修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

ストーカー被害から学べる事

先日、ストーカー行為に悩んでいる方の相談を受け
ストーカー行為がおさまったとお礼のメールを頂きました。

まぁ、私が何かしたわけでもなく
単にストーカー被害に合う仕組みの一例を
お話しただけなんですが、たまたま、はまったんでしょうね。

お話した内容は、ただ単にストーカーをする側の気持ちを考えてみて
自分に当てはまる所を探して改善してみると言う事だけなんです。


まず
〇ストーカーをする側

ストーカーをする側は、悪気はない。
悪意があるわけではなく、ただ、好きで好きでたまらないのです。
惚れた相手が、何かに困ったりしていないか?
見守っているだけだと、思っている人もいますね。
例え、盗聴盗撮したり、下着を盗んだりしていたとしても
本人は善意からしている事だと思い込んでいたりします。w
恨みや憎しみで執着する場合もあるでしょうけどね~
それも愛欲の裏返しだったりもする。

ようは、思い込みが激しく、何でも自分都合で判断しており
常に自分は正しいので、迷惑をかけている事に自覚がない場合が多い。
また、自分に都合の悪い部分は、あえて見ないようにするので
迷惑をかけている、嫌がっている・・という現実を
受け止めようとしないわけです。

嫌がるのを楽しむ人もいるでしょうがそれも、愛欲でしょう。
歪んだ好意っていうやるです。

まぁ~いずれにせよ相手の気持ちを理解しようとする思考が
欠落しているわけです。

こんな人がストーカー行為をし
逮捕されたりする事が多いですね。



私は過去に多くの人からストーカー被害の相談を受けてきましたが
殆どの場合、ストーカー被害に合う人にも、同じ一面があります。
と言うか、無かった事がないですね〜

同じように他人の価値観を理解しようとする思考が、欠落している事が多いのです。
その事に自覚がないし、これを伝えると怒りだす人もいましたね〜
まぁ、他人の考え方を察する思考がないので、無理もないんですけどね。w

かく言う、私もストーカーされた事がありますし
その頃の私も自分の考え方が常に正しかったですね~。
当然、ストーカーする側と同じ一面がある事など
受け入れる事なんてできませんでしたし~。^^;)






で、ストーカー被害に合うタイプ的には・・

〇善悪の判断に固執して、悪をゆるせない人

〇愚痴や否定批判が多く、常に悪を探していないと、いられない人

〇自分の価値観が常に正しくて、その価値観を
常々無意識に他人に押し付けている人

〇良いこと、正しい事に、こだわりすぎて
周りに迷惑を撒き散らしている事に気付けない人

〇認められたいと言う欲望が強かったり
拒絶される事を極端に嫌ったりする人

〇何事も欲深く、強引に自分の思い通りにしようと物事を進める人

〇自分に都合の悪い事を直視できず、やたら言いわけが多い人

と・・だいたいこんな感じの人が多いのですが
ストーカー行為をする側が『悪』と断定する思いが強い人が多いですし
基本的に自分の価値観が全てなので
こんな話をいくらしても、腑に落ちない人が殆どでしたね~^^;)
人それぞれ価値観が違うという事すら気づいていない人もいます。



お礼のメールを下さった方も
今まで他人の価値観について考えた事がないとおっしゃっていました。
どうして、こんなひどい目に会うのか?私は何も悪くない!と
こればっかりだったと・・・
まぁ~人間なんてそんなものですし
私もそうだったのですが
苦悩に直面すると言う事は、そろそろ改善しなさいよ~と
大自然が教えてくれているんだと
考えるようにすれば、色々と自己改善出来て
未来が明るくなります。

経験値が違えば、考え方や捉え方、判断基準も違うのですが
自分との違いを受け入れる事ができない。
と言うか、その事に気付けない・・・
長年そんな過ごし方をすると、当然そんなエネルギーを蓄積し続けるので
同質のエネルギーを持つストーカー被害に合うわけです。

常日頃から周りに嫌な思いをさせている事に気づけないと
絶望を感じたりする事もあるでしょうね。
絶望とは、ただ単に自分を省みる事ができない為に
起きる戒めのような気がしています。


ストーカー被害という出来事は、そんなメッセージが含まれているので
その事に対して自己改善できれば、目前の現実が変わるわけです。



自分が変われば、自分から生まれるエネルギーが変わるので
目前の現実が変わる・・と言う事です。
とは言え、過去の言動で蓄積し続けたエネルギーもあるので
不徳が多ければちょっとやそっとでは、なかなか改善しない人もいます。
(私のように・・^^;)


今回、相談をくださった方の場合は
年齢的にまだ若いので、不徳も少なかったんででようね。
なので、ちょっとした事で、すぐに改善されたようです。

ん~・・羨ましい限りです!w



個人的には、ストーカー被害に合う人は
他人の心を理解する思考の欠落がほとんどだと思っています。
逆を言えば、そこを改善する事が出来れば
平穏な生活を送る事が出来る訳です。

たまたま、そんな人ばかり相談を受けたのかも?しれませんが・・


他人の心を理解しようと努力するようになると
他人に対して不平不満やダメ出しが全くなくなるので
そうなった頃には、穏やかな日々を送れているはずです。

ストーカー行為をする人を『悪』としているウチは
なかなか現実は改善できませんけどね~



でも、ストーカー被害も
自己改善すべきだというシグナルの一つである事は
間違いないと、そう思っています。

なので、ストーカーの加害者が逮捕されたところで
その行為を悪としている以上
さらなる苦悩に直面するはずなので
この機会に自己を省みるのもいいかもしれません。


私は、これが、大自然の法則ってやつだと、そう思っています。^^)

勤行を止める事で貴方は必ず救われる!(宗教団体を退会したくて悩んでいる方へ)

日本全国に様々な宗教的団体が
無数にあるのですが
怖くてその団体を抜けられない・・・
という相談をちょくちょく受けます。
脱会すると言ったら脅された・・
という相談もホント多いですね~


なので、私の体験談を記してみたいと思います。
宗教批判っぽい内容なので
不快に思う人も多いと思いますが
あくまでも、今の私の体験に基づく
価値観に過ぎませんので、ご容赦を。m(_ _)m








昔、霊障がひどくて参っている頃
寺をはしごし霊能者や新興宗教など
様々な所に足を運びました。

そこでよく言われた言葉が
『勤行をするだけで救われる』です。


私が20代の頃、金縛りがひどくて
1ヶ月ほど眠れない事があったのですが
睡眠と食欲は直結しているらしく
体重が50㌔を下回るほど痩せこけてしまいました。

で、助けを求めた新興宗教
言われたのが『勤行をすれば救われる』という言葉です。

実際に勤行をする事で、金縛りがなくなったので
当時の私は奇跡だ!くらいに思って盲信しましたね~w

でもそのうち、勤行を続けていても
また、金縛りになる様になり
その事で言われた事は、『勤行が足らない』という言葉です。

なので、勤行をする時間を増やすようになりました。
勤行をする時間を増やす事で
また、金縛りはなくなるのですが
しばらくすると、同じように金縛りになる・・
で、更に勤行をする時間を延ばす・・・

こんな事を繰り返していると
さすがの私も気づきますよね~

まぁ~そもそも
金縛りになる原因を全く無視してますしね~w
根本的な解決になっていない!と
そう思うようになったわけです。



ひょっとしたら目の前にいる菩薩様は
御仏ではなく魔物ではないのか?
一時的に苦悩を解放し
自らの進化成長を止めて
人々を陥れているのでは?


勤行をする事で救われる⇒
何の努力もせずに自分の思い通りになる
即ち、人を堕落する為の言葉なのででは?

くらいに思えてきたわけです。w



当然、脱会するのですが
脱会するのが超~大変だった事を憶えています。
地獄に落ちるとか罰があたるとか
色々と脅されるのですが
地獄に行ってみたいんです!と言って私やめました。w
まぁ~退会後も色々とあったのですが・・
その後は、新興宗教だけは気を付けなければ!
と、思うようになったわけです。w

入会時は誰しも仏様のようにやさしかったのに
辞める時の幹部の方々は皆さん般若のようでしたね~w

で、その時、思ったわけです。
やっぱ魔物集団だったのか!と・・w

こんな事が蔓延しているので
宗教=怪しい・・という風潮があるんでしょうね~





その後も色々な所に顔を出し
結局、修行三昧の日々が続くのですが
激しく修行したおかげ?なのか?
経典や祝詞には、それなりのパワーが宿っており
それを言葉で唱える事で
自身がまとう邪気が浄化されるのだと
私はそう思うようになりました。



辛い事、嫌な事、が起きている時は
間違いなく自身が邪気を纏っているので
それがなくなれば、一時的に現実が改善されるわけです。
とは言え、その邪気は普段の自己の思いや言動が生み出しているので
そこが変わらない限り、また苦悩に襲われるわけです。

そもそも苦悩とは、自己を成長させる為の自然の仕組みなので
自己の成長無くして、苦悩が改善されるはずもないのです。
勤行をした所で、一時的な改善にしかならないのも当然で
強制的に苦悩を排除すれば
更に大きな苦悩に襲われるのも必然でしょう。

勤行をする事で、目前の現実を改善させる事は
自らが生み出した苦悩の原因を無視する行為となり
せっかくの自分を成長させる機会を無くしている事になります。
精神年齢が幼いまま、肉体年齢のみが高齢になってしまうわけです。

また、勤行をする事に問題があるわけでなく
何の為に勤行をするのか?という所でしょう。
私自身は行者を自称しているので
勤行は、自己を見つめる為、自己の成長の為
また慈愛の精神を学ぶ為に行っています。
宗教的な行為も否定するつもりはありませんし肯定です。

『勤行をすると良い事がある』という動機で
せっせせっせと勤行をしていた頃の自分を振り返ると
何でも願いを叶える呪文を教えてもらった状態で
アニメの世界と現実を混同していたような感じですかね?
まぁ~外見は大人でも
精神年齢が幼児のままだったわけです。w

冷静になって考えれば
どんな苦悩も自らの努力で乗り越えるべきなのですが
その努力の時間を勤行に費やしてしまう・・
もう、どうしようもないアホですよね。w

とは言え、苦悩からの解放手段が見つからないため
なんだかんだと、『救われる』という言葉に流されてしまうわけです。
勤行により現実が若干改善されますしね。
まぁ~楽をして苦悩から解放されればラッキーですからね。
でも、『良い事がある』という動機で勤行をした所で
一時的な解決にならないですし
ただの現実逃避にすぎないわけです。


そもそも、ほとんどの経典には
慈愛について記してあるのに
唱える側が、良い事があるから!
じゃ~おかしいですよね。w
全くもってその事に気づけないのは
人の欲なんでしょう~
強欲であればあるほど気づけないと思います。

脱会の申し出に対して
地獄に落ちるとか、罰が当たるとか・・
慈愛の心の欠片もないですよね。w
相手の気持ちを尊重して受け入れる事が
慈愛の精神じゃないのだろうか?


日本最大の新興宗教団体が
アメリカからカルト集団認定をされているのも
仕方のない事なのかもしれません。




経典や祝詞って結構な力があるんですよね~
特に仏教での法華経は強烈なので
毎日、勤行をする事で
目前の現実が好転する事が結構な確率であると思います。

何でも願いが叶う呪文を手に入れた
子供の用になってしまうのも
仕方のない事かもしれません。

でも、その世界にドップリ浸かってしまうと
勤行を続けた期間に準じて
最悪の出来事が起きるような気がします。
なぜならば、私たちの人生は
自己の心を成長させるためにあり
また、目前の現実はその為に起きるので
苦悩の排除は、自己の成長をストップさせる事と同義だからです。

何度も同じような嫌な出来事を繰り返すのは
そんな仕組みがあるからです。
自からに与えられた苦悩は
自らの力で乗り越えるべきであり
また、初めから乗り越えられる苦悩しか与えられない・・
それを単に排除してしまえば、成長が止まってしまし
幼い精神年齢のままでいる事になる。


苦悩を排除し続けて
よくあるケースが自分や家族の病気です。
癌や半身麻痺などが多いですかね~
精神病になる確率も高いです。
この手の苦悩は結構な人数相談を受けた事があります。
勤行によって手に入れた富が
治療費などで一気に出て行く事になるでしょう。
介護によって自分の時間も失うことになるでしょうね。

勤行よりもっと大切な事を
大自然に教育されるわけです。



私は、己の欲望を満たす為に
勤行をしているのなら、さっさと止めるように
言うのですが、怖くてやめられないと言う返事をよく頂きます。
まぁ~良い事があると信じてやっているわけで
実際にそこそこ煩悩が満たされると
やめると嫌な事があるのでは?と思ってしまうのも
仕方のない事でしょう。

仮に、毎日勤行をする時間を30分とすれば
月間15時間なので
月に一度15時間分の奉仕活動をしてみると
どっちの結果が良いのか?が明確になるので
そうする事をおすすめしています。

某宗教団体信者は10人に1人いるそうなので
日本人の10分の1の人たちが
月に一度15時間、世の中の為に奉仕したならば
素晴らしい国になると思うんですけどね~

逆に多くの国民が
勤行をすれば欲望が満たされると信じて
自らを成長させる努力を怠っていれば
ダメ人間が増え続け、我が国は崩壊するでしょうね。

人間の欲とは、こんな簡単な事も見えなくしてしまうんです。



結論を言いますと
勤行をする動機が、欲望を満たす為であれば
救われるどころか、逆効果だと言う事です。
理由は、自己の成長を止める行為になるからです。
そんな勤行ならさっさと止めた方が幸せになれるでしょう。

地獄に落ちるのは、そんな勤行をしている方でしょうね。
実際にそんな勤行を止める事で
大きく現実が好転している人をたくさん見てきましたし
癌や半身麻痺などの病を患っている人の
統計でも出せば、明確になるじゃないですかね~?

先祖供養はご先祖様を敬愛し感謝する行為であり
苦悩を解放してもらう為にするのではなく
また快楽を満たしてもらう為にするものでもないわけです。
『勤行をする事で救われる』と言う事は
唱える経典に記してある慈愛の精神に近づく事で
幸せになると言う事だと私はそう思っています。

ご先祖様も自分の欲の為に供養する時間があったら
もっともっと他人に尽くす事を願っているはずです。
今を生きている人の方が大切なはずなのに
実際に、そこに目を向けられないから
様々な苦悩に直面する事になるわけですからね~

そもそも、快楽を満たす事が
幸せだと思っている人が多いので
おかしなことになるんでしょう~w

慈愛の精神に近づけば近づくほど幸せになれますし
経典には、そんな内容が記されているわけです。



今、宗教団体を退会したくて
悩んでいる方は、さっさと止めて
自分の足で、自分の未来を切り開く事をおすすめします!

私たちは、それが出来るように創られて
生まれてきていますしね。^^)

他人の価値観を認めて受け入れると、結構楽ちんに過ごす事ができる

人の価値観は人ぞれぞれ皆違う。
そんな事は誰しも知っている事なのに
なかなかそれを認めて受け入れる事は出来ない。

だって、自分と違う価値観を
認めて受け入れると言う事は
自分が我慢しなくちゃいけない事だから・・
そんな事したら、ストレスで気が狂うよ~~~~
と・・・そんな感じで人は争うわけです。w


私自身、ガキの頃からおかしな感覚があり
周りの人と見えているモノが違う事など
薄々知っていたわけですが
どうしても、その事実を受け入れる事が出来ず
長い間、現実を空回りさせながら過ごしたものです。w

自分と他人が見えているモノが違う事を
受入れる事が出来たのは、30過ぎてからですね~

明らかに他人と価値観が違うのは
そのせいだと思うようになり
周りの人たちは、どう感じてどう判断しているのか?
そればかりを観察し、考慮して接する努力をするようになりました。
はじめのウチは
『なんで?』『どうして?』
ばかりでしたね~www

かなり遅い気づきです。^^;)

そして、20年以上一緒に暮らしている妻でさえ
今だに、私の感覚は理解でず
たまにブチ切れしております。w

まぁ~私がついつい言葉以外を
キャッチして会話してしまうので
会話が成立しなかったりする分けです。^^;)

でも私は、この感覚のない相手が
なぜそうなるのか?を理解できるので
昔のように喧嘩になる事はなくなりました。w

他人の価値観を理解する事で
こんなに楽ちんに過ごせるものなんだ!と
つくづく感じるようになったわけです。

要するに相手の価値観を理解する事で
自分の価値観を押し通す事が無理だと気付けるわけです。

相手を自分の思い通りにさせようとすればするほど
どんどんとおかしな方向に行くような仕組みの中で
私たちは、生まれた時から過ごしているんでしょう~ね~



誰しも、自分の思い通りにならなければ
ストレスを溜める事になるのですが
そうは言っても、自分の思い通りにならない原因を
知る事が出来なければ
辛く苦しい現実が永遠に続いてしまいます。
とは言え、自分の思い通りにしたいのが人の性なので
変わるべきは、自分ではなく自分以外であり
常に自分を正しい位置に起きながら
周りを悪として判断してしまう。
他人の価値観など二の次なんです。w

自分に都合のいい部分だけを
切り取って解釈し
自分の都合の悪い部分は
気付かないふりをする・・
誰しもストレスを感じたくないですしね。w

自分自身を悪として落ちて行く人もいますが
それも、過去の経験で悪を生み出した結果
それが自分に返ってきている事が多いでしょうし

人の生とは、なかなか因果なモノですね~











誰しも自らの経験や体験に基づいて
自らの価値観が構築されてゆくものであり
新たなる体験や経験によって
その価値観は常に移り変わって行くものでしょう。

人それぞれ、生まれた環境、育った環境が違う為
経験する事、体験する事が違うものです。
従って、価値観も人それぞれ違うわけです。
尖閣諸島竹島海上保安に従事している人と
全く無関係の人では、憲法改正についての
考え方も違うでしょうし
食べ物の好き嫌いがあるように
様々な物事に好き嫌いがある・・
同じ風景を他人と一緒に見ていても
見え方や感じ方は、人それぞれ違うモノなのです。


そして、この世の中は
慈愛の精神を育むように創られているので
どうしても、他人の価値観を認めて受け入れる必要がある。
それが出来ないだけで、辛く苦しい出来事が
積み重なるように、この世は創られているわけです。


私たちは常に自分以外を理解する事や
自分以外をゆるす事を学ばされる為の出来事を
現実として常に突きつけられているわけですが
善悪の判断基準で思考が働くため
なかなかその事に気づけない・・

相手を理解できれば、ゆるす事は難しくないんですよね~
自分に対して嫌な事をする相手は
そうするだけの体験や経験をしているわけで
また、それをしない為の体験をしていないだけなんです。
とは言え、自分中心に物事を考えるように創られている
私たちは、そんな事など考えようともしないわけです。


今、目前に辛く苦しい現実があるのであれば
その原因となっている相手をどこまで理解しているか?と
自問すると、相手の事を何も知らなかったり
また、自分との違いにイラついているだけだったり
する事がわかります。

自己の正しさを基準として
物事を解釈しているだけに過ぎないので
実は、とっても狭い視野の中で
物事を判断しているんです。

狭い世界で過ごしているから
辛く苦しい事が続くのだけなのですが
自分以外を責め続けてしまう・・

周りの人たちと自分の価値観の違いを
知っているのと知らないのでは
ストレスの溜まり方が大きく違うでしょう。

会社でも経営側と、運営側では
普段の経験や体験が全く違うので争ったりします。
これは、それぞれお互いの立場を主体にしてでしか
現実を見ていないからです。
毎日続けば、かなりのストレスですよね~

『知らない』と言う事は怖いですね~



私の場合、自分が一般の価値観とかなりのズレがあり
社会的不適合者だという自覚があります。
なので、このブログを不快に感じる人も沢山いるはずです。w

私には、余計な感覚があるので
一般論としての善悪が逆転する事が多くあり
昔は、窮屈な毎日を過ごす事しか出来ませんでした。

凶悪犯のニュースを見ても、加害者より
被害者の方が悪人に見える事の方がい多いのです。

凶悪犯と同じ血を背負ったら
私も同じ事をするだろうなぁ~・・とか?
そんな風に思ってしまう事もあります。


良い事、正しい事に拘っている人に限って
ドス黒いエネルギーを纏っている人が多いですし
逆に自分のダメさ加減を素直に認めている人の方が
暖かいエネルギーを纏っている。

そう感じ、そう見えるので
仕方のない事なんですが
そんな風に感じて見える人なんていないですもんね。w







私も人間なので不平不満の感情が生まれたりするのですが
不満を抱く対象に対して、どれくらい理解しているか?と
考えてみると、何も理解していない事に気づきます。w
相手を理解していないのに、不満をぶつけるのは
ちょっと傲慢だったと思うわけですが
その時点で、負の感情が消えているわけです。
当然、負の感情の蓄積が軽減されるので
その先の未来も過ごしやすくなります。

そもそも、相手を理解できれば
不平不満の感情など生まれないのが
この世の仕組みなのでしょう。

誰しも自分本位に生きるような
思考をもって生まれてくるわけで
生きて行く過程で様々な体験をしながら
自分以外を理解するものでしょうね。
従って、生きてきた過程によっては
自分本位なままなで過ごしている人も沢山いるわけです。

ネットの炎上を見れば解るように
相手の価値観など全く無視して
自分の考え方をぶつけまくるのが人というモノです。w

著名人に発言によって傷ついたと訴え
その著名人に謝罪させ
鬼の首でも取ったと言わんばかりの会見を見ると
極めて幼稚な行為だと思ったりします。
だって、どんな言葉も受け取り方自分次第なので
傷つかない受け取り方が出来ないままという事なんですから。

人を傷つける事を悪とするのであれば
人との関わりを絶つしかなくなりますし
死刑宣告と同じだと思ってしまうわけです。
まぁ~これが私の価値観なのですが
でも、些細な事でいがみ合うのが人なんでしょうね。

自分自身の心を磨く経験がなければ
どうしても自分視点でしか物事を解釈できないのは
仕方のない事なのです。
ルールを守らないのは犯罪ですが
他人を思いやらなくても犯罪じゃないですしね。

でも、大自然のルールは
慈愛に反した言動には、苦悩を与えます。
なので発言に対して訴え勝訴した人の未来は
辛く苦しい出来事が待ち受けているわけです。

人間が作った自分たちに都合の良い
社会のルールと自然界のルールは
全く別物ですからね~


社会のルールを守らなければ
私たちの社会はメチャクチャになってしまいますが
大自然のルールを無視していれば
理不尽だと感じる現実ばかりを体験する事になる。

そもそも、理不尽な出来事など
この世の中に存在していないんですけど
自然の法則を無視するから
理不尽だと思ってしまう・・・
これも、理解不足と言う事でしょう~




結局は、体験、経験でしか
理解できない事ばかりなので
言葉や文章だけでは、なかなか伝わらないものなんです。
だから人と人との意見がすれ違う・・・
体験、経験が違うから・・

争いやすれ違いを無くすには
まずは、知る事が大切なんでしょう~ね。

多くを知れば、自分以外の人たちの価値観を理解できる。
自分と違う価値観を理解できれば
なんだかんだと、過ごしやすくなる。

でも、理解できなければ
ルールに従い、相手を責める事になり
負の感情が生み出すエネルギーにより自らが蝕まれてしまう・・


たかだか、周りの人たちの価値観を
理解しようとするか、しないかで
自分の未来が雲泥の差になるんですよね~~




人間、ちょっとした事で
毎日が過ごしやすくなるものだと
私は、そう思っています。^^)