って何?」「仏様って何?」
って所に行きつくわけで
当時の私は、更に深い疑問を抱いてしまいました。w


私がまだガキの頃、参加した事のある新興宗教団体では
「信じる者は救われる」と言われました。
言われなかった事ないんじゃないかな~
修行させて頂いた寺でも言われましたね~
ときかく信じろ!というわけです。

要するに、「神様がいる」と思い込む事が大切なんだ!
という教えを色々な所で言われましたね~w

「思い込む」という事実を
「信じる」という言葉に変換しているので
なかなか、その真実に気づけなかったわけです。


まぁ~何をどう信じようが
どう思い込もうが自由なので
何も問題はありませんが
冷静になって、よくよく考えると
「神」=「思い込み」という事実が見えてくるんです。w

だって、神の存在を誰も証明できませんからね。

いや~罰当たり!と叱られそうですが
「神=思い込み」とするとウケますね。
まぁ~使う言葉が違うだけなんですけど・・


私自身、俗にいう観音様、お不動様、龍神などなど
神々と言われている存在達の
姿を霊的に見る事が良くあるのですが
それらを神様、仏様とする歴史があるから
そう思ってしまうわけです。
即ち、これも思い込みなんですよね~


「私は、先祖だ!」「私は守護霊だ!」と告げる存在が
現れれば、そう思い込んでしまう人が沢山いるのに
リアルな世界で、「陰で貴方を支えていました。」なんて言う人が
目の前に現れたらどうでしょう?
「なにこの人!気持ちワル!そんな事、頼んでないし!」って
思ってしまう人が殆どではないでしょうか?w

守護霊様だと感謝して
赤の他人だと気持ち悪いと思ってしまう・・

この違いは多分、思い込みだから楽なんでしょうね~

例えば、財布を落として、拾ってくれた人がいれば
やっぱ、1割くらいはお礼しないといけないと思うでしょうし
ちゃんと本人に会って、お礼を言わなきゃ!と思う人もいるでしょう。
でも、落した財布のある場所を守護霊に教えてもらっても
お供え物をしてお礼を言うくらいで、終えるんですよね~

そうです!
自分都合で解釈できるので楽なんです!w
「神様は、そんな細かい事は気にしない!だって神様だから!」
で、終わらせる事ができるんですよね~

そう捉えると
神様=自分に都合の良い存在
と、する事もできますし、事実そうなのかも?って
思えてきませんか?w




仮に、自分が守護霊としている存在が
「ケッケッケ!財布を落としてざまあ見ろ!」
なんて告げれば、
「守護霊だと思っていたのに!騙していたんだな!」と
その瞬間から悪霊に変わってしまいますし
普段は悪霊扱いしている霊が、禍々しい姿で現れて
「財布は、ガソリンを入れた場所にあるぞ!」などと
教えてくれれば、
「?本当は守護霊で、今まで試練を与えてくれていたのか!?」
と、いきなり扱いが逆転してしまったりするんです。

いや~
実際にこんな人がたくさんいるんです。







「神」や「守護霊」「守護神」という存在は
自分にとってより良き存在と定義してみます。


では、自分にとってより良き存在とは?
と、よくよく考えて見たらどうでしょう?

例えば、「信じる者は救われる」なら
「救われる」ってどういう事なのか?と・・・
考えると、自分が求めているモノによって変わるはずです。

普段から快楽を求めていれば、苦悩から解放される事が
「救われる」と思うでしょうが
与えられた苦悩を自分の力で乗り越えたいと思っていれば
無条件に解放されたくないわけです。


大自然は、我々に心の成長を促す為に出来事を引き起こしていると
私は、そう思っているのですが
自己の成長の為に、人の「苦悩」が存在しているのであれば
神棚を祀り、「神様助けてください!」とお願いするだけで
苦悩から解放されてしまえば、心が成長できなくなります。

従って、自分の煩悩を満たしてくれる
その存在は、果たして「神」と言えるのだろうか??

否!「神」じゃないよね?
って事は、神社や寺に祀られている守護神、ご本尊は
「神」じゃないのか?ってなりません?

www

結局は「鰯の頭も信心から」なので
自分が、神だと思ったモノが神って事であり。

やっぱ、どう考えても
「神」=「思い込み」って事です。


色々と、ツッコミたい人もいると思いますがw
この辺については以前
このブログにエントリーした事があるので
霊って何? - 修行バカの懺悔道
興味のある方は、ご覧ください。







で結局、何が言いたいかと申しますと
「楽」を求めている人が
宗教やスピリチュアル行為にハマりやすいという事です。
人であれば、楽をしたいと思うのは当然なので
別にそれは、いけないことじゃないと思ってますが
それを、知っていた方がいいと思うのです。




「貴方には守護霊が見えます!」なんて言われると
目に見えない存在に守って貰えていると思い
ちょっと安心しますよね。

でも、人生は自分の力で切り開くという事を
忘れてはいけないでしょう。
どちらかと言えば、リアルな世界を直視した方が
目前の現実は、早く改善できます。

守護神、守護霊の言葉より
身近な人の助言の方が、自分に役に立つ事の方が多いですし
目に見えない存在に守って貰うより
リアルな人に守って貰った方が、物事が早く改善するのは
誰しも知っているはずです。


なぜ?目に見えない存在に頼るのか?は
やっぱ楽だからでしょう~
本質が思い込みなので、何でも自分都合で
まかり通る世界ですしね。

見たくない現実、受け止めたくない現実が
目の前にあれば、どうしても
現実味がない世界へと流れてしまいたくなるのも理解できます。

でも、現実を変えたいのであれば
リアルな世界の方が、たくさんヒントが落ちています。
毎日の出来事は、全て自分に必要なモノですし。










で、文頭の「神様って何?」ですが
様々な宗教によって、神とする対象が違います。

日本神道では、自然を神とし
全ての自然現象が神々がしている事としています。
即ち、全ての出来事が神なのです。
悪霊も因縁霊も守護神守護霊も全部ひっくるめて「神」なのです。
素晴らしい~教えですよね!

ご神体に鏡を据え置き
全ての出来事から学び、己を見よ!
と、教えてくれているわけです。

これぞ真理ですよね!
それを実践すれば、誰でも幸せになれるという教義なんです。
私自身も、その実践で霊的苦痛から解放されました。


どうせ神々を信仰するのであれば
こんな思い込みが、いいですよね。



それに、簡単に手に入るモノで
自分に価値のあるものなんて
この世に存在してないんです。

なので、「楽」を求めている以上
永遠に「苦」がつきまとうでしょうし
実りのある人生にしたいのであれば
やっぱ、日々努力、日々精進が必要でしょう!


一言で言えば
信仰心が全くなくても
何かに向かって必死になっている人は
それだけで、幸せだって事です。