修行バカの懺悔道

自分の過去の生き様に反省し、死ぬまで懺悔して生きようと心に決めたら、そこに幸せがあった。 なんだか懺悔しきれないのである。

先祖からの因縁を自分で消滅させる方法 その2

相も変わらず、先祖からの因縁・・云々
という相談が多々ありますので
・・・再度、私の能書きをば、記してみます。


私自身、長い間霊障に苦しみ
霊的世界にどっぷりと浸かった時期がありました。

摩訶不思議な現象を目のあたりし
私自身の霊的苦痛は、先祖から受け継いだものだと
そう思い込んでいました。

先祖の不徳のせいで
今世、自分が苦しんでいるのだと・・・
不敬にもそう思って疑わなかったのです。


先祖からの因縁霊を供養すると
なんとなく良い事があったりしたので
先祖の因縁を消滅できれば
目前の現実が好転すると・・そう信じていました。

ようするに
目前の苦悩は、自分のせいでなく
先祖の因縁霊のせいにして
自らを省みる事無く、なんの努力もする事もなく
ただただ、自分を正当化し
『あぁ~自分は悪くないんだ~』と
救われた気持ちになっていたんです。


今思えば、とても愚かな事なんですが
当時の私は、全く気づけませんでしたね~
次々と起きる摩訶不思議な現象に
魅せられてしまっていたのです。

自分を省みる事が出来ない為に
苦しんでいるのに
自分を省みないで良い理由を与えられ
救われた気持ちになっていた・・
逃げ道を与えられただけで
何の解決にもならないのですが
自分を省みる事ができず
常に己を正当化していた為
全く気づけませんでしたね~-_-;)

現実逃避していれば
現状が更に悪化するのは当然なのですが
因縁消滅の供養という行為により
ちょこちょこ小出しに快楽を与えられるので
なかなかその世界から抜け出せなくなってしまうわけです。

今思えば、自身が纏う穢れや邪気を浄化すれば
誰でもちょっとした改善が起こるので
先祖からの因縁云々という問題でもないんですけどね~


私が複数の霊能者の方に言われたのが
・先祖からの因縁がとても深い
・祟り神が憑いている
・先祖からの因縁を消滅しなければならない
・先祖供養をする事で、先祖からの因縁が消滅する
・先祖を恨む霊を供養しなければならない
・祟り神にゆるされるよう精進しなければならない
・祟り神を除霊する事はできないので
自ら修行をしてゆるしを乞うようにしなさい。
と、まぁ~おおまかに言うとこんな感じです。

で、細かく言うと
・白い大蛇が憑いている
・蛇の霊がたくさん見える
・稲荷の障りだ
・無数の動物霊が見える
・武将の霊に憑かれている
・騙されて自殺した霊に憑かれている
・狐の霊がたくさん見える
・土地神様が怒っている
・・・などなど、まぁ~あれやこれや言われましたね~
ただ、普通の人なら不安になるでしょうが
私の場合は、指摘される霊的存在と
同じものが見えていたので
『凄い!救われるかも!』なんて期待してしまったのです。
愚かにも自分は間違っていない!
悪いのは、悪霊だ!・・と確信してしまうんですよね~

いや~自己を省みる事ができないと言う事は
本当に恐ろしいですね~^^;)


私は、実際に起きている霊的な苦痛を
なんとかしたかったので、祟り神とか先祖の因縁とか
言われても、疑いもしなかったです。

霊能者の方が神様からのお告げで
『世の為人の為に尽くせと言われた』という言葉を
疑う事もしませんでした。
『凄い!神様に選ばれた崇高な人なんだ!』
くらいに思うわけです。w
自分の視野が狭いので
普段から世の為人の為に尽くしている人に
神々が降臨して、そんな事を告げるわけない事など
全く気づけないのです。


で、まずは先祖供養、先祖からの因縁の霊の供養に励みました。
実際に、自分の知らない先祖の名前を告げて
その先祖に酷い目に合わされたという霊を何体も供養しました。
抹消謄本をたどると実際にそんな名前の先祖がいたりするので
信じてしまいますよね~^^;)

でも、やってみて、思ったのが
『これってキリがないなぁ~』
あまりにも、終わりが見えない作業なので
『これって、ウソ言われてないか?』
なんて、思い始めるのです。


確かに因縁の霊と言われる存在を除霊すると
心身が軽くなるのですが
長いスパンで振り返ると
徐々に現れる因縁霊が強力になり
どんどんと苦痛が増して行きました。

最終的に霊能者の方が除霊できる範疇を超えてしまい
自分で何とかするしかなく
激しく修行するようになってしまったのです。^^;)

大金を突っ込んだあげく
更に悪化してしまった・・という現実を
突きつけられているのに
私はそれでも気づけませんでした・・-_-;)


修行は、断食、寒行、登山・・などと・色々やりました。
しかし、やっていること自体が現実逃避なので
どんどんと霊的苦痛はひどくなり
それを乗り越えるために
どんどん過激に修行するようになっていくんです。w

10時間ぶっ通しの読経で喉が潰れたり
台風や大雨警報の中での滝行で体中内出血で
全身紫色になったり・・
氷点下15℃の中での寒行で
足が凍傷で何度もただれたり・・
大雪の日に山に入って死ぬかと思った事もありました。w

今思えば、マジでアホな事をいっぱいやりましたね~w

本職の方々がやらない事をするので
よくそこまでできるモノだ!と
本職の方々に言われましたが
私からすれば、同じ苦悩を体験すれば
誰でもできると思っていたので
自分が狂っているとは思いませんでした。w

凍り付いた滝をぶち壊して打たれるだけで
一時的にでも霊障がおさまるなら、何度だってやりますよ
その方が苦痛が軽いんですからね~w


激しく修行したきっかけは先祖からの因縁を消滅させる為であり
祟り神に負けない力を身に付ける為だったのですが
一体だれが『先祖の因縁』などと
言い始めたんでしょう~ね~^^;)


全く無意味な事を長期間やってしまいました。w
まぁ~結果として
先祖からの因縁など無視すればいい~と
学べたのでいいんですけど
ここまでしないと気づけないとは
自分の愚かさにげんなりします。w




で、実際に先祖供養や先祖からの因縁霊の供養
また、自分自身の修行を経て学んだのは
先祖から受け継いだ、人格・性格を改善すれば
目前の現実は、好転するという事です。

私自身が霊障に苦しまなくなったきっかけは
朝起きてから寝るまでの生活態度の改善でした。
要するに、先祖供養など必要なかったのです。
人それぞれが持っている『血』自体を霊視すれば
除霊など出来る訳がない事に気づけるのですが
『血』を霊視するという事など普通しませんしね。


ただ、先祖から受け継いだ経験値による性格や人格は
因縁と呼べるほど自分に深く刻まれているので
簡単に改善できる事ではありません。
まして、除霊などでどうこうなるわけもないのです。

私が思うに、先祖からの因縁=自分の人格であり
それを改善しながら精進して行くのが人生であり
己自信を磨く事が
因縁消滅に繋がるのだと言う事なんでしょう。

時代の流れでおかしな解釈をされるようになり
先祖からの因縁=悪→消滅→除霊
とか言われるようになり
おかしな、宗教にどっぷりハマり
自分の努力を蔑ろにした結果
一度しかない人生を崩壊させてしまうわけです。

まぁ~私も一度、崩壊させた口ですが
残りの人生でなんとか解消したいと思いっています。




前置きが長くなりましたが
どうやって先祖からの因縁を消滅させるか?ですが
先祖からの因縁=自分自身の性格なので
自分の性格を改善する必要があるのです。

人が苦しむ原因は往々にして3つあります。

1、欲深く傲慢になっている事に気づけず
常に周りに支えられているなんて思えない。

2、感謝する事が全くできず
常々損得勘定で行動してしまう。
社会のルールさえ守っていればいいと思い込む。

3、嫌な現実から目を背け、いつも逃げてしまう
言い訳ばかりで何もせず、常に自分を正当化する

これらの業が血に刻まれていると
色々と嫌な事が多い人生となります。

1、の場合
友人もできず病気や怪我や事故が絶えないでしょう。

2、の場合
なんだかんだと周りに足を引っ張られ
なぜ?自分がこんな目に合うのか?わからないまま
嫌な出来事が定期的に起きます。

3、の場合は
人に騙されたり利用されたりする事が増え
気付けば、心に憎しみを刻むような出来事が起きたりします。



で、これらを改善すればいいだけなのですが
自分自身の血肉に刻まれた性格を
簡単に変える事など出来ないのです。

頭では理解できても、言動に移す事ができないはずです。
理由は、簡単で、先祖代々の経験値が
血肉が記憶しているからです。

要するに、思考と切り離した状態で
肉体が血に操作されるわけです。
身体が憶えているってやつですね。

なので、短気な人などは
頭でいくら怒ってはダメだと思っても
血が、ワナワナとなりブチ切れてしまう・・・
ダメだと解っていても怒りの衝動をおさえる事ができないのです。

これが、先祖からの因縁ってやつだと
私は確信しています。

自分の性格・人格は
自分の先祖の経験値の蓄積によって出来上がっており
その上に、自分自身の経験値が上書きされ
子孫に受け継がれてゆきます。

先祖が犯した罪により
先祖を恨む霊がいたとしても
その霊に詫びる事が大切なのではなく
その罪を犯した人格を自分が受け継いでいると
言う所に直視する事が大切でしょう。
そんな性格を改善する必要があり
改善できなければ子々孫々と受け継がれてしまう・・・


で、具体的にどうすれば良いのか?ですが
新しい経験値を自分の血肉に上書きすればいいわけです!

嫌だと思う事をとことんやってみる・・
もしくは、求める事の真逆をやり続ける事です。
そして、やりたいと強く思う事を
まったくやらないようにするんです。

私の場合は、まず
嫌いな食べ物を食べるようにしました。w
その次に、嫌いな人を食事に誘ったり
普段やりたくないと思っている事を
一つひとつやり続け
嫌だな~と思う瞬間を直視して
イカイカンと進んで取り組んだりしました。

これをしてみて、辛い事、苦しい事は
自分の中にある『快楽を求める心』が原因だと言う事に
気付かされました。

自分のしたい事と真逆の事をしているので
まず、ムカつく事がなくなるのです。
要するに、相手に何も求めていないので
自分の思い通りにならなくても
嫌な気持ちにならないのです。

で、実際にやりたくない事をしてみると
最終的にやってみて良かった!
という所に行きつく事が多いのです。

食わず嫌いではないですが
嫌だと思っている事の多くは
自分の先祖からの経験値がそうさせているだけであり
実際にやってみると、どおって事なかったりする
事も学びました。


そんなこんな続けていると
そのうち、自分の嫌だ!という感情に興味がわき
嫌だと思う事に注目するようになりました。
で、ムカつく人、腹の立つ相手・・
そんな人が目の前に現れると
この人の何が嫌なのか?と
自分の気持ちを箇条書きにしてみました。

1、自分の事ばかりで周りの事を考えないのが嫌だ!
2、上から目線で、いったい何様のつもりなんだ!
3、自分の思い通りにならないだけでキレるな!
4、嫌だっていってるのにしつこいんだよ!
5、なんでいちいちトゲのある言い方するんだ!
などなど・・
で、まじまじと書いた文章を読み返すと
これって私の事??^^;)
と、なるわけです。w

『現実は鏡』とはよく言ったものだな~と
この世の仕組みを学んだりしました。w



色々と、自分の嫌だという感情と向き合って行くと
結局は快楽を求めているから苦しいんであって
快楽を求めるのを止めればいいんだ!という結論に至り・・

ボランティアばかりやるようになりましたね~
私自身、感謝する心は完全に欠如していましたし
まして、誰か何かの為になんて気持ちにはなれなかったので
100%偽善ボランティアであり
自分の成長の為の行動と割り切って行いました。

これを長年繰り返す事で
多くを学びましたし、自分の至らなさを
突き付けられる事ばかり起きました。

結果、今までの自分の生き様が
いかに愚かだったかを知った時
霊的な苦悩から解放されたのです。
今でも覚えていますが
己の罪に絶望を感じているのに
それをゆるすかのように
身体の全身がフワ~っと軽くなっていきましたね。

人間心深く反省する事って
大切なんだな~って思ったわけです。

自分が生み出した業は簡単に消えないので
霊的苦悩から解放された後も
色々と嫌な起こりましたが
その頃には、煩悩が薄れていたので
嫌だと思っても、嫌な出来事を楽しむ事ができるようになったのです。


私は、血に刻まれた経験値は
意識して変えられるものではないと思っています。
常に自分を省みる行為を繰り返し
少しずつ変わって行くしかないでしょう。
自分が少しづつ変わって行けば
目前の現実も少しづつ変わって行きます。

逆を言えば、普段の生活態度を変えない限り
先祖からの因縁は消滅しないと言う事になります。


先祖からの因縁は、自分自身の道標であり
自分にとって最も大切なモノだとそう思ってます。
私は、業の深い先祖がいてくれたおかげで
多くを学ばせて頂きました。
先祖の因縁様様で、消滅させるなんてとんでもなく
もったいない話です!w



私の場合は、自分の性格=先祖からの因縁とがっつり向き合う事で
幸せは常に自分の中にある事を学びました。
終身刑で刑務所で過ごそうと私は幸せでいられると思っています。

逆を言えば、先祖の因縁をなんとか消滅させよう考えている以上
幸せを掴む事など出来ないでしょう。
先祖からの因縁は、自分自身の人生で必要不可欠なものであり
ひとつずつ、その課題を乗り越える事で、幸せに近づく事ができるわけですからね。


と、私の持論を展開させて頂きました。m(_ _)m








先祖からの因縁を自分で消滅させる方法 - 修行バカの懺悔道