読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

どんな現実も自己を成長させるためのモノであり、感謝すべき出来事である

神道的に言えば『全ては神々がしている事であり
目前の現実を否定批判する事は、神を冒涜する行為である。』
となるわけですが
なかなかそう思う事など出来ないでしょうね。

とは言え、100%そんな仕組みの中で
我々は過ごしているようにも感じています。

私の場合、実際に自己を成長させるための出来事ばかりだ
と実感した瞬間から未来が大きく変わったという体験をしているので
日本神道とは、凄いなぁ~と思うと同時に
全ての日本人は、日本神道の氏子である事が誇らしくも思えるわけです。

ホント日本人に産まれて良かったと思いますし
我々日本人の先祖に感謝です。
そして、この教えを途絶えさせてはいけないと思いますし
先祖から受け取った我々の社会を
今以上に素晴らしい社会にして子孫に繋げなければとも思ったりもします。
長年、先祖供養をしてきた私としては
経典を読み上げる先祖に祈る行為より
社会に貢献する事の方が先祖供養になると思いますし
先祖に感謝するという事は、子孫に多くを残す行為のように
思えてならないわけです。

心から感謝できるだけで幸せを感じますし
また、感謝する思いは他に尽くす行為として行動を促すモノのようです。

とは言え、生まれながらに『求める』思考が支配している我々人間は
感謝する事さえままならず、求めるが故の否定批判を繰り返してしまう・・
そして、辛く苦しい現実を突きつけられ
そこから多くを学ぶのでしょう~ね。



誰しも体験していると思うのですが
『嫌な出来事が何度も繰り返される』のも
目前の現実を否定批判し、拒絶する為だと思っています。

全ての出来事は自己を成長させるために起きており
嫌な出来事は、自己成長の為のシグナルなので
その現実をいくら否定しても、成長できなければ
何度も繰り返されるのは当然なわけです。
それらは自らを成長させるための大自然の法則ですからね~

何度も記してきた事ですが
誰しも自らの経験値をエネルギーとして血肉に刻み
常に放っているわけです。
そして、そのエネルギーが自らの現実を引き起こしている。

従って経験値を変えなければエネルギーも変わらず
現実は変わらないので
平々凡々とした現実に満足し、流されて生きていれば
必ず、嫌な出来事に直面するわけです。
なぜならば、私たちは自らの成長を促す世界でしか
生きられないからです。


人が生み出すエネルギーも色々あり
よく言われているのが『類は類を呼ぶ』
同調するエネルギーなのですが
嫌な相手は、必ず自分と同じ一面があるように
自分が常時はなっているエネルギーが同類を引き寄せます。

従って加害者と被害者という分け方は、人間ルール上の事であり
自然界的解釈では、同類なわけです。
同類を引き寄せるので、嫌な相手を否定批判する行為は
自分を批判する行為と同等となり
更に嫌な出来事が起きてしまうわけです。

それが全てとは言いませんが
被害者が加害者を憎しみに蝕まれるのは
過去の言動による経験値の改善がない為でしょう~
誰しも自分の価値観の中で過ごしているので
なかなか現実を受け入れるのは大変ですが
しかしながら、そんな自然の法則がよく見えます。

この同調という仕組みを利用したのが
引き寄せの法則』や『オホポノポノ』でしょうね。
とは言え、人が放っているエネルギーは
同調するものだけではないので
これだけでは、なんともならん事の方が多いでしょう。
そもそも、幸せ=快楽と思っていれば
そのエネルギーが影響しますしね~

自分が放つエネルギーには、他にも
自分が乗り越えるべき課題の縁を作るエネルギーと
自らを成長させるためのきっかけをつくるエネルギー
それと、天命、宿命のようなものなのかなぁ~?
生まれながらにして、持っている自分で変えられない
エネルギーがあるように感じています。
あとは、自然界が持つ法則のエネルギー・・
とりあえず、出来事に影響を与える法則が違うエネルギーで
人が持つものは、大きくわけて4種類は確認できるのですが
もっと他にもあるのかもしれません。
人が持たないモノも含めるとどれくらいあるんだろ?
それらのエネルギーが関わり合って
目前の現実を生み出しているのがよくわかります。


自然界は、常に自らの成長を促しているので
人間ルールなど通用しないわけで
逆に自然界のルールに従って、現実を捉えた方が
我々は過ごしやすくなるような気がします。

常に自分自身を成長させてゆけば良いだけなんですよね~
自分は常に正しいと言う位置づけをしていると
全く成長できないので、嫌な出来事が多く起きる・・
なので、常に謙虚でいる事が重要であり
その謙虚さが、自らを成長させてくれる。

先祖代々続く謙虚を美徳とした日本の文化も、
自然の法則がよく分かっていたからなんでしょう~ね。



また、人は成長と共に価値観が移り変わる生き物なので
新たなる経験をし、新たなる価値観を創造するだけで
どんな人も幸せになれると、そう思っています。


自分の価値観を変えると言うか成長させる為には
今の価値観では、ありえない体験を強引にするのが手っ取り早いと思います。
なので私は、何かボランティアをしろ!と言い続けているわけですがw
生まれながらにして求め続けてしまう我々が
煩悩に逆らって、与え続ける行為をする事で
その経験値は、自らの血肉に刻まれ、目前の出来事が変わってきます。

まぁ~誰しも偽善で始める行為なので
ながく続ける事が大切なんですが、ちょっとしたきっかけで
大きく未来を変える事ができたりします。

『そんな事はありえない!』と思ってしまうでしょうが
それも、そんな価値観の中にいるからでしょう。
やはり、体験無くしては価値観は変わらないので
モノは試しに、損得勘定を止めて、損徳勘定にしてみると
いいと思うわけです。^^)

除霊、浄霊行為が生み出す代償

年明け早々から霊的な厄の相談を頂いたので
少しばかり記しておきます。



私は、憑いた霊を取り除く浄化する
これらの行為には、代償が伴うと思っています。
というか、どんな行為にも代償が伴うんですけどね。
代償と言うか報いがあるという事です。
因果応報っていいますしね。

霊に取り憑かれ心身ともに疲弊する。
   ↓
悪霊を取り除き楽になる。
   ↓
良かった!

と言うのが一般的な解釈で
除霊をした人は、良い事をしたのですから
良い事が報いとして起きると
思いがちですが、私は真逆の考え方なのです。



浄霊だから大丈夫だ!
なんてよく言いますが
そんなものはただの思い込みで
極めて幼稚な解釈だと私はそう思っています。

現に必ず代償が起きていますし
その代償に気づいていないに過ぎないのでしょう。

そもそもこの世には『悪』など存在しておらず
人間に都合の悪い存在を『悪』としているに過ぎず
『悪』を生み出せば『悪』による
報いを受けるのが大自然の法則なわけです。

私に言わせれば除霊・浄霊行為は
(除霊とか浄霊とかめんどくせ~!)
『悪霊』と呼ばれている『神様』を
除去する行為に過ぎないのです。w



なぜ?そう思うかと申しますと
霊に憑かれた原因を無視して
『悪霊』と決めつけているからです。


霊に憑かれてしんどい思いをするのは
霊に憑かれた本人の生き様が原因であり
それを改善しない限り、何度でも霊に取りつかれるわけです。
除霊だろうが浄霊だろうが全く関係ありませんね。

全ての現実は自らを成長させる為にあるので
そもそも『悪』など何処にも存在していないのに
『悪霊』と決めつけて取り除けば
代償があるのは当然の結果なのです。


ようするに本人の不徳のせいで
霊に憑かれているわけですから
それを取り除けば
『あなたは不徳が多いですよ!』
と、更なる厄が起きるのです。
自己改善無くして現実は改善されませんからね~


まず、除霊・浄霊は、すればするほど
霊をくらいやすくなります。
普段の生活に支障が出るわけです。
何処に行っても、悪霊と出会いすぐに具合が悪くなる。
霊感が強いから仕方ないで終わらせる人が多いですが
一緒に行動する人からすれば
迷惑極まりない人になってしまうわけです。


要するに不徳が多いという事は
自分都合で生きている
他人の幸せなど考えられない
・・・と言う事ですから
多くの人が助け合って過ごしている人間社会から
『必要ない人』となってしまうわけです。

自分が迷惑極まりない人に成り下がっているのに
霊感が強いから仕方ない・・
身体が弱いから仕方ない・・
こんな体質じゃないから理解できないんだ・・
とか、子供のような幼稚な考え方のまま
自分が悲劇のヒロインにでもなったような気持ちになるわけです。w

自分が迷惑をかけている事に対して
『仕方ない事』で終わらせ自分で何とかしようとも
しないわけですから、嫌な出来事ばかり起きるのは当然なのです。
しかし、それすら気づけないままでいるわけです。
だって、除霊・浄霊師は『悪霊』って言いいますしね~
悪を退治するヒーローですからw
なので自分は何も悪くない被害者という
思いに拍車がかかるわけです。


そして、そももそも悪霊など何処にも存在していないので
気付けば自分に都合の悪い存在だらけの世の中になってしまうわけです。


最終的に、絶望を味わい自分に都合が悪い存在に助けられて
『あぁ~自分が悪と決めつけていただけだったんだ・・』
と、気付かされる出来事に出会う事になるのですが
その出来事にも気づけないと不治の病に侵されたりします。



除霊される方は、まだいいのですが
問題は、除霊・浄霊する側なんですよね~
これは、本当に面倒なんです。

なまじっか自分で除霊・浄霊できるので
軽い霊に取りつかれたくらいでは気づけないわけです。
そもそもそれ自体が自己改善しろ!シグナルなんですが・・


私の所に相談に来る時は、ほとんどの人が重症ですね~
自分で生み出した悪霊とする存在に取りつかれている事が多く
自分で生み出しているので、取り除く事が出来ないわけです。
まぁ~除霊・浄霊できないのは当たり前なんですが
さんざん他人の除霊・浄霊をしてきたので
人を苦しめる存在=『悪』とする思考から抜け出せす
自分が生み出しているなんて思えないわけです。
まぁ~『縁』という仕組みを初めから無視しているので
なかなかどおして大変なわけです。


まだ、自分に苦悩が出ているだけならいいのですが
往々にして、家族や血族に悪影響を及ぼしたりします。
自分に苦悩と言う現実が起きなければ
除霊・浄霊行為のせいだなんて、なかなか思えないわけです。

要するに、除霊・浄霊行為をし続けると
家族、血族がその代償を背負う事も多くあるのです。
自分自身が『悪』を生み出し『悪』を除去する事で
その報いを、自分が逃げられない関わりのある人に降りかかるわけです。

そもそも除霊・浄霊する人は
『自分は正しい』という立ち位置でしか
物事を判断できない事が多く『縁』という仕組みを
無視している人が多いので
厄のある家族・血族は、本人に問題があると決め付けてしまうのです。

どんな現実も自己を成長させる為にあると受け止める事ができれば
家族や血族に起きている厄も自分の為にあると思えるのですが
どうしても切り離して考えてしまうわけです。


私が経験してきた中では
家族、血族が病気になるケースが多いですかね~
病院で原因不明と言われる病を患ったり
精神病になるケースが多いです。

気功やレイキをする方にも同じ現象が見られます。
気功やレイキで、体調の悪い人を治しているので
自分は良い事をしていると思いがちですが
その代償が、家族や血族、自分の子供に出たりします。
ボランティアでやっていればまだましですが
ビジネスでやっていれば、その厄は大きいはずです。
お金の為の行為になりますからね~


ここまで読むと、除霊・浄霊、気功やレイキを
否定しているように捉えられますが
そうではなく、『悪』を生み出せば『悪』に蝕まれ
それは、自分だけの問題ではなく
近い所で家族や血族にも強い影響を与えるという事です。




必要なのは、苦悩の因果関係を読み解き
霊に憑かれた本人に伝える事が
もっとも大切な事だと私はそう思っています。


実際に因果関係をただ伝えるだけで
パァ~と憑いてる霊が離れて行く事が多いですすしね。
呪術とか、ご真言とか大層な事など必要ないわけです。

仰々しい除霊・浄霊行為は、漫画の読みすぎで
自分が正義のヒーローにでも
なったつもりになっているのだろうと
ついつい、そう思ってしまいます。^^;)


皆さんも、そんなヒーロー行為の巻き添えにならないよう
自分自身を見つめ自己改善をし続ける努力をして行きましょう~!

理解を深めるだけで心が軽くなる・・

みなさま新年あけましておもでとうごいざます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は、世界中で色々と試練がありそうな年ですね~

東北の震災もいまだ余震があったり
熊本や鳥取、年末には糸魚川の火災・・・

世界のリーダーシップを取るべき
イギリスとアメリカが反グローバリズムな動きをし

結局は、助け合う事を余儀なくされるんでしょう~ね。

自分さえよければ良いという考え方では
なんともならんくなるんでしょう。

とは言え、人は利己的な思考をもって生まれ
痛みと供に成長するもの・・

と、考えると
痛みが待ち受けているって事になる・・
いやはや・困ったものです。^^;)




私は、人が生み出す負のエネルギーが
禍を生み出す仕組みの一つだとそう思っています。
怒りや憎しみ、否定批判のエネルギーは
自らに苦悩を与える出来事を引き起こしてしまう。

とは言え、怒りや憎しみ否定批判の感情が
生み出す苦悩のおかげで
ゆるす心を育んでくれる・・
ん~深いですな~


と、こんな自然の法則があるので
禍を少なくしたいのであれば
ゆるす心を育んで行けばいいわけです。



具体的には、まず他人を理解する事だと思うのですが
目先の現実に囚われやすい我々は
なかなかどおして、たったそんな事が難しかったりもします。

民主党蓮舫代表がブーメランとか言われていますが
とてもいいお手本で、多かれ少なかれ
誰しも同じ所があるはずで
自らを省みるメッセージのように感じています。
ブーメランと批判すれば
同じようにブーメランが返ってくる・・w
従って蓮舫氏のブーメラン状態を批判したくなる人は
自分が見えていない証と言う事にもなるわけです。


また、目先の出来事だけに囚われていると
どんな人も、ムカつく出来事が絶えないものです。
そんな風にこの世は創られていますからね~
逆に広い視野で物事を捉えると
ゆるせる事しか起きていない事に気づけたりします。

私自身、スペシャルな短気で
全てをぶち壊したくなる衝動に駆られる事もありましたがw
ちっぽけな世界しか見ていない事に気づかされる
体験をしてやっと少し丸くなったかな~なんて感じです。w


自分都合でしか世の中を見ないと
ストレスが溜る一方で
いくら休暇をとっても
いくらリフレッシュしても
視野が狭いというストレスを溜める仕組みを
なんとかしないと、どうにもならんのでしょう。

長時間労働が問題になっていますが
労働時間の問題ではなく
人々が何処を見ているのか?
どんな志を抱いて過ごしているか?
の、問題のような気もしています。

これも、目先の現実しか見ないまま
目先の現実の実を変えようとしている
出来事の一つですね。

まぁ~仕事でストレスを溜めてしまうのも
よく理解できますが
物事の見方次第で、なんとでもなるのが
ストレスだと思っています。


面倒な事は何でも部下に押し付ける上司
嫌な出来事からさっさと逃げる上司
自分は何もしないで指示命令だけをする上司
失敗は全て部下のせいにする上司

文句ばかりで何もしない部下
良い訳ばかりで責任を転嫁する部下
やる事もやらずに失敗を上司のせいにする部下
プライベート最優先で仕事に身が入らない部下

家の事をもっと手伝えと口うるさい妻
稼ぎが悪いとダメ人間扱いする妻
たまに飲んで帰るとイイ身分だねと嫌味を言う妻

嫌な事があると家でアタリちらす夫
家事くらいちゃんとやれ!とすぐ怒鳴る夫
今だに親をあてにする情けない夫

まぁ~書き出したらきりがないほど
世の中はストレスが溜る出来事ばかり・・w


ストレスが溜るのは
全て、自分が正しく相手が間違っているという考え方のせいなんですが
なかなかどおして、自分を省みようとしないのが人の性w

いい加減のこの呪縛から解放されれば
楽になるのになぁ~なんて、そう思ったりもします。


世の中は自分自身を成長させるための出来事しか
起きていないので、悪口を言いたくなる相手は
自分自身を成長させてくれる教師な訳です。

せっかくの先生と敵対してしまえば
学ぶべきものも学ぶ事が出来なくなる。
でも、大自然は私たちにとてもやさしいので、敵対すれば
たくさんの学ぶべき相手を目の前に差し出してくれるわけです。w
それでも、先生を拒絶し続けると
そのうち自分が追い詰められてしまう。
大自然の法則には逆らえませんからね~・・


人は、みな目先の出来事で判断してしまいますが
一歩だけ深く、理解しようとするだけで
色々な事が見えて来たりします。

例えば、面倒な事は何でも部下に押し付ける上司に対して
なぜ?そんな事ばかりするのか?を観察してみる。
本当に面倒な事が嫌なのか?
本当はそうではないのでは?
色々と観察してみる・・
そして、その上司の為になる事は何か?を考えて
行動に移してみる・・

先日の電通の過労死事件も
本当に過労死だったのか?
過労が原因なのか?
ストレスが原因なのか?
何が原因のストレスなのか?

長時間労働は悪なのか?
長時間労働による幸せがあるのでは?
長時間労働しなければ、一人前の結果が出せない人は
短時間労働に移行する事で自殺するのでは?
長時間労働に反対するのは女性ばかりでは?
長時間労働を武勇伝にするのは男性ばかりでは?

と、いった感じでどんな相手でも
色々と深く探ってみるといいと思います。
ストレスを溜める事もなく
なんだかんだと成長できるものです。

往々にして自分が嫌だと感じる相手は
自分が成長する為にとても重要な相手ですからね~
そこから逃げる事など絶対に出来ないのが
大自然の法則だと思います。


私は今まで、たくさんの人から
人間関係の悩みを伺ってきましたが
嫌な相手=自分を成長させるための相手
だという事は、間違いないと思っています。


せっかく自分を成長させてくれる相手に対し
ストレスを溜めて自分が壊れてしまうなんて
とても残念な事なので
逆に楽しんだ方がいいですよね~

嫌な相手は、100%神が憑依していると
そう思った方がいいでしょう~(^^)



ではでは、今年も素晴らしい1年にしましょう~!