修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

穢れを落として、運気を上げる方法~♪

どんな人も呼吸をするだけで穢れてゆくのが
人というものだと私はそう思っています。


「穢れ(邪気)」というものは、人の負の感情が生み出しており
また、負の感情を抱かない人などいないからです。

どんな人も、煩悩を満たそうとし
そして、自分の欲望を阻害する対象に負の感情を抱く。

負の感情が多ければ多いほど、そのエネルギー(穢れ(邪気))は
自信を蝕み、病気やケガ、また嫌だと感じる出来事を引き起こす。


この「穢れ(邪気)」が自身の運気を下げる原因のひとつだと
私は、そう感じています。



穢れを浄化するには、負の感情と対照的な
感謝する感情が生み出すエネルギーが必要ですが
感謝する事など、なかなかできる事ではないので
世の中には常に「穢れ(邪気)」のエネルギーが充満しているのです。




昔の日本人は、最低でも年に2回は禊をしたそうです。
その名残が、夏越大祓、師走大祓なんでしょう。
私自身も「穢れ(邪気)」を敏感に感じてしまうので
定期的に禊をします。

穢れが少なくなれば運気が上昇するという事になるので
禊で運気を上げる事は有効なんでしょう。


とは言え、この世の中は、自分自身の心を成長させるために
創られているので、自身の心の成長を促す必要もあります。
また、「穢れ(邪気)」は、自身の心の成長の足を引っ張るので
同時進行で、行う必要があると思っています。




具体的に何をすればいいの?と聞かれる事が多いので
実際に私自身がしている事の中で、誰でも簡単にできる事を記してみます。
まぁ~私が日々やっているだけの事に過ぎませんが・・^^;)










1、まめに手を洗う
手当という言葉があるように、人の手のひらは
常にエネルギーを放出しているのですが
放出だけではなく外部のエネルギーの吸収もしています。
ようするに呼吸していると思ってください。
で、手が汚れていると「穢れ(邪気)」を吸収する事になるので
まめに手を洗うわけです。
昔、私の兄がパチスロでもっと勝てるようにしてくれ!
なんて事を私に言うのでw
まめに手を洗うことだ!と言ったら
それを実行したら勝率が上がった!と喜んでしました。w
ホントか???w







2、足の裏をよく洗う
足の裏は、「穢れ(邪気)」を放出する場所なので
私は、いつも足の指の間や足の裏をゴシゴシ洗います。
コンビニに売っているスクラブ入りの洗顔ソープで
ゴシゴシやるととても気持ちいいです!w








3、裸足で土の上を歩く
大地は、常に穢れを吸収しているので
裸足で大地を歩くと、身体の邪気が抜けてゆきます。
川に入るのもいいでしょうね。

コンクリートアスファルトが多い
大地の少ない都会には「穢れ(邪気)」が多いので
都会にいくと、やたら疲れたり
具合が悪くなる人も多いのではないでしょうか?










4、かけ流しの温泉に行く
温泉につかると疲れが取れるのは
体内の「穢れ(邪気)」が抜けるからです。
「穢れ(邪気)」は万病の根源なので
病気が治ったりするのもそのせいだと思っています。

気を付けないといけないのは
たくさん人が入っている湯船には人の穢れが溜まっているので
逆に具合が悪くなる事もあります。
なので、あまり知られていないような温泉に入ることをお勧めします。
温泉旅館の場合は、日帰り入浴をさせていない所の方が良いでしょうね。








5、お風呂の湯は毎日入れ替える
お風呂で湯船につかると、自分の「穢れ(邪気)」が
湯船に溜まるので、出来れば追い炊きせずに
毎日入れ替える事をお勧めします。
時に、酒塩を浴槽にまき、しばらくしてから洗うのも良いでしょう。
私は、定期的に風呂場に酒塩をぶちまけています。







6、風呂場に、松やヨモギを生ける
松は殺菌効果があり、ヨモギは「穢れ(邪気)」を吸い取ります。
風呂場は、人の「穢れ(邪気)」を落とす場所なので
常に清めていたい場所です。
松は、針葉樹なの年中あるので、重宝しています。^^)
ヨモギは、キレイにあらってから湯船に入れて
しばらくしてから入浴してもいいと思います。
松はマツヤニが出るので、間違っても湯船に入れないでください。
大変なことになります!











7、水シャワーを浴びる

人工的に温めたお湯より水の方が「穢れ(邪気)」が抜けるので
水シャワーを浴びることをお勧めします。
湯船で身体を温めた後からでも大丈夫です。
特に、冬場は「穢れ(邪気)」が弱まっているの効果があると思もいます。









8、自然と触れ合う機会を増やす
自然に囲まれた場所にいるだけで癒されるのは
「穢れ(邪気)」が抜け出しているからだと思っています。
登山など天に近い場所もいいでしょうね。
私は、瞑想などをしています。

気を付けないといけないのは、大自然でも禍々しい場所もあるので
自分が気持ちがいいと感じる場所に限ります。
目を閉じて、その場の気を体全体で感じ深呼吸をして
なんとなくスッキリ?と感じればOKです。

長野県内であれば、安曇野が個人的にお勧めです。
比較的気持ちのいい土地が多いです。







9、まめに部屋の喚起をする
「穢れ(邪気)」は自分自身も生み出しているので
どんな人も密室に長時間いるだけで、「穢れ(邪気)」が溜まります。
なので、定期的に外気を取り入れる必要があり
特に朝いちばんは、必ず喚起するようにしましょう。
午前中の気は「穢れ(邪気)」少ないからです。






10、鬼門(北東」裏鬼門(南西)玄関をキレイにする。
鬼門から裏鬼門の方位は、神様の通り道と言われてるのですが
確かに、この場所が汚れていると、「穢れ(邪気)」が溜まります。
人が通る導線に気の流れができるので
窓から入る空気がちゃんと流れるようにする事も大切です。
玄関は人の出入りが多い場所なので、汚れていると
常に「穢れ(邪気)」取り込んでいる状態になるのでキレイにしておきましょう。








11、観葉植物を育てる
大地に吸収された「穢れ(邪気)」は、エネルギー変換され
そのエネルギーを吸収して植物が育つような気がしています。
植物が元気だと、部屋の「穢れ(邪気)」が少なくなります。

逆に、「穢れ(邪気)」多すぎても植物は育たないので
植物が育たない=「穢れ(邪気)」が多い・・と考えてみるのも良いかもしれません。

実際に禍々しい気をまとっている人の家では
植物は育ちませんしね。








12、水をよく飲む!時に水素水を飲む
排尿排便は、「穢れ(邪気)を体外に出す行為となるので
私は、よく水を飲み、よくおしっこを出します。

また、水素水を飲むと、体内の「穢れ(邪気)」が吸い取られる体感があります。
医科学的に身体に良い効果はないとされているようですが
私の場合、体感できるので、「穢れ(邪気)」が現代医科学では
測定できないだけだとそう思っています。
毎日、飲んでいるわけではありませんが
行きつけの日帰り温泉場で定期的に飲んでいます。w









13、除草剤は使わない
大地は、邪気を吸収してくれるのですが、除草剤を使うと
その土地は死んでしまいます。
即ち、除草剤をまくと、土地が邪気を吸収しなくなり
周りの気が悪くなります。
夏場の草取りは、結構面倒ですが、草取りするだけでも
体内の邪気は抜けるので、まめに草取りしたほうが良いでしょう。






14、神棚、仏壇に感謝を捧げる
心から感謝する事などなかなかできる事ではないと思うので
感謝する練習と思って始める事がよいでしょう。
人が抱く負の感情は、感謝できない為に抱くので
感謝する事が出来れば、負の感情がどんどん薄れてゆきます。

具体的には、日々の当たり前に感謝する事から始めると良いでしょうね。
今日も無事に、起床できた。
今日も無事に、ご飯が食べられる。
こんな事を続けていると、布団を作ってくれた人たちに感謝で期すようになり
食べるものを作ってくれる人たちに感謝できるようになります。
毎日の当たり前に感謝できるようになると
心身が軽くなり、体調も良くなるでしょう。









15、神棚、仏壇に他人の幸せを願う
誰しも自分本位な思考をもって生まれてくるので
自分を差し置いて、他人の幸せなど願いえないものです。
なので、そう思えるようになるための練習だと思って始めると良いでしょう。

どんな人も世の為、人の為に尽くせるようになるだけで幸せになれます。
逆を言えば、その心がなければ、不幸な人生を過ごす事になるわけです。
とは言え、煩悩満載の状態でなかなか、そう思うことができないので
そう思えるようになる為に私がやってきた事です。

具体的には、身近な人から始まり、出会った人、見かけた人
一人一人の顔を思い浮かべ、その人たちに幸がある事を祈ります。
コンビニの店員から、スーパーのレジ係の方まで・・
特に、自分が嫌だと思う相手を思い浮かべてする事で
怒りの感情が薄れてゆきます。
怒りの感情が薄れるという事は、「穢れ(邪気)」が減るという事です。

簡単ではありませんが、習慣になると
自分の至らなさがよく見えてくると思います。



※仏壇や神棚もキレイに掃除しましょうね♪


16、善行を繰り返す
運気を上げる、良縁を作るには
日々の言動がとても大きな影響を与えます。
とは言え、なかなか己の至らなさなど気づけないものです。

誰かの為、何かの為に出来ることを繰り返していると
自分本位で我儘な己を知る事が出来ます。
例えば、相手の為にしている事なのに
心無い言葉を向けられ不快になることがあります。
よくよく考えると、不快になるという事は
初めから相手の為になんて思っていないわけで
無意識な言動の中に己のエゴがたくさんある事に気づけます。

また、ひと月単位で自身の言動を振り返り
多くの人の役に立てた翌月は
色々なラッキーが起きる事を体感できます。

その体験ができれば、自分自身が
目前の現実を生み出している事を理解できると思います。







軽く思いついた事だけですが、こんな所です。^^)
これだけで、本当に運気があがるの?と、思うでしょうが
やらないよりやった方がいいという程度です。
「穢れ(邪気)」に敏感な私は、やらないといられないですけどね。w



運気を上げるという事は、良縁をつくる事なので
最も重要なのは、自らの心の成長です。
人生とは、己の過ちに何度も気づき、繰り返し改善する事なので
己の過ちを、認め受け入れる事で、運気はうなぎのぼりに上昇します。
逆を言えば、自己改善なくして、運気は上昇しないという事になります。

とは言え、「穢れ(邪気)」は自身の心の成長を妨げる要因の一つなので
できれば、清める方向で過ごした方が良いとも思います。

自身の心が生み出すエネルギーは強力なので
いくら「穢れ(邪気)」を清めても
自分自身が生み出しまくっていれば、どうにもならないという事もお忘れなく~




ではでは・・

人間関係がうまくいかない理由

人間関係で悩んでいる方の相談が
重なったので
私の考え方を記してみたいと思います。


私自身、顧問をしている会社がいくつもあり
社内での人間関係のこじれなどにも良く対応します。
殆どの場合が、解決するのですが
解決できない場合は、当事者のどちらかが
痛い思いをするという経験が必要な時です。
つまり、事実と向き合う事を避け続けるという
選択をすれば、更なる苦悩が待っているというわけです。
どんな人も苦悩の中でしか成長できませんからね~
不徳が多いのに、その量に見合う苦悩が無い場合は
徳を積むしかないのですが、徳を積む気がなければ
更なる苦悩で、学ぶしかないのが自然の法則と言う事です。





で、人間関係がうまく行かない原因の
殆どが、「想いやり不足からくる理解不足」
だと思ってまいます。
これに尽きますね~
自分の見ている現実が全てだと
勘違いしてしたまま
自分の視野の狭さに気づけない・・

相手を周りを理解する心の欠如です。


例えば、自分にとって嫌な事をする
嫌な事を言う相手に対し
どうして、そんな事をするのか?
どうして、そんな言葉を向けるのか?
と、考えようとしない。

また、どうすればその相手は
自分が嫌だと思う事をしなくなるのか?
と、考えようとしない。

そして、自分は嫌な事をされないようにする為に
どう変わればいいのか?
と、考えようとしない。

それから、自分は相手にどうして貰えば
嫌な思いをしなかったのか?
相手になにを求めているのか?
その求めている事は自分にとって
どれだけ重要な事なのか?
と、考えようととしない。

目前の事象に対して、何一つ考えようとせず
ただただ、自分が正しく相手を「悪」として
終わらせているから人間関係がうまく行かないわけです。

冷静になって考えれば
当り前の事が出来ていないだけなんです。


例外もありますが殆どの場合
たった、これだけの事なんですよね~w

目前の現実は、自分がどう受け止めるか?次第なので
今、嫌だ!と思う相手に対して
自分が嫌だと思わなくなれば、嫌でも何でもないわけで
人間関係がこじれる事はないのです。
本来なら自分を成長させる為の
感謝すべき出来事のはずなんですが
感情に回せたままで、それに気づけない・・

ようするに
人間関係がこじれるのは
相手に何かを求めているからであり
相手に求めるのを止めれば良いわけです。
常に周りの人の幸せを願って行動していれば
人間関係がこじれる事なのないのです。
想いやりがあれば、人間関係は
うまくゆくものです。



相手の為を思ってしているのに
人間関係がおかしくなると言われた事があるのですが
実際にその方から話を伺うと
相手の為にしているのではなく
自分がその相手に認められたくてしていた為
人間関係がうまく行かなかったようで
ようは、善意の押し付けをしていたわけです。

とは言え、本人はその事に気づいていないので
相手の為にしているのにどうして嫌がられるか
理解できず、自分を嫌がる相手を「悪」としてしまう。
相手からすれば、自分が嫌な事をされ
それを受け入れなければ「悪」とする人なんて
関わり合いたくもないでしょう。







それから極まれに
ただ、居るだけで嫌われる人もいます。
何もしていないにに嫌がられるなんて不幸だ!
と、本人はそう思ってしまいますよね。
このタイプに人はよくイジメの対象になります。

その原因の一つは、強い「欲」です。
何が何でも自分の思い通りにしたい!
と常々そう思っており
自分の思い通りにする為に
あらゆる方法を考え
まわりをどんどん巻き込んでゆく人
そんな強欲な人は
全身から「強い欲のエネルギー」を
放っています。

誰しも、他人が持つエネルギーを
無意識に感じているのですが
他人が持つ「強い欲のエネルギー」は
「奪われる」と感じてしまい
どうしても無意識に拒絶しまうのです。
思考とか意識とか関係なく
身体が反応してしまいます。
ただ、居るだけで何もしていないのに
「なんか嫌だ」
「なんか感じ悪い」
「気持ち悪い」
「近寄らないで・・」
「見たくない・・」
と、そう思ってしまうわけです。





極まれなケースでもうひとつ
極端なナルシストな人も同じように
居るだけで、嫌われますし
イジメの対象になったりします。
これは、他人から認められたい!
褒められたい!尊敬されたい!という欲望が
極端に強く、驕りや慢心の塊になっているからで
この場合も相手に求める欲が強いので
奪われると無意識に感じてしまうからです。

避けられるだけなた良いのですが
不快さが増し続ける事で排除の対象とし
イジメという行為にエスカレートするわけです。











極まれなケースはさておき
一般的な人間関係がおかしくなる
パターンを記してみたいと思います。


〇自分を省みる事ができない。
常に自分が正しいという位置付けで物事を
判断してしまうので「悪」を生み出し続けてしまい
その「悪」が自分に返ってきてしまう。
自分が生み出した「悪」はエネルギー化し
自分自身に刻み込まれますし
そんなエネルギーを放った人と
仲良くしたくないもの仕方ないでしょう。
自分を省みる事ができないと言う事は
自己の心の成長をストップさせている状態なので
心を成長させようと嫌な出来事ばかり起きてしまうのが
大自然の法則です。
去年の自分と比べて、何か成長できたか?振り返り
何も成長できていなければ
嫌な出来事が起きるのは当然の事なのです。
目前のどんな出来事も自分自身の成長の為に
起きていますからね~






自分都合でしか、出来事を判断できない。
人それぞれ価値観が違う人が関わり合うのが
人間社会での人間関係というモノなので
自分の価値観でしか物事を判断できない人が
人間関係がうまく行くはずもないでしょう。
自分が心地よいと感じる人は
自分の価値観を認めてくれる人であり
自分の価値観を押し付ける人は
誰でも、嫌だと感じるものです。
自分の考え方を回りに主張し続ける行為は
周りの人を不快にし続ける行為となるわけです。
自分の考え方を主張したいのであれば
まずは、相手の考えを認めてからするべきでしょう。
自分と違う価値観を認めて受け入れる事ができなければ
誰でも人間関係はぎくしゃくします。





欲深い強欲
自分の欲望を満たす為に周りを巻き込む人は
誰でも、ウザイし面倒だし嫌でしょう。
関わり合いたくないと思うのは当然です。
そんな人は、自分の事ばかりですし
周りに気を遣う事など全くしないので
一緒にいる人たちは、気を使い続ける事になり
ただただ、疲れる相手となってしまうわけです。
我慢しながら付き合うのは
しんどいですからね~出来れば避けたい所です。







善悪でしか物事を判断できない
善悪でしか物事を判断できない人は
常時「悪」を生み出しています。
自分の価値観に沿わない人を「悪」とする為
極端に視野が狭く、極端に少ない情報の中で
物事を判断している為
人間関係がおかしくなった原因に
全く気づけない状態に陥ります。
自分は常に正しいと思うって事は
自分の価値観しか認めていないだけなのですが
その事にすら気づけないからです。
そんな人と一緒にいる時は
同じようにその人の価値観に
合わせていなければならないので面倒ですよね。







ゆるす心の欠場
ゆるす心が欠如している人は
たった一つの過ちに苦しむ事になります。
他人にも自分にも厳しい人は
ただ単に、ゆるす心が欠如しているだけなので
そんな人と関わり合いたくないと思うのは当然でしょう。
また、ゆるせない出来事は
ゆるす心を学ぶ為に起きるので
そんな人の周りには、ゆるせない人だらけになるはずです。
理不尽な嫌な出来事なかり起きるでしょう。
本当は理不尽でもなんでもないんですが
自分が正義なので、その事すら気づけません。
即ち、一緒にいれば、人の悪口ばかり
聞かされる事になるのです。
そんな人との関係も疲れますよね。






嘘、誤魔化し、偽りが多い
自分を正当化する為に嘘や偽りばかり
言う人とは、話すのも面倒です。
事実ではない話は、何も生み出さないまま
ただただ時間が浪費されるだけですしね。
そんな事を繰り返していると
そんなエネルギーがにじみ出ているので
はじめから自分の話を聞いてくれる人などいなくなります。
だれも自分の話をちゃんと聞いてくれないと思うなら
自分の本心と向き合いちゃんと相手に伝えているかを
振り返ってみるといいでしょう。






ずるい、正直じゃない
何事にもずるく立ち回り、楽を選択し続けると
他人に利用されたり騙されたりする事が増えるでしょう。
また、肝心な事を相手に伝えず
嘘は言っていないと逃げ道をつくるような
話し方を繰り返していると詐欺にあったりもします。
図々しく他人を利用して過ごしていても
同じような出来事が起きます。
因果応報・・人が逆らえない自然の法則です。






誰か何かの為にと、行動する経験が極端に少ない。
誰かの為、何かの為と行動できないと言う事は
自分本位な視野しか持たないまま過ごしている事になります。
当然、自分の事しか考える事ができない
人となど、関わりなど持ちたくないものです。
誰しも自分を理解して欲しいと思うモノなので
他人を理解しようとしない人は
自分を振り回す対象に過ぎないのです。







感謝する事ができない。
心から感謝できれば、感謝の対象に報いようとするので
無意識に、誰か何かの為に尽くす行為をしています。
その行為が自分の視野を広げ
また、相手を理解する心を育み
自分の至らなさを見つけるきっかけとなります。
逆に感謝できないと言う事は
視野が狭く、相手を理解せず
自分を省みる事をしない人なので
他人からすれば、関わると面倒な人となるので
人間関係もうまく行かないでしょう。







「めんなさい)と言えない。
誰しも、自分の過ちを認められない人と
関わりを持ちたくないのは当然の事でしょう。
自分の過ちを認めず、言い訳ばかりする人には
うんざりするものです。
しかし、往々にして自分がそうだとは気づけないものです。
自分が「ごめんなさい」とどれけ口にしているか?を
振り返ってみるとよいでしょう。
誰しも「ごめんなさい」の数だけ成長するものなのです。







損得勘定で判断した行動しかできない
常々、自分にメリットがあるか?否か?で
物事を判断し、行動している人は
自分にメリットのあるものしか興味を示さず
理解しようとしないので、視野が極端に狭くなります。
人間関係も自分にメリットがあるか否かでしか
関わりを持とうとしないので
そんな人と人間関係を築きたいとは思わないでしょう。
相手にとって自分が道具だと思われるづける訳ですし。











と・・こんな所でしょうか?
色々なケースがあると思うのですが
とりあえず、思いつくまま記してみました。

これらの考え方を受け入れる事で
実際に改善した方々が多々いらっしゃるので
あながち間違いという事ではないと思っています。

とは言え、殆どの方が
「そんな、はずはない!」
または、「そんな事わかっている!」
と、思ってしまうんですよね~
そもそも人間関係がこじれる人は
自分の価値観しか認めないので仕方ないんですけどw
でも、目前の現実が自己の言動の結果なので
自己改善しなければ現実は変わらないんですけどね。






自己改善するにはどうすればいいのか?は
誰かの為、何かの為になる事を
週一くらいで繰り返すといいと思います。
それが出来ないと言うう事は
自分の事しか考えていない証だと
自分を戒めると言いでしょう。w

繰り返して行くうちに
目の前の世界の見え方が大きく変わるのを
自覚できますしね。


自分が良かれと思ってした事に嫌がられたり
迷惑がられたりする事で
自分と違う価値観を理解できますし
他人の視点で物事を見る事ができるようになるので
自分の視野がどんどん広がります。
実際に感謝される事が出来れば
徳を積む事になりますしね。

あと、それを継続すれば
その経験値が血肉に刻まれて
先祖代々背負っている負のモノも改善できます!


良い事づくしなんです!w




人間関係で悩んでいるのであれば
一度、お試しください~

3階建ての建物が凶相なのはなぜ?

新店舗の出店場所を観て欲しいとよく頼まれるのですが
やはり、良い場所の方がいいので、気になる所ですよね。

でも、良い場所に縁がなければ、めぐり合う事などないわけです。w
いくら探しても良い物件が全く見つからない・・
なんて人は結構いるんじゃないですかね~
結局は縁がなければ良い物件は見つからないですし
良き縁を持つには、常日頃の言動がモノを言うわけです。
即ち、自分の過去からの言動を振り返り
「徳」があるか?ないか?次第と言う事です。
どの道、徳が無ければ何をやっても空回りしますしね~w

そして、気付くのです!
そもそも良い縁なんてないじゃん!と!w


という訳で、誰しも良い物件など初めから見つからないと
そう思った方が良いと、そんな気がしていますw
なので、最悪な場所でなければ良しとすれば良くない?
なんて、思ってしまいます。

そもそも、新築物件でなく空き店舗なんてものは
空いているんですから、良い場所のわけがないんです。w
空いている=あまり良くないから空いている
と、そう思った方が良いでしょうね~
自分は運が良く、良い物件で出店できる!
な~んて、期待してしまう気持ちもわかりますが
自分の過去からの言動と照らし合わせて
考えるべきでしょう。w


でもでも、やっぱ良い場所がいいですよね。
なので、気を付ける点だけご説明しておきます。

あくまでも、私が実際にそう感じる・・という根拠の
お話しなので・・ご容赦を!
風水とは、違うようなんです・・・





まず、日本古来から言われている鬼門、裏鬼門
この場所に、玄関やトイレ、風呂、があるとNGです。
出来れば、キッチンも避けたいですね~

実際に長く空いている店舗物件や
何度も経営者が変わる物件は方位が悪いです。
ガッツリこの鬼門裏鬼門に
玄関やトイレなどがあったりします。


神道的に言えば、鬼門から裏鬼門は神様の通り道と言われており
神様の通り道上に人の出入り口があったり
人の穢れを集めると、神様が来てくれない=福がない
と、なるわけです。

個人的には、地球が自転して出来る
気の流れに影響があるんだと思っています。
現にそう言った場所は、穢れが溜ってますしね。
穢れが溜まる場所は、どんな人も無意識に避けてしまうんです。
意識ではなく、身体が無条件にそう反応するわけです。
なので、商売には向きませんし、住居としても良縁がなくなるので
何だかんだとトラブルが多くなるでしょうね。


f:id:tenna_jp:20190602004248p:plain



なので、店舗物件などを探す時は、そこを見て下さい。
往々にして、空き店舗などは、鬼門裏鬼門に
出入り口があったり、トイレがあったりするので
改装で場所を変えられる物件なのか?確認しましょう。



もう一つは、気の流れです。
良い気を取り込んで、その流れを作れるか?
どんな人も穢れを生み出すので
それを溜まらないようになっているか?という所です。

ご存知のように朝は気持ちがいいですよね。
夜のうちに穢れが鎮まるからなんです。
まぁ~月光も浄化の力がありますし
大地も穢れを吸収しますしね。
増して人も眠っているので穢れを生み出していないから
穢れを生みだす原因もなく
日中生み出された穢れが浄化された後の
朝は気持ちいいわけです。

そんな気持ちの良い午前中の気を取り込む事ができれば
建物の中も穢れを浄化できるんです。

なので、東から南にかけて日光や空気を取り込めるか?
まぁ~窓があり換気も出来ればいいでしょう。
なければ、着ければいいですしね。


できれば、入口も東から南にかけてあるといいですね。
人が良い気を連れて入ってきますしね。




また、道路を挟んでも左右でかなり違ってきます。
冷静になって道路を走ってみると良くわかります。
どのお店が気になるか?
感じてみてください。

f:id:tenna_jp:20190602011209p:plain


人の意識は、気の良い方に向けれれるので
東から南からくる気が溜っている場所に意識が向くわけです。




それから3階建ての建物がまぜ?凶相なのか?は
立体的に考えると、3階建ては凶相と言われているんです。


f:id:tenna_jp:20190707193253j:plain

一般的に方位は平面的に考えられていますが
上の図を縦て立体的に考えてみると
3階建てにする事で
鬼門・裏鬼門をわざわざ作ってしまう事になります。


これは、地球が螺旋状に動いている事が
関係しているんでしょうかね?
なんとなくそんな気がしています。

実際に3階建ての建物に入ってみると
気持ち悪いです。
何というか気の流れが巡っていない感じ?で
私は落ち着かないですね~
感じる人はなんとなく
違和感を感じるんじゃないですかね?

まぁ~3階建ての建物は
なかなかないですけどね~
昔から凶相と言われている建物を
わざわざ建てる事もないですから・・


とは言え、それを迷信くらいに思っている
業者の方も多いですから
ない事はないんですよね~
利便性を優先して方位を無視している
建物は結構ありますし。


ようするに
3階建ての建物は
鬼門裏鬼門を増やしてしまい
使いにくい建物となってしまう。

立体的にみて穢れの溜まりやすい
建物になってしまうわけです。

穢れを生み出すのは人なんですが
その建物を使わなくても
人が存在する以上、穢れが溜まるわけです。
人里離れていればいいのかも?
しれませんけどね~


6階建ては?
9階建ては?
なんて聞かれる事もあるのですが
「3」という数字に意味があるようです。

中心と左右・上下と
区分けできるとマズい感じがします。

「3」については、長くなるので
また機会があったら記しますね。



なので、6階建てや9階建てでも
不味い建物はあるとは思いますが
逆にそうではない建物もあると思います。


あまり気にしすぎるのも良くないと思いますし
とは言え、全く気にしないのも良くないかな?

最低でも気持ちの良い「気」が
流れる建物という所に気を付ければいいので
鬼門・裏鬼門と東~南にかけて
日光や空気を取り込めるか?
あと、3階建ての建物は避ける・・

この3つを抑えておけば
問題ないと思います。


とは言え、結局は「縁」なので
「徳」を積んでいれば、なんだかんだと
良い物件との縁が出来ます。


実際に借りた店舗は問題なくても
その隣の建物が最悪だったりする事もありますからね~

すぐ隣から常に
禍々しい気が放出されていれば
その周りは、全滅しますしね。w

逆に、穢れを常時、浄化できるくらいまで
徳を積み続ければ、方位など気にする事もないわけです。
実際にそんな人もいますしね。


いくら方位を気にした所で
不徳が多ければ何ともならない・・・
不徳が多ければ、常に多くの穢れを
生み出しているわけなので
方位の良い建物くらいでは
浄化しきれないわけです。w


まぁ~往々にして、そんな人は
よい物件や土地には縁がないですけどね~




ではでは・・